マジカル・ガールの作品情報・感想・評価

マジカル・ガール2014年製作の映画)

MAGICAL GIRL

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

白血病で余命わずかな少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。娘の願いをかなえるため、失業中の父ルイスは、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。この彼の行動が、心に闇を抱える女性バルバラと、訳ありの元教師ダミアンを巻き込んでいく。出会うはずのなかった彼らの運命は予想もしない悲劇的な結末へ・・

「マジカル・ガール」に投稿された感想・評価

藤瀬

藤瀬の感想・評価

3.0
多分繰り返し見たら色々仮説を立てるようにやって深みに嵌る映画。とにかく希望が見えなくて「静」だけがただ立ち尽くしている感じ。
有酸素

有酸素の感想・評価

3.8
仕掛けを随所にちりばめたこういう映画だいすき。
取引と因縁とが交差してものごとの善悪が曖昧になる感じがたまらない。
yolizi

yoliziの感想・評価

-
ルイスとダミアンの人生を語るように歌うスペインの曲と日本のアニメ曲のミスマッチさが良かった
「あえて見せない美」の手法が多いため、会話から多くの情報を読み取ろうとするしかないが、いかんせんその会話が成り立ってるのかどうかギリギリのラインの情報量なので、「あなたはいつも〜」「挿入はナシ〜」等の言葉の端々からフロムソフトウェア的な考察力が求められる?あるいはそれが醍醐味。
見せない語らないため想像で補うしかないがそこに正確な答えは用意されていないので、モヤモヤを抱えたまま床につく事になる。
例えば「13歳になりたい」という願いは、素直に受け入れれば今は12歳と取れるが、穿った見方をすれば、13歳まで生きられるかどうかわからないだけで、8歳かも10歳かもわからん、ということにも。考えても考えるだけ無意味なのかも。
トカゲ部屋のことも忘れよう、ダミアンとバルバラの過去も気にするな…。
何にせよ娘の真の願いであるあのラジオを聞いてさえいれば狂わなかった、悲しい話。
BGMが少ない分ひとつひとつの劇伴の意味が濃くなるためそこは良いなと思った。
フランス日本映画的な成立ギリギリの会話、ボソボソ声、突然キレるが苦手なためこの点数でした……。
さてぃ

さてぃの感想・評価

2.4
終始????だった。みんな誰かの為に、と行動したことが最悪の展開を生んでしまってアーアと思いました。
明確な説明や描写がないぶん想像にオマカセなところがいいのかもしれないけれどあまりそういうのが好きではないので低め。
全く希望が無い映画でした。
こういう映画で日本のアニメが題材になるのは新鮮ですね!
予想を次から次へと裏切っていく展開がいかにもスペインらしい、とても刺激的なサスペンス。

白血病で余命わずかな少女アリシアに、彼女が欲しがっていた魔法使いのドレスをプレゼントしたいと考えた父親の行動が、予想外の連鎖を生んでいく。状況を必要以上に説明せず、観客の想像力に委ねる"空白"の配置がお見事だ。

日本の販促資料冒頭の「白血病で余命わずかな少女アリシアは、日本のアニメ、魔法少女ユキコの大ファン」。実はこれ、意図的なミスリードで、話のメインは白血病からどんどん離れていき、後半は残虐な描写が増えてくるので、難病の少女を軸にした感動物語を期待して観た人からは反感を買ってしまいそう。予告映像も日本版のみ「白血病~」の下りが追加されていて、日本スタッフの品の無さを感じてしまう。

※少女アリシアに関する僕なりの考察をコメント欄に記します。
かーな

かーなの感想・評価

3.2
タイトルに惹かれて鑑賞。
「マジカルガール」なんて可愛いじゃないか、とワクワク。

が、内容は思っていた以上にハードでディープ。

映画の内容を全ては語らない感じで作られており、観る側への想像の余地がある映画でした。
(映画考察が好きな方にはオススメかも。)
Haruki

Harukiの感想・評価

4.6
シュールで独特な雰囲気を持ち、異常なまでに不条理な展開に引き込まれる。
さまざまな人生が交錯し、悲劇的な結末に転がっていく。

コメディチックでありながら、スリラーでもある。
直接的な描写がないのに、不気味に感じる。

気持ち悪さと可笑しさが絶妙に混ざった作品。
ザン

ザンの感想・評価

3.9
諸々の要因を紐解いていくと、謎の日本アニメのコスプレの衣装がとんでもなく高額だったことにたどり着くのが、なんだか申し訳ない。ごめんなさいって感じだ。薄命の少女はアニメヒロインのように魔法を使って窮地を脱して欲しかった。主演女優は役名と同じなのね。
>|