海賊とよばれた男の作品情報・感想・評価

海賊とよばれた男2016年製作の映画)

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:145分

3.7

あらすじ

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り…

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り拓いていった。その鐡造の姿は、敗戦後の日本において、さらなる逆風にさらされても変わることはなかった。そしてついに、敗戦の悲嘆にくれる日本人に大きな衝撃を与える “事件”が発生する。 石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを封鎖された国岡鐡造が、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、秘密裏にイランに派遣するという“狂気”の行動に打って出たのだった。イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に回すこと。しかし、イギリスの圧力により貧困にあえぐイランの現状と自らを重ね合わせた鐡造は、店員の反対を押し切り、石油メジャーとの最大の戦いに臨む。果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり、無事に日本に帰還することができるのか?そして、国岡鐡造は、なぜ“海賊”とよばれたのか?その答えが、明らかになる―。

「海賊とよばれた男」に投稿された感想・評価

Lis

Lisの感想・評価

3.7
昭和の親父らしいカリスマ性のある人の話だと思った
IGA

IGAの感想・評価

4.1
海外メジャー VS たった1人の日本人。
このような店主に、優秀な店員あり。
smurfs

smurfsの感想・評価

3.5
メインの年代は50代以上なところを30代が演じる。無理あるかなーと思ったけど、ほとんど気にならなかった。50代の役者が若かりし頃を演じると痛々しくなるので、こちらが正解なんだろう。若かりし頃の瑞々しさが映えてこそのストーリーだから。
HARU710

HARU710の感想・評価

5.0
メイク技術に脱帽
面白かった!
元気をもらえた
人ってがめついぐらいが成功するのかも
油持って来たけ!!!
ゆきさんの話もうちょい出して欲しかった
のりP

のりPの感想・評価

3.7
岡田さんはこういうの似合うね。
りほ

りほの感想・評価

3.5
企業と男の成長を追ってく長い歴史を撮った映画だから詰め込みすぎた感じがある。テレビドラマになってた方が面白かったかもしれないな
でもここぞって時に社歌を歌いながらみんなで頑張るシーンが良かったな✨

日章丸の船長がかっこよかった。信じ通す男はかっこいい…
ユキさんも好き、愛する人のために身をひけるのすごい
長谷部はひたすらかわいかった、照れ笑い好き
>|