ヤクザと憲法の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ヤクザと憲法2015年製作の映画)

上映日:2016年01月02日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

「ヤクザと憲法」に投稿された感想・評価

ruriruris

rurirurisの感想・評価

3.8
カメラの前なので、これがヤクザの全て包み隠さない姿だとは思わないけれど、法は誰を守るべきなのか?平等ってなんなのか?そんな事を考えさせられる。東海テレビさすが。
show

showの感想・評価

4.2
暴排法以降、暴力団員の生活はさまざまな場面で制限されるようになった。銀行口座がつくれない、ローンが借りられない、幼稚園を追い出される…。暴排法が、「法の下の平等」を明記した日本国憲法に反するかどうか、見る者に鋭く突きつけた作品である。

その鋭さは、単に「暴力団は危険だから、反社会的だから」「いや、人は差別をしてはいけない」という原理レベルの対立にとどまっていない。暴力団員の境遇やパーソナルヒストリーにまで踏み込んだことによって、その鋭さが生み出されている。ヤクザにならざるをえなかった人々の存在を明らかにすることで、「ヤクザに人権はあるのか」という問題を改めて問い直している。

この映画は、私たちが当然のように考える「~~だから排除してもよい」「~~だから差別されても仕方が無い」という思考回路を激しく揺れ動かす。「ハンセン病だから排除してよい」「朝鮮人だから差別してよい」という考えがあるように、「~~だから」の「~~」の部分は、時代や社会によって容易に入れ替わるものである。だとすれば、その「~~」が、今のほほんと生きているぼくたちの何らかの属性にならないという保障が、どこにあるのだろうか。そういうことまで考えたうえでヤクザの排除の問題を考えろと、この映画はぼくたちに突きつけている。
やーさんも色々大変なんやねえ。あの若い子どうなってるんやろか。途中寝た
カエル

カエルの感想・評価

3.9
先入観なくぼーっと見て欲しい。

ぼーっとみてることはできないと思うけど。

見入ってしまうと思うけど。

先日みた『万引き家族』を見終わった後に思い出した映画です。

社会的弱者って誰がまもってくれるんでしょう。
自己責任?

見終わったらグルグルいろんなことが頭の中で湧き上がってきて心がしめつけられて、けっこう辛いです。

でも見て欲しい映画です。
Newshinero

Newshineroの感想・評価

3.4
給食費をヤクザの子供だからって受け取ってもらえないとか可哀想な子供だ〜て思った!ラストは言い訳にしか聞こえなくて失笑〜
川口組長がカッコよすぎて目が離せない。
mas

masの感想・評価

4.0
誰がやくざなのか、そこらへんにいる人もやくざなんじゃないか。やくざにも生活があるんだ、人間なんだ。 という新しい見方。おもしろい
t

tの感想・評価

3.5
常に緊張感が漂うが、組長が出てくるとそのボルテージが一気にあがる。
逆に、組長が出てくるだけでホッと安心することもある。
組長が最高の被写体であった。

カメラマンがただのテントに対して、「マシンガン…とか…ではないですよね?」って振り絞って聞いちゃうところ最高。
Veilchen

Veilchenの感想・評価

4.0
あの下っ端くんは今どうしているんだろう…