マジカル・ガールの作品情報・感想・評価

マジカル・ガール2014年製作の映画)

MAGICAL GIRL

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

白血病で余命わずかな少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。娘の願いをかなえるため、失業中の父ルイスは、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。この彼の行動が、心に闇を抱える女性バルバラと、訳ありの元教師ダミアンを巻き込んでいく。出会うはずのなかった彼らの運命は予想もしない悲劇的な結末へ・・

「マジカル・ガール」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

結局マジカルガールはアリシアじゃなくて、バルバラだったというファムファタールもの、ってことだと思います。
ただ、余りにも我々の想像に任せる部分が多すぎる。3部に分かれて主人公が変わっていくのでそこもやや混乱。
EIR

EIRの感想・評価

3.7
記録
ゆと

ゆとの感想・評価

4.2
楽しめるカルト映画

スペイン映画ってこんな感じなんか
スペインのイメージが崩れた作品
Ayaka@

Ayaka@の感想・評価

3.6
これは久々にあのなんとも言えないマイナー映画の匂いと息遣いをあます所なく堪能できた至福の映画。

いい、ものすごくいい。

‪伏線の張り方と回収もスゴくよかったし、想像力ばかりを掻き立てる構成も良かったし、全体的に漂う不安定なアンバランス感も最高。‬

‪ただ、別に人には勧めない。‬
昼下がりの薄暗さで毛布をかぶってひっそり見たい映画。
kie

kieの感想・評価

3.7
衝撃。
闇の深さと愛の深さは…
Hiko

Hikoの感想・評価

3.5
後半の展開の速さ

感情、行動、表情にたくさんの伏線がきっと含まれていて
あそことあそこが繋がるのはわかるけど〜〜どういう意味!?
ってなってしまったので
それは私が若いからか、洞察力が欠如しているのか

時間があればもう一度じっくり隅までみてみようと思う。
Santa

Santaの感想・評価

5.0
流石スペイン映画。劇場と理性の狭間。
最悪でした💀😓💀
ここまで最悪だと日本人である私は完璧に脱帽😱
強烈過ぎ。音楽も演技も上手い。
いっそクレイジーコメディ🎉
前半はちょっと退屈かな〜と思ってたけど、後半のサスペンス感はなかなか!
ヨーロッパ映画ならではのずっと絹擦れに耳そばだてるみたいな空気感が素敵。

何かに夢中になったり没頭したりすると、ほんとに大事なこととか守らなきゃいけないものとかを見失って、ただ「これしなきゃ」って気持ちが先行して訳の分からない失敗をしちゃったりするよね。
仕事とかしてても思うけど、冷静になって「あれ?俺今何してるんだっけ?」って客観視するの、すごく大事。

そういう意味で、登場人物みんな間抜けなんだけど、この間抜けさってすごく人間らしいというか、絶対誰しもやったことのある失敗というか、そういう妙なリアルさがあるから恐ろしい。
なつき

なつきの感想・評価

3.7
魔法のステッキ

辛い…
Emily

Emilyの感想・評価

-
大事なところは省かれていたので自分で想像する必要があった。伏線が多過ぎて、頭の中でハテナがいっぱい浮かんだが、みんな自分が愛する者を守るために頑張った結果、悲しい結末になってしまったのだなと最後気づいた。想像していたほどサイコパス的な映画ではなかった。
>|