マジカル・ガールの作品情報・感想・評価

マジカル・ガール2014年製作の映画)

MAGICAL GIRL

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

白血病で余命わずかな少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。娘の願いをかなえるため、失業中の父ルイスは、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。この彼の行動が、心に闇を抱える女性バルバラと、訳ありの元教師ダミアンを巻き込んでいく。出会うはずのなかった彼らの運命は予想もしない悲劇的な結末へ・・

「マジカル・ガール」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

結局マジカルガールはアリシアじゃなくて、バルバラだったというファムファタールもの、ってことだと思います。
ただ、余りにも我々の想像に任せる部分が多すぎる。3部に分かれて主人公が変わっていくのでそこもやや混乱。
yuko

yukoの感想・評価

4.5
唐突にこういう鳥肌たつ作品に出会えるから、映画を観るのを辞められないんだよね。籠の中の乙女を撮ったヨルゴスランティモスかと思ったら違う監督さんでした。でもダークファンタジーな変人な世界観が似てるんだよなぁ。

そこへ来て日本びいきの監督さんなのか、長山洋子の曲や日本アニメを取り入れたりと、独特な日本の解釈がナイスセンス。良すぎるよ。

黒蜥蜴の部屋の詳細や、バルバラとダミアンの過去については最後まで明かされなくてすっごく気になる〜!ってなるこのモヤモヤ感が堪らない。私はドMなのでしょうか、、、笑。描写されないことに意味がある。

大事なとこは一切見せない触らせない、想像の中だけでイッて下さいね〜って言われてるみたいなんだけど、無修正でバンバン見せまくってくるような押し付けがましい作品が多い昨今では逆に新鮮な試みだし、むしろ興奮してしまうのではないだろうか。最後までよくわからなくてつまんなかったいう人はまだまだ想像力が乏しいお子ちゃまですよ。

ささいなボタンのかけ違いの連続で、終始不穏で不吉で嫌っちゅうほど誰も救われない。思いっきりダークなのにどこかファンタジックな絶妙な空気感も良いんだよ。気づいたらまんまと監督の術中にハマってる。最初から最後まで緊張感が途切れず、先が気になるし、登場人物全員危なっかしくてドキドキした。長編映画を初めて撮ったスペインの監督さんなのだが、末恐ろしい才能である。このセンスの良さには嫉妬すらする。
独特なテンポ、ノワール調、均整のとれた構図、でてくる人たちの誰にも共感できないところ。グッとくる。怪作。
kaz

kazの感想・評価

3.2
登場人物全員が暗い印象だったが、内容もまた最後まで暗かった。
内容の暗さと日本アニメのギャップ感が激しかった。
また、スペインに対する個人的な先入観ありきなのかもしれないが、個々が印象強い人ばかりだったので、作品自体も印象に残った。

一つ一つの事象や背景を説明しない作品を受け入れることが苦手な自分は、正直全てのことを理解しきることはできなかった。
ただ、人は何か衝撃的なことに直面したとき、本当は目を凝らして見つめるべきことに気付けなくなってしまう、このことがとても寂しいことで一番後悔してしまうんではないかと感じた。
魔法少女のコスチューム姿でダミアンを見つめ続けるアリシア、この場面が目に焼き付いて忘れられない。
ひな

ひなの感想・評価

2.5
嫌いじゃないけど好きでもない
伏線は全部回収されててそこはすき
2人の魔法少女が使い魔を戦わせる鬱映画
セーラームーンて酒さがしたら実在しなかった
雨ふり

雨ふりの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

完全な悪人はいないというのに、救いようのない結末に落ちていくところにのがれられない人の性を感じた。
長山洋子の懐かしいナンバーを耳にしたあの驚愕の予告から本編が始まるまでの間だけだったか。魔法が解けるのも早かった。昭和歌謡は『嗤う分身』でも使われていたし謎の部屋の中を観客に想像させるあたりはタル・ベーラの『倫敦からきた男』でも見受けられる小技だった。奇をてらったモノに見せてるが既視感を覚える人もそこそこ居たんじゃないか。残念。
ソウタ

ソウタの感想・評価

3.8
3つに分かれてるストーリーがよく練られていて、綺麗でバイオレンスなフィルムノワール

このレビューはネタバレを含みます

アニメの魔法少女に憧れる白血病の女の子とどうにか娘の願いを叶えようとする失業中の父親のヒューマンドラマと見せかけて1人の女と関わったために崩壊していく男たちを描くファムファタールもの。
>|