ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへ…

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへの対応に苦しみ、夫の命を奪った犯人に怒り、様々な感情がジャッキーを襲う中、何よりも彼女の心を占めたのは、暗殺されるや否や夫が「過去の人」として語られることへの憤りだった。夫の名が後世まで語り継がれるかどうかは葬儀までの4日間のジャッキーにかかっている ―彼女自身がそのことを一番理解していた。夫が築き上げたものを単なる過去にはさせない― ジャッキーの決意が、最愛の夫を伝説にする。

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

723

723の感想・評価

3.0
ナタリーポートマン美しかった
レンタル・配信)@ツタヤレンタル。2018/6 19本目の鑑賞(通算52本目)。はっきり言ってナタリー・ポートマンが目当ての鑑賞。。映画的には地味だけど、普通から考えたら大統領としての夫を目の前で暗殺され、心を整理する時間が必要なのにそんな時間も与えられることなく周りではどんどん物事が進んでいきそれに対処していかなければならない。そんな難しい役をナタリー・ポートマンが好演していたのが印象的。あと、「ケネディ」という名前がアメリカでは特別な意味を持つことも映画を見て痛感させられた。感想はこんなところです。
ナタリーポートマンがきれい。夫が暗殺されたのにもかかわらず、さまざまな判断をしたり、子どもを守ったり、常にたたかっている姿が印象的。
WOWOW 録画鑑賞,
邹启文

邹启文の感想・評価

3.9
当時のニュース映像チックな映像作りに衝撃
それ以上に衝撃なのがナタリー・ポートマンの演技、何故エマ・ストーンに敗れたのか。謎
どのシーンを抜粋しても一体どのようにしてあの表情を作り上げたのか迫ってくるものがあり、鑑賞中常に緊張を拭うことができず。
その緊張感を増大させる音楽もすごい。近年の映画で滅多に聞けない前衛的音楽、おどろき
Canape

Canapeの感想・評価

3.6
ナタリー・ポートマンだから見てみた。J.Fケネディの死の前後を回想と共に描くジャッキーの物語。記者との会話で見えてくる建前と本音。母として、妻として、元ファーストレディーとして下した決断。その勇気と気迫に満ちた決断に逆らえる人はいなかったでしょう。軌道修正したのは自分のためか夫のためか。いずれにせよ2年10カ月の就任期間を永遠に刻むー数日で歴史に名が残るか否かが決まる、その最後の偉業に取り組んだ結果がこの映画をも生んだんでしょうね。八の字眉の泣き顔に見るレオンの面影、ドレスやスーツの着こなしの美しさだけではない喪失感、1人の女性に戻る瞬間、母の顔を演じ分けるナタリー・ポートマン。空気さえ変えるジョン・ハートの貫禄。素晴らしかった。
こんぶ

こんぶの感想・評価

3.0
ケネディ夫人について。
ケネディ暗殺もさらっと授業やテレビで見た程度の知識ですが、その内容というよりは夫のためにやるだけのことをやる妻に焦点があたっていたので観やすかったです。内容的に仕方ないですが、ずっと暗いシーンなので盛り上がりには欠けます。ただ、現代の平凡な日本人な私でさえ知っているケネディ大頭領のイメージを作ったのは彼女なのかもしれないと思うと、内助の功ってこういう全てを指すのかなあとも思った。
ナタリーポートマンは笑うとめちゃめちゃ可愛いのに、すましてると本当にクールビューティーですごい。どんなワンピースやスーツも似合っていた。
>|