ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

はりか

はりかの感想・評価

3.4
私には難しすぎた。。。
ただナタリーポートマンは美しかった
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
Chie

Chieの感想・評価

3.4
LEONを観て、ナタリーポートマンの虜になった。
だからこの映画も絶対観たかった映画。
やっと観れたー!

夫を突然殺された、一人ぽっちの女性。
と、
一糸乱れぬ、凛としたファーストレディー。

2つの顔がクルクル目まぐるしく入れ替わってた。
言葉がない場面も多かったけど、ナタリーポートマンの表情だけで充分だった!
ますます大好きになったなー。

映画としては、少し退屈なかんじ。
特にひねりはなかったかな。
でも観てよかったなー。
mican

micanの感想・評価

3.0
革新的な女性像。
歴史を知ればより儚い。
Member

Memberの感想・評価

3.6
ジャッキー視点でのJFK暗殺後の葬儀までのストーリー。
内容としては「え?」です。
この評価はナタリーポートマンの演技に対する評価です。
ナタリーポートマンがまじで大統領夫人に見えて、実際の大統領夫人の写真見たけど似すぎてwwwwww

夫を殺された女性であっても、自分はまずファーストレディ。その気持ちを忘れずに葬儀に参列した姿が凄かったです。
JFK暗殺事件の前後のジャクリーン・ケネディの話です。

淡々としてました。
山も谷も感じず。
映画としては盛り上がれなかったです…。

伝記ものとして勉強になったと言いたいけど、今見せられているものもイメージのための作り物なのかもしれない…。
fujiponsai

fujiponsaiの感想・評価

3.5
タイトル通り、見事に「ジャッキー」であった瞬間を切り取っている映画。記者でもなく、大統領夫人でもなく、大富豪の妻でもない、わずかな時間だけに焦点をあてて描いている。彼女が言った「ただ、ケネディーになりたかった」というセリフにジャッキーの生きた短い時間が凝縮されている気がした。
 ナタリー・ポートマンが美しく、上品に演じきっている。特徴的なアクセントも見事にコピーしているのがさすが。
ジョン・F・ケネディ米大統領婦人であるジャクリーン・ケネディ。
彼女の生涯についてよく知らなかったので本作を観たついでに調べてみると波乱万丈の人生でした。
その彼女の人生のほんの一部を切り取った本作ですがその一部ですら非常に強烈。

ケネディの狙撃の瞬間はTVで何度も目にしていますが、その瞬間を極至近にカメラを据えて再現したシーン。
頭の一部を吹き飛ばされた夫を助手席の自らの脚の上に抱きかかえるシーンは鮮烈でした。

極めてショッキングな体験をし精神的な動揺の中で大統領婦人として仕事をしなければならなかったジャクリーンですが、夫の血液が付着したピンクのスーツ(ココシャネルといわれていますが実際は違うようです)を着替えることを拒否します。
「奴ら(誰?)がこれをやった」ことをアピールするためにわざとそうしたそうで彼女の気の強さを良く表しています。
彼女の生涯をみるとこの強さが無ければあり得なかった人生ではないかと思います。
>|