ヤクザと憲法の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ヤクザと憲法2015年製作の映画)

上映日:2016年01月02日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

「ヤクザと憲法」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.0
うーん、微妙なスタンス。

本作はどっちかと言えば憲法第14条「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」を重視しており、反社会的勢力として暴力団やその家族が様々な制限(生命保険に入れない、銀行口座が開設できない、子供が幼稚園に行けない...)を受ける現代社会に警鐘を鳴らしていると考えることが可能である。

自分のスタンスは少し違って、イリーガルな領域でいわゆる「しのぎ」を得る団体である以上、「法は守ってくれない(法に守ってもらおうとなんて思っていない)」ことが前提なんでしょ?というスタンスである。

ここで微妙になるのは「法が守らない(守ってくれない)」相手が組の構成員だけなのか家族も含めて良いのか、という点であろうが、生計を一にする限り、その「区別」を社会的・常識的に一般市民や行政組織、法順守で縛られた民間企業に求めるのは「酷」というものであろう。本作の扱うように「司法」が最後の砦なのでしょうけど。

ミイラ取りがミイラになるという言葉があるが、東海テレビのスタッフもそうなっていないか。

※とはいえ、ヤクザ組織については本作ではないが、とても示唆深く、サラリーマンもぜひ参考にすべきだと思っている。ちなみにお薦めは、「ヤクザに学ぶ組織論 (ちくま新書) 」。我々一般ビジネスマンの様々な局面で参考となることがちりばめられています。
二代目東組の二次団体を追ったドキュメンタリー。学生時代いじめに遭って生きる場所を無くした少年が、たどり着いた先で若頭にボコボコにされるシーンがハイライト(その後、家出してコンビニ強盗を犯して破門になるまでがセット)
miyagi

miyagiの感想・評価

4.5
東海テレビの衝撃のドキュメンタリー。
Aの森達也に通ずる、なぜ真っ向から取材しないのか。に対する解を見せてもらった。
一体誰がヤクザを取材できると思うだろうか。
タブーを超えてこそ真のドキュメンタリー。
カメラに収めてこそ初めてわかることがある。

シャブを売りさばくシーンは衝撃的すぎる。
元ヤクザの取材ではわからない温度感、苦悩が現役のヤクザの息遣いでもって始めてわかる。
be

beの感想・評価

3.7
いろいろと考えさせられる映画。
警察が出てくるシーン、どっちがヤクザなんだか分からない物言い。
ヤクザってのは社会が作り出したものなのか。
それはそうと、親分さんが俳優かと思うくらいの男前です。
takashi

takashiの感想・評価

3.8
東海テレビドキュメンタリーの一作で、暴対法の名の下に、人権さえも脅かされている暴力団の現状を伝えるドキュメンタリー。
暴力団なんて肩身が狭くて当然、ていう意見もあると思うけど、そう簡単には思えなくなる。
とにかく色々考えさせられる映画でした。
朝8時、お偉方を出迎えるために道の両側に整列しアーケードをつくる組員。そしてその真ん中を歩くランドセルを背負った俺。

東組と瀧本組に挟まれたこの道を抜けると、飛田新地を目前に左へターン。今度は桜並木のアーケードをくぐると校門では先生たちのお出迎え。

必然的にさまざまな人種が集まるこの地区で育ったこと。それは簡単にヤクザを容認するとか、飛田で遊び呆けるとかそういう事ではなく、誰しもに生き方があって、どれだけ生き方に違いはあっても皆が生の全うを求め、そしてそこには普遍的に共有できる幸せや(この映画が突きつける)悩みがあると知れたことだった。
sawak

sawakの感想・評価

4.0
最近何かと話題の「ヤクザの人権」問題に関する東海テレビの傑作ドキュメンタリー。

ヤクザだけを無批判に絶対悪と見なして「排除」する社会構造それ自体が、ヤクザ並みに怖いです僕は。
ruriruris

rurirurisの感想・評価

3.8
カメラの前なので、これがヤクザの全て包み隠さない姿だとは思わないけれど、法は誰を守るべきなのか?平等ってなんなのか?そんな事を考えさせられる。東海テレビさすが。
>|