海賊とよばれた男の作品情報・感想・評価

海賊とよばれた男2016年製作の映画)

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:145分

3.7

あらすじ

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り…

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り拓いていった。その鐡造の姿は、敗戦後の日本において、さらなる逆風にさらされても変わることはなかった。そしてついに、敗戦の悲嘆にくれる日本人に大きな衝撃を与える “事件”が発生する。 石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを封鎖された国岡鐡造が、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、秘密裏にイランに派遣するという“狂気”の行動に打って出たのだった。イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に回すこと。しかし、イギリスの圧力により貧困にあえぐイランの現状と自らを重ね合わせた鐡造は、店員の反対を押し切り、石油メジャーとの最大の戦いに臨む。果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり、無事に日本に帰還することができるのか?そして、国岡鐡造は、なぜ“海賊”とよばれたのか?その答えが、明らかになる―。

「海賊とよばれた男」に投稿された感想・評価

トウジ

トウジの感想・評価

4.0
なにかにひたむきになる漢の姿はカッコいいぜ
原作を読んでから鑑賞。

2時間半の中によく収めたなと、、
岡田さんの演技力が爆発しています
ぽてと

ぽてとの感想・評価

4.0
2018-5 44作目
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.5
一人の人生の話を描い映画です。実話にインスパイアされた作品です。映画では言ってませんが、これは完全に出光興産の創業者、出光佐三。映画の中で主人公の名前は国岡鉄造。小さな石油会社の始まり、メイジャーとの戦い、と会社の成長をうまく描いた映画です。出光の話をちょっと知ってたらもっと面白いかも
Yutaka

Yutakaの感想・評価

3.5
青年から老年期までの岡田くんの特殊メイクすごーーーー😳💓て思った(笑)
ちょっと長いけど、歴史物が好きな人にとっては面白いんだろうな〜〜🤔
結果、綾瀬はるかが扮する奥さんはめっちゃいい人だったんだ〜〜と思いました🙆‍♀️
YuAriyoshi

YuAriyoshiの感想・評価

3.5
百田尚樹原作。
石油を売るために、ありとあらゆる手段を用いて…
素敵な奥さんを持ったんだな〜と思う。
かーし

かーしの感想・評価

3.7
昭和シェルとの合併に出光の創業家が反対した理由が分かったような気がする。
経営がどうこうよりも外資石油メジャーに対抗すべく
日本人が自分たちで石油を扱うことに対する創業者の誇りがミームとして受け継がれている。
興味深くて割と面白かった。
>|