ザ・ベビーシッターの作品情報・感想・評価 - 52ページ目

「ザ・ベビーシッター」に投稿された感想・評価

過激なホームアローン(о´∀`銀河最強チームのくだりはSF好きはニヤリとするはず♪
NETFLIX万歳!
Inori

Inoriの感想・評価

3.3
面白い。冴えない12歳の男の子には面白くてセクシーで気の合うベビーシッターがいる。でも実は彼女は恐ろしいカルトメンバーだった!というようなホラーコメディ。この映画が面白い理由は、主人公コール役のジュダ・ルイスの演技の上手さと、シッター役のベラ・ソーンとの素晴らしいコンビネーション。序盤のコールは全くイケてない少年なんだけど、状況が酷くなってきた時の彼の慌て様や逃げ回り加減がコミカルで面白い。

ジュダ・ルイスの顔がヘイリー・スタインフェルドにそっっっっっくりで、同じ人かなと思った。(なわけない。)どうも血は繋がっていない全くの赤の他人なようです。
ネトフリオリジナル‼︎
慣れ親しんだベビーシッターは
悪魔崇拝者だった⁉︎⁉︎

ベラソーンたまんねーな
ラストのフレディが‼︎‼︎

ホラーコメディの傑作
ケイ

ケイの感想・評価

3.5
面白かった!!!

日常モノかと思いきやアクション満載!!

ベラソーンがちょっとセクシー
kaito.m

kaito.mの感想・評価

4.0
ホームアローンノリで少年がベビーシッターとその仲間たちをぶっ殺すお話。スイッチが入ってからは畳み掛けるようにバトルが始まってラストまで駆け抜ける。ゆるい前半も無駄にしない伏線の広い方も良い。
思ったより残虐でとても楽しかった。
B級ものかな?と観ていたら、スクールカーストの底辺にいる人たちを励ます少年成長物語で胸アツでした。基本的には少年とベビーシッターの戦いなんですが、ベビーシッターが道を逸れてしまった存在として描かれる一方で、少年が戦いの中で歩むべき道を見つけるという構図になっている。この見せ方が上手いんですよね。隠れた良作だと思います。
m

mの感想・評価

4.8
「チャーリーズ・エンジェル」のマックG監督の新作はNetflixオリジナル映画。完璧なジャンル・ムービーにして、見事な少年の成長物語。ここに来てかつてのアッパーさを取り戻したマックG、まさかの最高傑作を生み出した。
できれば予告編や粗筋等の予備知識は一切入れずに観て下さい。

最初から最後までもうノリの良すぎる軽快さで突っ走っていて痛快無比。正気のタガが外れたようなポップ演出が全部綺麗に決まっていくのが気持ち良い。少年の成長もきちんとツボを押さえて描かれていて、まさにグロッと爽やか。脚本も隙がない。

加えて素晴らしいのが、少年とベビーシッターのチャーミングな関係が描かれる前半と終盤。この2人のシーンは本当に素敵で、美しい。それがこの映画に単なるジャンル・ムービーとは一味違う後味をもたらしている。

ベビーシッター役のサマラ・ウィービングが魅力的(ちなみにエージェントスミスことヒューゴ・ウィービングの姪)で、彼女と主人公役の少年(彼がまた巧い)とのケミストリーは抜群。
TomNooga

TomNoogaの感想・評価

5.0
最高に観やすくて笑えてちょっぴり感動するホラーコメディ。まさに自分の1番好きなジャンルで最高だった。コール役の子はdemolitionの少年だと知り感動。スパイダーマンの役をトムホランドとギリまで取り合ったらしい。

よく設定は良いのに、それが活かせてないと感じる映画が五万とあるけど、この映画は魅力的なプロットにテンポの良い期待を裏切らないポップホラーアクションコメディになっている。

自分では、もう心は大人だと自覚しているが、周囲にそう言える程の自信がなかった少年が一連の事件を通して、ハッキリと自分が大人だと言い切る。

冴えない少年コールは未だにベビーシッターがいる12歳の少年。少年が見た目以上に大人。ベビーシッターのビーとコールの関係性から色々な伏線を打って、テンポ良く回収して行く様は見ていて爽快。それでいて、主人公の独特の性格が笑いをくれたり。悪魔教の大学生達の濃いキャラも楽しかった。

2人の関係性の集大成とも言えるラストシーンは感動とともに少年の成長を垣間見れて最高。大好きな人が実は敵と分かった時の切なさとその人と戦わなくてはいけないもどかしさが良かったな。
ありがちな1番最後の捨て台詞もまさに待ってました。

映画全体の尺も比較的短く、伏線回収も分かりやすく、とても見やすい個人的に最高な娯楽映画でした。
T

Tの感想・評価

3.7
映画オタクによる映画オタクのための映画って感じ。直接的なオマージュ満載、会話に度々登場する往年の名作映画のタイトル・台詞やキャラクター、ちょっとしつこいけど。テン年代のホーム・アローンか、思わぬ良グロ映画発掘。マックGで1番面白い。
若者に昔流行った映画やらの会話をさせたりバラまいた設定を回収したりと映画中年をくすぐるなぁと思ったり。
会話が場違いだったり的外れだったりするところが面白い。
ビーの小顔が心底羨ましいぞ