ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

Mizuho

Mizuhoの感想・評価

2.6
実話だから仕方ないのかもしれないけど、ゆったりと進む感じが私は好きじゃなかった、、、
JFKが射殺される前の話とかも少し入れてもいいのに、最初から射殺された後の話だったから残念(´・_・`)
kent

kentの感想・評価

3.1
ほぼ、ナタリポートマン。
ケネディー暗殺は知ってても、その後は知らない。
静かな中で淡々と進む。
Tatsu

Tatsuの感想・評価

2.5
大統領の裏の補佐として、隠れたプロデューサーとして、亡くなった後も動き続けた様を描いております。

大統領亡くなったら、あんなすぐに次の大統領に移行するのは理にかなってますけど、気持ちが追いつかないですよ。

それにしてもこの映画はナタリーのアップのシーンが多い!
ナタリー・ポートマンは泣き顔もそうですが、不幸の表現が伝わります。

場面転換がざく切りで、どの時間軸のシーンなのかごちゃごちゃになってわかりづらかったところもありました。

ある程度、この周辺の歴史の勉強しておいた方がいい作品ではあります。
特に、キャメロットについて。
はやて

はやての感想・評価

3.0
目の前で暗殺されたんだっけ・・・暗殺されてからを回想インタビュー的に淡々と描く
chikichiki

chikichikiの感想・評価

3.4
史上最も有名なファーストレディにして、ファッション・アイコンとしても熱狂的な人気を得ていた、ジョン・F・ケネディ大統領夫人。"ジャッキー"こと、ジャクリーン・ケネディのお話。

そんな彼女の視点で、ケネディ暗殺から葬儀が執り行われるまでの物語を描いた作品。

表現主義的な緊迫感と生々しさや当時を雰囲気を忠実に再現する映像の質感、ホワイトハウスの中を歩き回りながら1人悲しみに打ちひしがれるジャッキーのシーンはとても印象に残りましたし、主演ナタリー・ポートマンの迫真の演技が素晴らしかったです!!

序盤こそ、見目麗しいナタリー・ポートマン姿とジャクリーンの姿とが重なるのかどうか、不安ではありましたが流石はナタリー・ポートマン!!細かな所作や立ち振る舞い、台詞回し、繊細な表情による演技など、もう完全にジャッキー。

まぁ、当然と言えば当然ですが、彼女の視点で語られる物語には、パブリックイメージがもつ、「浪費家・悪女」と言ったモノとはまた違い、彼女なりの苦悩や感動が伺えて個人的には十分に満足のいく作品でした。

ただ、「そもそもジャッキーって誰?」と言った感じで、予備知識が無いままに、たくましいファーストレディによるドラマチックな伝記映画を期待して観ると肩透かしを食らい、かなり退屈な作品になってしまうのかなーとも思いますので、万人にオススメできる映画ではないのが少し残念。
Lirou

Lirouの感想・評価

1.0
うーーん、回想だったんだ
すごい期待して見たら、、、思ってた感じと全く違って、抑揚がなく淡々としてた。
当時の事をよく知った上で見ないと、この映画で知りたいと思って見たらそうじゃないのかな
yadakor

yadakorの感想・評価

-
誰に取材したのか知らないけど、JFKの嫁ってこんなに性格キツかったの?
Asammy

Asammyの感想・評価

3.0
ナタリーのアップが多い。
ukico

ukicoの感想・評価

3.5
ナタリーの演技に星を。
飛行機の中で新しい大統領が宣誓する場面がせつなかった…。
>|