ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへ…

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへの対応に苦しみ、夫の命を奪った犯人に怒り、様々な感情がジャッキーを襲う中、何よりも彼女の心を占めたのは、暗殺されるや否や夫が「過去の人」として語られることへの憤りだった。夫の名が後世まで語り継がれるかどうかは葬儀までの4日間のジャッキーにかかっている ―彼女自身がそのことを一番理解していた。夫が築き上げたものを単なる過去にはさせない― ジャッキーの決意が、最愛の夫を伝説にする。

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

3.5
ナタリー・ポートマンが主演の
アカデミー賞ノミニー作ということで鑑賞。

時間軸が前後したりして
いまいちわかりずらかった。

ナタリーは迫真の演技でなんですけどね。

脚本に難ありか。
ジャクリーン・ケネディの話ということで
あれだけ波乱万丈な人生を送ってきた人の話ですから
題材は悪くないはずなんですが…。
ナガセ

ナガセの感想・評価

3.6
2018.8.14

日本の"首相夫人"は何かとメディアを湧かせてしまうアクションが続いてしまい、今では籠の中の鳥。責める気もない。

「悲劇のヒロイン」も悲劇がなければ"ヒロイン"に成り得なかったのかもしれない。誰の物語でもないのに、余計なお世話である。

だけど、首相夫人はヒロインにならざるを得ない。ジャッキーを苦しめた虚栄心も、ヒロインになろうとしたから。だが、夫の為でもあり「自分の為」に起こした行動だから国民の目に焼き付いた。そうした歴史が現在でも、母国を誇りに思う人にさせて経済の中枢を担う人間を作りあげているのは言うまでもない。良作でした。
ちあき

ちあきの感想・評価

3.7
神父さんとのやりとり
やんぬ

やんぬの感想・評価

3.0
JFKの奥さんでファッションアイコン!ぐらいのイメージしかなかったんだけど、こんなに気丈だったとは!
やはり大統領の奥さんになるぐらいの人は気の強さが違う。
TV番組の時は操り人形みたいに他の人の指示に従ってて、え?こんな頭悪そうなのが大統領の奥さんなの?って失礼なことを思った。
だけど、葬儀を1人で取り仕切るところは打って変わって別人の様。

ナタリーポートマン、やっぱりお美しい。
本人も作品の中で言ってますが、普通の人じゃないですよね。普通の人にはなれないんでしょうが。凄い試練だけど、その人のために起こっている?その人だから起こっている?映画の中以外にもいろんな事がおこっているでしょうに、でも強い型ですよね...。
しかし、ナタリーポートマンのアップだらけや。
violet

violetの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ナタリーを見るとマチルダしか思い出さない…

人物関係図がわからにゃい

ホワイトハウスが可愛かった。
家具とか

時々流れる不気味な音楽は何

銃で撃たれるとあんなに頭に大きな穴が開くの?
うみこ

うみこの感想・評価

3.0
映画全編通して暗い話。
生前のJFKへの想いや大統領夫人としての最後の公務について描かれているが、正直ジャクリーンの事をもっと知ってればもう少し楽しめたのかも。
ナタリーポートマンをずっと観たいという人は観るべき映画。
壮絶。
激しく嗚咽しながら、鏡から目を離さず、自分の顔に飛び散った良人の血を自ら拭き取るジャクリーンのカット。
思わず目を背けた。
そうしてるうちにも、すぐ様お呼びがかかり、その一瞬後には泣くのを止めるジャクリーン。
壮絶。
ナタリー・ポートマン迫真の演技に、僕まで冥界の入り口に連れていかれそうになった。
ホントこの人は、こういう役やらせたら凄まじい演技するよなぁ。
何かあったんか?


さまよえる弔い人ジャクリーン・ケネディ。
ケネディ大統領暗殺後の4日間を描く。
良くも悪くも、愛も憎も、富も名誉も、未来も生活も、ジャクリーンにとっては夫が世界のすべてだったわけで。
それがある日突然奪われるということはこういうことだと、ガツンとやられた気分。
「今はまだ信じられなくても、あなたには未来があります」
「ひどいこと言うのね」
リンカーン並の葬列をねじ込んだり、記者に煌びやかな嘘を強要しつつ受け答えするジャクリーンが、走る車の後部へ身を乗り出してケネディの肉片を必死にかき集めるジャクリーンと重なって見えた。
全てを失い、幽鬼のように彷徨うジャクリーンが、夫を見送り辿り着いた境地とは?

そんな映画。
カケル

カケルの感想・評価

3.8
ナタリー・ポートマンを見る映画。

状況的にすぐにピークな状況を見せられるので、不安や困惑の強い状況を見せられるので良くも悪くもそれに引っぱられてしまう。
アーサー王の話を知らなかったので、キャメロットの文脈を読み取ることが出来ずにカタルシスを感じなかった。

フィルムを使っているのか粒子の荒さと色味が印象的だった。

正面のカットを多用しているのはナタリーポートマンの演技があってこその演出だろうがあまり好きではなかった。
>|