ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

Mizuho

Mizuhoの感想・評価

2.6
実話だから仕方ないのかもしれないけど、ゆったりと進む感じが私は好きじゃなかった、、、
JFKが射殺される前の話とかも少し入れてもいいのに、最初から射殺された後の話だったから残念(´・_・`)
邊見猛

邊見猛の感想・評価

5.0
 ナタリー・ポートマンが,渾身の演技力&女優魂を魅せる❢❢。米國の歷史上・最も有名なジョン・F・ケネディ大統領を〈伝記〉にした,JFKの妻である『世紀のファースト・レディ【ジャクリーン・オナシス・ケネデイ】』が❝ルビコン河を渡る決斷と,死に物狂いの&世渡り術を身に付けた【処世術を身に付けた】❞知られざる真実の,ノンフィクション・ストーリー❢❢。
 BS−TBSで21時00分〜22時54分まで放送❢❢。
面白かった
取巻はいても味方はいない愛されない偶像
比較的最近観たのにほとんど覚えて無い…。

認知症?😓
小娘

小娘の感想・評価

3.5
衣装可愛い。
強く生きたい。
Miko

Mikoの感想・評価

2.0
ナタリー・ポートマンさんの演技力を見る作品。
ストーリー的には平坦で、99分という短さなのに長さを感じる。

ジョン・F・ケネディの妻、ジャクリーン・ケネディさんの伝記(?)映画。
昔、母とジョン・F・ケネディさんの殺害シーンを観たとき
「ジャッキー、脳みそ拾ったらしいよ」って言われて驚愕だった。
幼い頃に、そんな事できるのか?とドン引きしたのが事実だった。

けれど、今となってこうして作品に触れた時に彼女は凄い事をしたんだ、と理解することが出来た。
あの状態で、脳みそを拾う覚悟。
そして、夫を偉大にしたいという執念。
すべての人間が出来ることでは無いと強く思う。

豪華な部屋でひとり泣き崩れるジャクリーン。
シャネルスーツのスカートは血だらけ。
あのシーンは一見の価値がある。
ナタリー・ポートマンの力に魅せられた。
大統領が変わって聖書に手を置く男性を見る、ジャッキーの顔が素晴らしい。
そして虚栄心とプライドの中でもがき苦しむ姿は痛々しい。

ただ、ピーター・サースガードさんが演じたロバート・F・ケネディが吐露する場面など蛇足が多い。
軸がぶれたりしていて、今作がなにを描きたいのか分からなかった。

多分、今作のすべてがジャッキーの人生起こった出来事なんだと思う。
けれど映画的には長さを感じてしまった。
波乱の人生だけれど「ケネディ家に嫁いだだけ」という言葉が突き刺さる。

ケネディは出さないほうがよかったと思う。
似た俳優出したおかげですべてが台無し。

ストーリー : ★★☆☆☆
映像 : ★★★☆☆
設定 : ★★☆☆☆
キャスト: ★★★★☆(ナタリーに)
メッセージ性 : ☆☆☆☆☆
感情移入・共感 : ☆☆☆☆☆

cc/ケネディ暗殺から4日間、彼女は、最愛の夫を伝説に変えた─
eri

eriの感想・評価

3.6
国旗をエコバッグの折り方しとった

このレビューはネタバレを含みます

ナタリー・ポートマン扮するジャッキー(ケネディ夫人)の“悲しみのなか 揺れ動く気持ちに翻弄されている姿”がせつなかった。
神父さまより人間は迷うのだということを聞いて、観ているこちらも救われた。
まさを

まさをの感想・評価

4.0
ケネディの死後、LBJが大統領になり、司法長官を務めた義理の弟も暗殺され、激動の人生を歩んだジャッキーの生涯を振り返るのに良い作品でした。現在もなお、アーリントン墓地でケネディの横に眠っているのにも納得です。ナタリー・ポートマンの演技が言うまでもなく素晴らしい。
>|