ビニー/信じる男の作品情報・感想・評価

ビニー/信じる男2015年製作の映画)

Bleed for This

上映日:2017年07月21日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

アメリカ、ロードアイランド州プロヴィデンス。自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界スーパーミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い周囲の人間たちは離れていく。だがビニーは諦めていなかった。彼は命を懸けトレーナーのケビンと共に、どん底から王座奪還をめざす。

「ビニー/信じる男」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.3
「これは作り物じゃなく本物の『ロッキー』なんだ」。モデルとなったビニー・パジェンサ本人はそう言って涙したという(公式ウェブ)。

うぬぼれ屋のボクサー、ビニー。世界タイトルを獲得するも、自動車事故で首を骨折する。医師から選手生命の終わりを告げられるも、ビニーは安全だが復帰の道を絶たれる手術ではなく、リスクの高いハローという手術を選択。首回りに金属の装置を付けるビニーの姿はあまりにも痛々しい。誰もが復帰はありえないと思い、プロモーター、ガールフレンドは去っていく。

それでも、自らの復活を信じて、あきらめないビニーは、自宅の地下室から命がけのトレーニングを開始する。それに気づいたトレーナーと二人三脚で王座奪還を目指す。

クライマックスの復帰戦でグッときたのが、ラウンド終盤、劣勢を跳ね返すきっかけとなるトレーナーの一言。交通事故からの件をじっくり観てきたのは、この一言のためにあったと言っていいくらい。

そして、何がビニーを突き動かしたのか。次の会話がその理由を端的に示している。

「復帰はあきらめろ。命にかかわると医者が言ったろ」

「どんな命だ? 寝ているだけの命か?」

命がけのビニーの挑戦は、試合に勝てば称賛され、無残に負ければ非難を浴びるかもしれない。しかし、勝っても負けてもビニーが自分自身に納得していることは間違いないだろう。

才能はあるけれどいい加減そうなキャラクターのビニーに、いまいち入り込めなかった。しかし、人の美しさは、命をかけてでもやりたいことがあり、それをやるかどうかで決まってくるのであって、私の感情とは本質的に無関係なのだ。ビニーのおかけで、少しだけ自由になれた気がした。

●物語(50%×4.5):2.25
・復帰戦のトレーナーの一言が輝く脚本が好き。うぬぼれやで、自分的好感度低めの男がまさかの頑張り。自分の人を見る目を変えてくれたかも。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・ビニーを演じた『セッション』のマイルズ・テラーの体づくり、演技、素晴らしい。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・陰影が美しかったかな。
nagata

nagataの感想・評価

5.0
ボクシング映画は反則技が多い。
映画館で見なかったことを後悔。
これは実話とは思えない。
アーロンエッカートとマイルズビニーテイラーに花束を!超名演。
見終わった後、12ラウンド戦い終わったあとみたいにまぶたが腫れ上がってたとな。
めちゃくちゃ良い映画。爽やかー!!
RyongYaKim

RyongYaKimの感想・評価

3.4
物語としては素晴らしいし実話やしとんでもない話なんやけど、映画としては少々物足りなさはあったかな。

信じる力は偉大て事やな。
ラストシーンが胸熱です!
TNK

TNKの感想・評価

4.3
諦めることが簡単なのが怖いんだ。再起不能からの復活劇。
ビニー・パジェンサ凄すぎる!
mayuchi

mayuchiの感想・評価

3.5
【2018年12作目】

大事故で首を骨折し、ボクサーの道を一旦はたたれてしまうビニー。
しかし彼はまたもう1度、リングに上がる事だけを胸に、再起を掛ける!
実在するボクサー、ビニー・パジェンザの実話。

普通でも首を骨折したら、その後の生活には不安が募る。
しかしビニーは普通の生活を望んだ訳じゃない。
ボクサーとして再起出来るかを医師に訊ねる。
もうここからして、普通の人とは次元が違うなと思いました。

こういう勝負事の世界で生きてる人は、負けて引退するならまだしも、それ以外の理由で引退するのは避けたい事なんでしょうね。

ビニーの場合、試合での怪我ではなく、事故での怪我なので、どうしても引き下がれなかったのかと。

ビニーは頭蓋骨をボルトで固定する、ハロー手術を希望した。
これがまた痛々しい。
実際に病院でしている人を見た事がありますが、もし私なら即座に器具の周りを緩衝材でぐるぐる巻きにしてほしいくらい。
けど、これならボクサーとして再起出来るかもと言われれば、多くのボクサーはハローを望むんだろうなぁ。
いや・・・どうかなぁ?

その後のトレーニングでは、スパークリングの相手を皆やりたがらない。
それは分かる。
もし自分の1発でまた首が折れたらとかって考えるのが普通ですよね。
でも徐々に小さな試合も出来るようになってからは、もう生き生きしていましたね。

ボクシング映画にハズレなしと言われますが、確かにそうかもしれない。
本作もとても良かった。

闘う男の姿は、やはり絵になります。
不屈の精神を見せてもらえました。

これが実話なのも驚きましたが、一瞬誰だか分からないくらいに変わってたアーロン・エッカートにも驚きました(笑)
Hakhakhak

Hakhakhakの感想・評価

3.1
みてられない
love1109

love1109の感想・評価

3.8
「この世には3種類の人間がいる。ボクシングをする人間としない人間。それともう1種類、ボクシングをする為に生まれてきた人間」というのは、ある映画をみた、千原ジュニアのコメントだけど、この映画の主人公ビニーもまた、ボクシングをしなければ死んでしまうタイプの人間だ。何人たりとも止めることのできない、どん底からの、孤独で、果てしのない闘い。ボクシング映画はいつも、倒すべきは相手ではなく、自分であることを教えてくれる。
どんな逆境にあっても自分を信じてがんばるってすごい!
「人生は単純!勝てばいいだけ」
>|