ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへ…

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへの対応に苦しみ、夫の命を奪った犯人に怒り、様々な感情がジャッキーを襲う中、何よりも彼女の心を占めたのは、暗殺されるや否や夫が「過去の人」として語られることへの憤りだった。夫の名が後世まで語り継がれるかどうかは葬儀までの4日間のジャッキーにかかっている ―彼女自身がそのことを一番理解していた。夫が築き上げたものを単なる過去にはさせない― ジャッキーの決意が、最愛の夫を伝説にする。

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

ナタリー・ポートマンはやっぱり凄い。

ケネディ夫人ことジャッキーにスポットを当てた伝記ドラマ。
ナタリー・ポートマンの演技力のみ、それ以外には何だかグダグダしているなという印象。

雰囲気や台詞回しは好きなんだけど、時系列が親切ではないかもしれない。
盛り上げるため、そのためにこれが一番だとは絶対に思わない。

感性が合わなかったかなと残念。
Tangerine

Tangerineの感想・評価

3.2
こんなに気になるしゃべり方してたんかしらと思うほどイラっとした。
ジャクリーンがオナシスと再婚した理由(わけ)。
えみこ

えみこの感想・評価

3.5
ナタリー・ポートマンの演技力は言わずもがな
英語も聞き取りやすい
スペイン語もペラペラで、ファーストレディも役者も万能さを求められるんだなって思った
美しい景色も溶け込むみたいで綺麗だった
でも音楽が暗くて何か引っかかった

ジャクリーン・ケネディは素敵な女性というか、ファーストレディというイメージしかなかったんだけど人間らしい1面が描かれていた

あと、ケネディのファーストネームってジョンだよね?
何でジャックなんだろう…
ナタリー・ポートマン・ワンマンショーな映画。

劇中に出てくる"A Tour of the White House"というモノクロのTV番組、You Tubeにupされてたのでちょっと確認。ジャクリーンの話し方のクセをナタリーが上手く掴んでるのがわかります。ホント似てます。さすがオスカー俳優。

で、作品の方はというと時系列バラバラにしすぎてストーリーわかりづらいです。ナタリーの熱演だけが印象に残りました。
2018年9月19日記録
Nene

Neneの感想・評価

-
記録用。
tori

toriの感想・評価

3.9
@ダラス
ケネディ暗殺フィーチャーした
The 6th floor museumに行って来た

模範的ニューファミリーとしケネディ一家が背負ったアメリカ/世界の夢
ソ連、キューバなど東との冷戦
とりわけ"13days"
オズワルドによる暗殺の憶測
オズワルドを撃った男
キューバでは英雄とし奉られていたカストロ、ゲバラらのCIAによる暗殺計画
公民権運動の後押し
月着陸計画
「アメリカが何をしてくれるかではなく
アメリカに何が出来るか考えて欲しい」
葬儀
悲報に対する日本はじめ世界の反応
などなど
時代背景を網羅
このmuseum では時が経つのを忘れた

そして
ダラスは危ないと知りつつオープンカーに乗り込んだ
狙撃現場の再現が生々しい
実際の狙撃場所歩いたが
狙撃位置から距離結構あり、動く標的の喉、頭を打ち抜く腕は驚き

この映画
撃たれた瞬間をはじめmuseum の説明をほぼ踏まえている

ナタリー ポートマン
アイリッシュ訛りへの挑戦
本物の気品と存在感に勝てないのは
しょうがないとして
ケネディ亡き後全世界の注目を一身に浴びた責任の重さをけなげに演じきった
二重マル
ジャックリーン・ケネディ。
ずっとあまりいいイメージを持っていなかった。
かなりの浪費家であり、夫の死の5年後 大富豪オナシスと身売りのような再婚劇。地位と名誉を求めて止まないしたたかな女。

で、この映画を観てそのイメージを払拭できたか?
答えはうーん、ようわらかん。
なんせ暗殺後の数日間、あとはインタビューの様子だけにフォーカスされた内容ではなんとも言えない。
彼女のその後の歩みも見たかったな。

ただやっぱり気位の高い女性であったこと、かなりのヘビースモーカーであったこと、そしてどんなシャープな人間でもそうであるように、彼女も時に迷う普通の女性だったんだな と。月並みな感想だけれど。

鬼気迫るナタリー・ポートマンの演技はよかったです。綺麗すぎて似てないけど。

ケネディ役の俳優さん、合成かと思うほどご本人そっくり。これ驚きました!
>|