マジカル・ガールの作品情報・感想・評価

「マジカル・ガール」に投稿された感想・評価

安部

安部の感想・評価

3.2
貧乏な父子家庭で娘が白血病っていう設定だけでハッピーエンドは望めないが、ケータイ小説もドン引きするぐらい、不幸の連鎖が止まらない。
強盗しようとしたら空からゲロが降るってノストラダムスも細木数子も予想できないだろう。
先の短い娘に煙草を吸わせるシーンは映画史に残るきっついシーンである。
来世では魔法を使える体で生まれてほしいものである。

非常にどうでもいいが、おでこのど真ん中から派手に出血してても色気を損なわない女の人ってすげーなって思った。
cookieclub

cookieclubの感想・評価

3.0
とりあえず辛い…何という映画を作ったんだという感じ。
観終わってもずっと尾を引くような映画です。考えれば考える程恐ろしくて切なくなります。

映像は丁寧かつ斬新で普段観る映画とは違う何か凄いものを観せられるんですが、内容的には鬱です。
10/21/18
no.328

このレビューはネタバレを含みます

映像だけで人物の心象を語る見事な映画的表現や、 テンポが良くスピード感のある編集がとにかく秀逸。
この奇妙で先が見えない脚本にグイグイと引き込まれ、あっという間の2時間だった。
こんなに上手い作品だったとは!
やはり映画館で観るべきだった…。

不治の病を患った娘のためとは言え、最低な手段を選んでしまったルイス。
そしてバルバラという女性と出会ってしまった事でどんどんと終わりのない不幸の連鎖が続いて行く。

所々で見られる登場人物達のクセとか嗜好が物語の伏線になっていて、いちいち展開に説得力がある。
凄惨でダークな物語だが、日本の魔法少女アニメや長山洋子の曲(何とデビュー曲!)を使う事で不思議なユルさが漂っている。
バルバラが金を稼ぐ手段として選ぶ”プレイ“のヘンなルール(挿入なし、『ブリキ』と言うまで終わらない)とか、何が起きたのかよく分からない『トカゲ部屋』とか、不気味だけどどこかマンガ的で笑えてしまう描写も妙に印象的。

そして何よりも娘アリシア役のルシア・ポシャンちゃんが本当に可愛い!
最低最悪な手段とはいえ、ルイスがアリシアの為に何でもしてあげようとする気持ちは理解は出来る。
でも少しだけ待ってラジオを聴いてあげていたら…と思うと切なくなる。

そして…ダミアンと出会ってしまった時の彼女のあの表情は忘れられない。
アリシアのあの姿は、きっと父親が帰ってきたらビックリさせてやろうとしていたんだろう……😭

カルロス・ベルムト監督のセンス溢れる傑作。
また大注目の監督が増えた。
次作も大いに期待!!
ドンパチものも好きだけど、こういう静かに流れていく感じのも嫌いではない
p

pの感想・評価

4.0
トカゲの部屋では何が行われているのか
数学の先生とバルバラに何があったのか
数学の先生はなぜ刑務所にいたのか
ステッキをプレゼントして娘は喜んだのか
など色々見せない工夫がされており、想像を掻き立てられる部分が多かった
だとしても冒頭の2+2=4のように最終的な結末の事実は変わらないのだろう
ユキコが原因でみんなが淡々と悲劇に向かっていくー。
悲劇って突然起こるわけじゃなく、解決不可能性による内破なんだよね、という教授の講義を思い出した。
淡白なスペインの景色に流れる『春はSA・RA・SA・RA』が映える映える、奇妙でポップなバランス感覚のカルロス・ベルムト!メモメモ。
metamegane

metameganeの感想・評価

3.1
すれ違いファムファタールもの
場面展開の暗転で行間を読ませるなど見所はあるも内容がキツい。おとうちゃんマミられてるやん。
>|