海賊とよばれた男の作品情報・感想・評価

海賊とよばれた男2016年製作の映画)

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:145分

3.7

あらすじ

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り…

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り拓いていった。その鐡造の姿は、敗戦後の日本において、さらなる逆風にさらされても変わることはなかった。そしてついに、敗戦の悲嘆にくれる日本人に大きな衝撃を与える “事件”が発生する。 石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを封鎖された国岡鐡造が、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、秘密裏にイランに派遣するという“狂気”の行動に打って出たのだった。イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に回すこと。しかし、イギリスの圧力により貧困にあえぐイランの現状と自らを重ね合わせた鐡造は、店員の反対を押し切り、石油メジャーとの最大の戦いに臨む。果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり、無事に日本に帰還することができるのか?そして、国岡鐡造は、なぜ“海賊”とよばれたのか?その答えが、明らかになる―。

「海賊とよばれた男」に投稿された感想・評価

7se

7seの感想・評価

3.8
あぶらもってきたー
水曜日

水曜日の感想・評価

3.4
石油メジャーと対決した、日本の石油会社「国岡商店」の創業者の男気と勇気の物語。英国と対決しながらイランから石油を輸入する。

岡田准一が全シーン全力のオッサンぶりを魅せてくれる。声が太く昭和の俳優のようだ。各シーン年上の俳優が配置されるが、経営者然とした感じは見応えある。

この映画の「日章丸事件」はメジャー石油会社全盛期の稀有な敗北であったのは確かで、「義が武力勝つ」のも珍しいと思う。たぶん車を持っている人ならば、観た翌日から出光興産でガソリンを入れたくなる。

でもこの映画、封切の時にあまり宣伝してなかったのか?覚えがない。実録映画好きの私が見逃していた。
原作見てないときちい
Masachan

Masachanの感想・評価

2.8
話を端折りすぎ
これが実話とは思えないくらいに壮絶な人生を歩まれた方の話
UMI

UMIの感想・評価

3.5
こればかかっこよかった、記録
伏線をちゃんと回収してたし、何よりヒューマンストーリーがしっかりしてた。泣いた。
IO

IOの感想・評価

3.2
原作は大好き
岡田准一も好き
でも映画はあまりだった、青年期から老齢期までは特殊メイクは出来ても声が違和感ありで入り込めなかった。
みち

みちの感想・評価

4.0
人を惹きつける力は、
情熱と思い遣り。

お金以上に人を惹きつける人の魅力
それは、掲げる理念のでかさと熱さ
そして、人を思い遣る心。

感じるものの大きかった作品でした。
仕事に疲れたとき、また見直すと
元気をきっともらえる。

俳優が、有名な方ばかりで少々ドラマから浮いているような印象もあるが、
とにかくストーリーに惹きつけるものがあった。
原作も面白く、刺激的なのだろう。
Ayano

Ayanoの感想・評価

3.5
会社を起こし、大きくし、何度もどん底に落とされてもとにかく一生懸命に突き進んできた男の話。
原作を未読なので実写映画化されても面白いと思ったが、小説で読んでみたいなと思った。すごく力強い登場人物たちで、小説で読む方がもっと感情移入してストーリーに入り込めそう。
映画としてもしっかりと丁寧に描かれていると思いました。(何せ未読なので比較できませんが。)
ただ、岡田くんの特殊メイクだけが気になって・・・仕方ないのですが。それ以外は良かったです!染谷将太が良かったな!
>|