マジカル・ガールの作品情報・感想・評価

マジカル・ガール2014年製作の映画)

MAGICAL GIRL

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

白血病で余命わずかな少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。娘の願いをかなえるため、失業中の父ルイスは、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。この彼の行動が、心に闇を抱える女性バルバラと、訳ありの元教師ダミアンを巻き込んでいく。出会うはずのなかった彼らの運命は予想もしない悲劇的な結末へ・・

「マジカル・ガール」に投稿された感想・評価

藤瀬

藤瀬の感想・評価

3.0
多分繰り返し見たら色々仮説を立てるようにやって深みに嵌る映画。とにかく希望が見えなくて「静」だけがただ立ち尽くしている感じ。
shorin

shorinの感想・評価

-
「人を動かす力こそ"魔術"」って言ってるブログがあってなるほど だからアリシアとバルバラは魔法少女なのかって思った

黒蜥蜴を学んでこよう
ひろ

ひろの感想・評価

2.8
仄暗い、澱の溜まったきもちになれる。
胸糞悪さが素晴らしい。
そのもの自体は好きだけど、取り巻くビジネスは好きじゃない、とか、皮肉が利いている。
長山洋子「春はSA-RA SA-RA」がかかって踊るオープニングシークエンスが最ッッッ高。日本の80'sアイドル曲が流れてるのにむちゃくちゃスペイン映画っぽい。カット割りに癖があるんだと思う(けど、まあそこにスペイン感を見いだせるのは錯覚かもしれない)

娘の夢を叶えるために、自ら追い詰められた父親がどんどんヤバいことに手をつけて、周囲の人間も巻き込んでダメにしてゆく。映画のテンションとしてはどんどんトーンダウンしてゆくのだけど物語はどんどん意外な方向へ。

「トカゲ部屋」のカルト感が好きでした。魔法少女のコスチュームがそういった「悲劇」を呼ぶこと。そこが意外にもすごく相性が良い。
絶妙な美的バランスがあって気持ちいい。

最後に決意したオッサンが髪を撫でつけてびしっとジャケット着るシーンとか(まるでマフィア映画だ)、こういう描写がちょっと入るだけでむちゃくちゃアガるんですよね……。
このへんで「イロモノ感あるかと思ってたけどまっすぐな傑作だな~」と思ってたけど、ラストでまた「魔法少女」が出てくると「やっぱカルト感あるわこれ……」となった。
アイドル曲にびびってるオッサンにちょっとウケるけど、あれ実際出くわしたらかなり怖いよな
ごりー

ごりーの感想・評価

1.5
まぁ、ハッピーエンドではないだろうな、と思ってはいたけど。もうちょいファンタジー的なの勝手に想像してたけど、全くないです。

人に悪いことすると自分に返ってくるんだね。
きゃう

きゃうの感想・評価

3.5
トカゲの部屋
すき

すきの感想・評価

3.2
胸糞悪い。以上!
>|