ヤクザと憲法の作品情報・感想・評価

ヤクザと憲法2015年製作の映画)

上映日:2016年01月02日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

暴力団対策法、暴力団排除条例が布かれ、ヤクザは全国で6万人を割った。この3年で2万人が組織を離脱した。しかし数字だけでは実態はわからない。ヤクザは、今、何を考え、どんな暮らしをしているのか? 大阪の指定暴力団「二代目東組二代目清勇会」にキャメラが入る。会長が15年の実刑判決を受けた殺人事件は暴対法のきっかけだとも言われる。組員の生い立ちとシノギ、部屋住みを始めた青年と実の子のように可愛がるオジキ…

暴力団対策法、暴力団排除条例が布かれ、ヤクザは全国で6万人を割った。この3年で2万人が組織を離脱した。しかし数字だけでは実態はわからない。ヤクザは、今、何を考え、どんな暮らしをしているのか? 大阪の指定暴力団「二代目東組二代目清勇会」にキャメラが入る。会長が15年の実刑判決を受けた殺人事件は暴対法のきっかけだとも言われる。組員の生い立ちとシノギ、部屋住みを始めた青年と実の子のように可愛がるオジキ、そして、組員の逮捕、家宅捜索の瞬間がやってくる…。会長は「ヤクザとその家族に人権侵害が起きている」と語りはじめた。ヤクザと人権…。一体、何が、起きているのか?

「ヤクザと憲法」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.0
うーん、微妙なスタンス。

本作はどっちかと言えば憲法第14条「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」を重視しており、反社会的勢力として暴力団やその家族が様々な制限(生命保険に入れない、銀行口座が開設できない、子供が幼稚園に行けない...)を受ける現代社会に警鐘を鳴らしていると考えることが可能である。

自分のスタンスは少し違って、イリーガルな領域でいわゆる「しのぎ」を得る団体である以上、「法は守ってくれない(法に守ってもらおうとなんて思っていない)」ことが前提なんでしょ?というスタンスである。

ここで微妙になるのは「法が守らない(守ってくれない)」相手が組の構成員だけなのか家族も含めて良いのか、という点であろうが、生計を一にする限り、その「区別」を社会的・常識的に一般市民や行政組織、法順守で縛られた民間企業に求めるのは「酷」というものであろう。本作の扱うように「司法」が最後の砦なのでしょうけど。

ミイラ取りがミイラになるという言葉があるが、東海テレビのスタッフもそうなっていないか。

※とはいえ、ヤクザ組織については本作ではないが、とても示唆深く、サラリーマンもぜひ参考にすべきだと思っている。ちなみにお薦めは、「ヤクザに学ぶ組織論 (ちくま新書) 」。我々一般ビジネスマンの様々な局面で参考となることがちりばめられています。
カエル

カエルの感想・評価

3.9
先入観なくぼーっと見て欲しい。

ぼーっとみてることはできないと思うけど。

見入ってしまうと思うけど。

先日みた『万引き家族』を見終わった後に思い出した映画です。

社会的弱者って誰がまもってくれるんでしょう。
自己責任?

見終わったらグルグルいろんなことが頭の中で湧き上がってきて心がしめつけられて、けっこう辛いです。

でも見て欲しい映画です。
川口組長がカッコよすぎて目が離せない。
mas

masの感想・評価

4.0
誰がやくざなのか、そこらへんにいる人もやくざなんじゃないか。やくざにも生活があるんだ、人間なんだ。 という新しい見方。おもしろい
tohta

tohtaの感想・評価

3.5
常に緊張感が漂うが、組長が出てくるとそのボルテージが一気にあがる。
逆に、組長が出てくるだけでホッと安心することもある。
組長が最高の被写体であった。

カメラマンがただのテントに対して、「マシンガン…とか…ではないですよね?」って振り絞って聞いちゃうところ最高。
Veilchen

Veilchenの感想・評価

4.0
あの下っ端くんは今どうしているんだろう…
HiroShira

HiroShiraの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

暴対法にやられている側の取材なので、そうじゃない方の本音の言い分を聞かないと何とも言えない部分はあれど、この映像を見ただけやと体制側のやり口がひどいなぁ、と。

部屋住みの彼が、「今のやり方やと、学校で風変わりな奴がおったら、いじめてええことになる。気に食わん奴おってもお互いに我慢しながらおれる社会がええ社会やと思う。」っていうような旨のことを言ってたのが印象的で、共感できる部分があった。
yutonishio

yutonishioの感想・評価

3.5
大阪西成地区の指定暴力団の日常に密着したドキュメンタリー

ヤクザも人間。
そんな彼らにフラットに接する、西成に生活する人達の懐の深さたるや。

とりあえず東海テレビの取材力に脱帽。

どうやってコンタクトを取ったのか、どうやって撮影交渉したのか、公開後どうなったのか。アナザーストーリーに思いを馳せずにはいられない。

興味本位で裏の世界を覗きたい人にむけて、本作はあまりにもリアルに、そして喜怒哀楽が絶妙なバランスで作られてる、とても面白かった!

印象的なのは詐欺罪で逮捕されるの件。なるほどーと思った。あとは部屋住のあの2人のメガネ、良い感じすぎる。笑
napppk

napppkの感想・評価

-
組長がかっこいい
>|