ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへ…

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへの対応に苦しみ、夫の命を奪った犯人に怒り、様々な感情がジャッキーを襲う中、何よりも彼女の心を占めたのは、暗殺されるや否や夫が「過去の人」として語られることへの憤りだった。夫の名が後世まで語り継がれるかどうかは葬儀までの4日間のジャッキーにかかっている ―彼女自身がそのことを一番理解していた。夫が築き上げたものを単なる過去にはさせない― ジャッキーの決意が、最愛の夫を伝説にする。

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

神父との会話がよかった
ハネ

ハネの感想・評価

3.8
正直、人に勧めにくい映画だけどヒリヒリとした重い雰囲気と音楽がいい。
トシ

トシの感想・評価

3.0
ナタリーポートマンの存在感は感じるも記者とのインタビューによる展開は少々 退屈 しかしながら大統領暗殺直後の官邸をファーストレディ視点で描いたところは興味深い あの小さな女の子が駐日大使なるなんて月日の経つのは早いですね。

このレビューはネタバレを含みます

『ファーストレディ』という立場であるが、1人の女性、1人の母親であるジャッキーの当時の心境をナタリー・ポートマンが上手く表現している。
女性は剣よりも強し、という言葉を言いたくなる。
ケネディが暗殺された直後にエアフォースワン内でのジョンソン大統領の就任宣誓の場に立ち会うシーンで、服にまだ夫の血が付いていたのを見ると、この人にはあの大掛かりな国葬をやる、やらせる必要が絶対にあった、と感じさせる。
mei

meiの感想・評価

3.3
ナタリーポートマン綺麗
感情の起伏がすごい
楽しくはない
大統領夫人
さじ

さじの感想・評価

3.5
政治家ってやっぱりイメージが重要なんだなあ。
>|