海賊とよばれた男の作品情報・感想・評価

海賊とよばれた男2016年製作の映画)

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:145分

3.8

あらすじ

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り…

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り拓いていった。その鐡造の姿は、敗戦後の日本において、さらなる逆風にさらされても変わることはなかった。そしてついに、敗戦の悲嘆にくれる日本人に大きな衝撃を与える “事件”が発生する。 石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを封鎖された国岡鐡造が、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、秘密裏にイランに派遣するという“狂気”の行動に打って出たのだった。イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に回すこと。しかし、イギリスの圧力により貧困にあえぐイランの現状と自らを重ね合わせた鐡造は、店員の反対を押し切り、石油メジャーとの最大の戦いに臨む。果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり、無事に日本に帰還することができるのか?そして、国岡鐡造は、なぜ“海賊”とよばれたのか?その答えが、明らかになる―。

「海賊とよばれた男」に投稿された感想・評価

良くも悪くも期待通り。
超えることも下回ることもなし。
王道で特筆すべき点がないため記録のみ。
hikoasis

hikoasisの感想・評価

3.8
特にこれと言った盛り上がりはありませんが、面白かったです。

青年時代からご老体まで表現する特殊なメイクも凄いし、それを演じる俳優陣の演技は素晴らしいと思います。所々にある戦争シーンも迫力があったと思います。
春21号

春21号の感想・評価

3.6
邦画のど真ん中な作品

この映画は本来日曜日の9時に連続ドラマとしてやるべきだったと思います。
内容的にも企業物でしかもそれを創業開始直後の大昔から現代までを描くのだからどう考えても二時間の尺に収まりません。
ジャンプカットを多用し描くシークエンスが駆け足で終わっていきます。
正直、美術や音楽カメラワークなんかは凄く良くて物語に引き込まれたのにコレじゃ本当に凄く声を大にして勿体ないと言わざるおえませんでした。

連続ドラマで無理ならせめて前後篇にするなりとにかく尺を増やして欲しかったです。
最近流行りの男臭いサクセスストーリーなのでそういうのが嫌いであれば見る必要は無いと思います。でも好きであれば史実ということもありそれをど真ん中でやってくれているのでハマるかと思います。
何よりも主演の岡田准一さんの演技が素晴らしく身のこなしだけで貫禄をコントロールして各年代を演じ分けていて流石だなと思いました。

本当に尺が足りないのが勿体ない
コレは致命的 ちゃんと見せて欲しかった。

後冒頭のCG この監督の色なんだろうけど本作は完全にいらないだろ CG出さなかったら気が済まないのかな?残念

うーん、ドラマ版を作ってくれたら嬉しいです!
テレビの予告CMで流れてた岡田君の特殊メイクを見て「これはきついな」と思った。声も年齢によって変えてるってそんな馬鹿な。

戦前戦後の日本の大きなうねりの中を、主義を曲げずに社員を家族と呼び店主と呼ばれ愛され、何度も敗北しながらその度に立ち上がった実在の人物、出光佐三。誰がこれだけ見事に、そして魅力的に演じられるだろう。岡田准一が演じ切った。さすがだ。

エピソードが過去を行き来する演出が、かえって不親切な気がするが、感動的な幾つかの場面を案外バッサリ切って場面転換するやり方はかなり好感が持てた。部下の死や妻との別離、悲しかったけれどバッサリ切ってまた前に進む。潔いし主題はまだそこではないのだ。60を超えてからも大きな戦いが待っている。

イランとの石油貿易、映画では触れなかったけど、この後イギリス側との裁判そして勝訴という見せ場も出来れば見たかった。

もう岡田准一主演映画に外れは無いと、世間的に認知されたのでは無いだろうか?私は認知した。

終盤に堤真一扮する船長との共演があったが「フライダディフライ」のコンビだ。あの映画で岡田君が演じた在日韓国人青年の役を思い出した。あれは格好良かった。

そして綾瀬はるかが演じた奥さんが切なかった。
原作未読。主演の岡田准一の熱演は迫力がありました。なんちゃってジャニーズ俳優とは別格です。しかし全ての年代を一人で演じきるのは流石に無理がある。老けメイクはまだしも声色まで変えていて私にはコントにしか見えなかった。別俳優に切り替えとか無理なのかな、邦画の世界では。でもまぁ、出光みたいな社長がいたら皆、何がなんでもついていくのは判る気がする。
YUKIKA

YUKIKAの感想・評価

4.5
最後のシーンがなんか、レミゼを連想させた、岡田くんやっぱ上手いなぁ。

吉岡さんが三丁目の夕日と若干役キャラが被ってて、監督も山崎さんだし、ふふってなった。
K

Kの感想・評価

3.6
信念を持ち、大きな夢を実現させるため真剣に生きたい。

失敗したら、乞食でもすればいい。とか言いながら。
chikichiki

chikichikiの感想・評価

5.0
これで進路が変わったいい作品だった!
>|