マジカル・ガールの作品情報・感想・評価

マジカル・ガール2014年製作の映画)

MAGICAL GIRL

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

白血病で余命わずかな少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。娘の願いをかなえるため、失業中の父ルイスは、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。この彼の行動が、心に闇を抱える女性バルバラと、訳ありの元教師ダミアンを巻き込んでいく。出会うはずのなかった彼らの運命は予想もしない悲劇的な結末へ・・

「マジカル・ガール」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

結局マジカルガールはアリシアじゃなくて、バルバラだったというファムファタールもの、ってことだと思います。
ただ、余りにも我々の想像に任せる部分が多すぎる。3部に分かれて主人公が変わっていくのでそこもやや混乱。
なま

なまの感想・評価

2.5
なんか悲しい話というよりはツッコミ入れながら見るみたいな映画で思ったのとは違った

とはいえ中だるみ祭りがきつすぎて倍速不可避
ひなこ

ひなこの感想・評価

3.5
13歳になる前に死んじゃう娘にタバコ吸ってみたいって言われたら吸わせちゃうし娘の為ならどんな手を使ってもお金用意しちゃうよな…。あのとき一緒にラジオさえ聴いていれば。
決定的なシーンを見せずに徹底的に残酷に進んでいき、終わる映画。
普段ハリウッド大作しか観ないような人には全くオススメできません。

繊細に、緻密に複数の物語が絶妙に時間軸をずらしながら展開していきます。

日本のアニメが重要な位置にあるのも、物語の暗さとの異様なコントラストになっていて秀逸かつ異常。

引きづります。
んー・・・なんて評価したらイイか難しい・・・
おぞましくてスゴい映画って感じ?

因果応報と言うべきか・・・
自業自得と言うべきか・・・

なんかいい意味でモヤモヤする
もう一度見直したくなる
tofu

tofuの感想・評価

4.5
もの凄く、印象に残る作品。

評価は最低であり最高。

肝心なシーンをあえて見せない手法は最初は歯痒くモヤモヤしたが、鑑賞後は納得、というか、それでよかったな…と感じた。

題名「マジカルガール」は女の子の事でもあるが、やはりバルバラの事だと思う。
冒頭やラスト間際でバルバラという魔法使いがダミアンに魔法をかけ、意のままに操ると解釈した。
監督が「日本のまどかマギカにインスパイアされた」と公言しているとおり、魔法を扱う物は、それなりのしっぺ返し(ラストの手のやりとりがそうかな)に見舞われる。

勝手に推測してレビューしているが作品内で伏せている箇所が多い為、真相は不明。

難しい話ではないので、多くの方に観て頂きたい。私は4度鑑賞しているが、飽きないかな。

最後に「恋はsara sara」選曲が素晴らしい!この曲を聴く度に切なくなってしまう…。
朝子

朝子の感想・評価

4.4
2+2=4 完全なる真実
冒頭、結婚指輪をした先生は、
少女に魔法をかけられる。

ので、深読み系としてしっかりスタンバイ。
が、予想外の余白過多系。
その余白は幅が広く、中身はもれなく、
禍々しく、グロく、エグく、獣道で、
疲労困憊。見える示唆も不穏で不安。

それでも動機は愛なのだ。
魔法のように叶う希望。
しかし、現実の代償は絶望。

不特定+不特定=?何?
曖昧+曖昧は? 答えはない。
謎に答えがないのなら、
それは究極のミステリー。
もしくは、答えが不確実なら、
想像し得る全てが答えになる。

でも、もう少しだけでもヒントが欲しい。
私の答えは満遍なく黒い。
答えを出せば出すほど、ベッタリと汚れていく。
あーもうしんどいわ。
観た人たちはみんな「ポスターから受ける印象と全然違うから!」とか、「描かれないけど怖い」とか言ったけど、ほんとにその通りだった。映画館で観たかった…。すごいな。みんなそれぞれに手に入らない何かを求めていて、手に入っても全然幸せにはならない。最後の狂気じみてること!
観終わったら外で雷が。雰囲気盛り上がった。
GoKanno

GoKannoの感想・評価

3.8
軽めな題名なのに。。。
吐きそう。
maipoyox

maipoyoxの感想・評価

3.9
こんなはずじゃなかったのに!
優しさや思いやりなんて、実際は自己満なのかもしれない。
>|