ビニー/信じる男の作品情報・感想・評価

ビニー/信じる男2015年製作の映画)

Bleed for This

上映日:2017年07月21日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

アメリカ、ロードアイランド州プロヴィデンス。自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界スーパーミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い周囲の人間たちは離れていく。だがビニーは諦めていなかった。彼は命を懸けトレーナーのケビンと共に、どん底から王座奪還をめざす。

「ビニー/信じる男」に投稿された感想・評価

嘔吐シーンの無いボクシング映画‼︎
私が観るボクシング映画は必ずや嘔吐シーンがあったのだが、本作は一切無し。

ファィトシーンもかなり本格的であり、主役のマイルズテラーが本当のボクサーのようだった。

セッションのジャズドラマー役も取り憑かれていたが、本作もなりきりぶりは半端無い。役作りが素晴らしい‼︎

実話というだけに内容も濃くて引き込まれた。ボクシング映画好きの方は必見です。

ちなみに私のベストバウトは輪島功一vs柳済斗(韓国)のリベンジマッチの王座返り咲き‼︎

⭐️教訓⭐️人間どんな状況に陥っても諦めたら負け。投げたらアカン‼︎
途中まで観ていたが手術のシーンで自分の頭にドリルで穴を開けた手術が蘇り気分悪くなり中断!

気を取り直して再開。
「諦めるのが簡単なのが怖い」
この言葉通り諦めずに再起を目指し再びチャンプに! (教訓)

実話ならではの感動ストーリー❗️

お父さんの言葉が実に良い!

ボクシング映画は良品が多いですネ。
監督、ベン・ヤンガー!あの『マネー・ゲーム』の!と思ったら、観てなかったです、その映画。『マネー・ボール』と勘違いしちゃった。てへ♡(と舌を噛み切る)

マイルズ・テラー!あの『セッション』の!流石に観てまーす。正直言ってまあまあ冴えない外見だと思うのですが、コレがもう凄く良い。憑依型なのですね。jazzmenもboxerも、本物っぽい凄みが漂ってます。どちらも人種としては破綻型では有りますね…。
格闘技は意外と嫌いな方でも無いのですが、ボクシングはよく分からなくて(オタクにありがち)、今作に出てくるロベルト・デュランはギリで知っているのですが、主人公ビニー・パジェンサの事は全く知りませんでした。この人のストーリーがもう、とにかく壮絶です!掻い摘んで言えば〈キャリアの絶頂期に事故で首を骨折。医者からは歩けるかどうかすら疑問視されながら、奇跡の現役カムバックを果たして…〉というか感じなのですが、字面で見ると「へぇ」くらいの感慨しか湧かないこのお話も、迫真の演技と丁寧な描写の積み重ねで見せられると、本当に奇跡を目の当たりにしているように思えて来ます。
劇中に登場するハローベスト(ハロプロのベスト盤では無いですよ!骨折までは治りません!)という器具が有るのですが、ラグビーの防具みたいな形状の硬質素材のベストから突き出た金属フレームに頭蓋骨をビス留めするという凶悪にシンプルなもので、確か元女子プロレスラーの北斗晶さんが試合で首を折られた時に付けていたヤツだと思うのですが(オタクにありがちな偏った知識)、装着時の拷問感と装着しての生活のストレスフルな感じに完全に心がやられます。花粉症とかでグダグダ言うのが申し訳なくなりますね…。
普通の感覚でしたら椅子に縛り付けてでも、女房を質に入れてでも復帰を拒むところですが、ビニーの狂気に絆されて周囲も徐々に復帰をバックアップするようになっていきます。この、なんというか、ボクシング周辺の人間の独特のヤバみも物語にコクを与えている。というか、はっきり言ってボクシング界隈のホモソーシャル感が、見ちゃダメなものを堂々と見ているみたいで“イイ”んです…。
尋常ではない熱狂状態の中迎える復帰戦、その結末は恐らく『レスラー』の様な悲劇…と思いきや。ここが個人的な一番の驚きでした。事実は小説より奇なり!神様はドラマの定石が分かってない様だから、スピルバーグとかちゃんと観て欲しい。まあ、観終えて見ると、意外と深く考える様な複雑なテーマは無いので、シンプルにやる気を出したい時などにピッタリだと思います。おススメ!

蛇足というか、捨て置けないので書きますが、俯瞰での自動車の追突シーン。コナミ社のビデオゲーム『ロード・ファイター』そっくりなのです!完全一致。ホントにワザとなんじゃないかな?
…実はわたくし、オールドゲームには少々興味がありましてね…はぁはぁ(オタクにありがちな共感出来ない情熱)
Makyu

Makyuの感想・評価

3.5
あらすじにひかれて観賞。
一度も不可能だなんて思わずに、当然のように再起に立ち向かうビリーの姿に感動。
ただ、少しあっさりしている印象。
切身

切身の感想・評価

3.5
再起不能と言われたスポーツマンが夢を諦めずに再起する定番の実話のやつ。
そうだなぁ、結構あっさりしている印象。簡単に勝利できるように見えてしまい、本当はそんなことないだろうに至極惜しい。
kojiメン

kojiメンの感想・評価

3.5
二つの死闘を制覇した、ファイター。
驚愕アンド絶句!アンドリスペクトだぜ^ ^
あの「石の拳」ロベルトデュランを復帰戦で‥
学べ、ジャパニーズボクサー。
これぞ本当のボクサーだ。
unapix

unapixの感想・評価

3.8
クレイジーすぎ(笑)これが実話って知りながらみたものの意味がわかんな。。。ビニーはボクシングをやっていなかったら、何をしていたと思う?という質問にそんな事を考えたことがないと答えなかったらしいけどそれはマジなんだと思った。冗談抜きで5歳からの数分、数秒もボクシングから離れずに生きたのだろう、、そして限界を超えて、運命を力尽くで捻じ曲げてしまった男。。。ボクシング好きな人には物足りないっぽいけど特に拘りのない私には気にならず。身体作りのために22キロ増量したってだけでかなり凄いですけどね。しっかし何度も止めたくなる痛々しさ😢セッションに続きマゾ君すぎるよ、、それでも見る事をやめられない、手に汗握ってみた、疲れた(笑)そんなにハマらなかったけどこの演技で3.8万点。。いやぁ登場の演出かっこよ、、選手としてのカリスマ性が爆発してクラックラしますこの人まじでかっこいい人だ、、マイルズテラーが演じる某ランドも見てみたかったものです😢
OG

OGの感想・評価

3.8
「どうしてアメリカではボクシング映画が多いのかなぁ」
そんなことを考えながら鑑賞していました☺︎
そうは言っても実話を元にしたというこの作品は、やはり見入ってしまう☺︎
邦題と原題の違いも気にならないほどに☺︎

最近吹き替え版でばかり洋画を観ていましたが、やはり字幕で観ると臨場感が伝わり、スマホいじりなどで目を離さないから良いのかなぁと感じました☺︎
BDレンタルにて初鑑賞。
ハリウッド製ボクシング映画はどれを素晴らしい。個人的には勝者を敬い敗者を讃えるシーンが無かったので、主人公は「最後まで嫌な奴」で終わったかな...
>|