ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへ…

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへの対応に苦しみ、夫の命を奪った犯人に怒り、様々な感情がジャッキーを襲う中、何よりも彼女の心を占めたのは、暗殺されるや否や夫が「過去の人」として語られることへの憤りだった。夫の名が後世まで語り継がれるかどうかは葬儀までの4日間のジャッキーにかかっている ―彼女自身がそのことを一番理解していた。夫が築き上げたものを単なる過去にはさせない― ジャッキーの決意が、最愛の夫を伝説にする。

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

3.5
ナタリー・ポートマンが主演の
アカデミー賞ノミニー作ということで鑑賞。

時間軸が前後したりして
いまいちわかりずらかった。

ナタリーは迫真の演技でなんですけどね。

脚本に難ありか。
ジャクリーン・ケネディの話ということで
あれだけ波乱万丈な人生を送ってきた人の話ですから
題材は悪くないはずなんですが…。
のえる

のえるの感想・評価

3.3
"I’m guessing you won’t allow me to write any of that."

"No, because I never said that."
うーん❗映画にしなくても
Rurimi

Rurimiの感想・評価

3.9
ショックな事が起きた後は周りに流されてしまいそうになるものだけど
彼女は強かった、でもずっと悲しみは伝わってきた。
変わっていく周りの状況を生きて見ていくのも辛かっただろうなぁと。
小さな子供たちが出てくるシーンは泣く…。
Haruki

Harukiの感想・評価

4.4
夫が死んでも、ファーストレディという特別な立場のため悲しみに浸る時間もない。
それでも、怒りや悲しみ、夫への誇りなどを持って強く振る舞った姿に胸が揺さぶられる。

リアリティもありつつ、どこか象徴的にジャッキーの悲しみや無力感を表現している。
最後まで観ると、ジャッキーという女性が特別な立場であったと同時に、普通の妻・母であったことが感じられる。

ナタリーの演技も見事で、衣装も美しい。
ケネディ大統領 死後の奥さんが主役です。ナタリーポートマンが小さくてかわいすぎてミスキャストだと思いました。内容に興味がないです。あたりまえの話だった。ケネディ夫人に興味がある人はおもしろいと思います。
やさ

やさの感想・評価

2.2
ナタリーポートマンが好きで、何となく話題作だからという理由で見てみたはいいが、思った以上に暗かった。気分どんより。疲れてる時に見るのはオススメしない。
佳織

佳織の感想・評価

3.1
ドキュメンタリーみたいな流れでもちろん終始暗い。
まぁ後にケネディ家の呪いとも言われるくらいの話のひとつだから当然だろう。
ナタリーポートマン大人になったなぁと思いつつも記者に涙を堪えながら話すアップの目元はまさにLEONのナタリーでした。
>|