カルテル・ランドの作品情報・感想・評価

カルテル・ランド2015年製作の映画)

Cartel Land

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。…

メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。二つの組織は徐々に勢力を強めるが、組織の拡大とともに麻薬組織との癒着や賄賂が横行してしまう。正義の元に掲げた旗は徐々に汚れ、善と悪のボーダーラインは不鮮明になっていく…。映画監督のマシュー・ハイネマンはメキシコ麻薬戦争最前線に乗り込み、決死のレポートでメキシコとアメリカの魔の連鎖、そして、肥大化した組織がたどる皮肉な秩序の崩壊を暴いていく。

「カルテル・ランド」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
衝撃は衝撃なんだけど、体裁を整え過ぎた映画的な編集感覚が、緊張感を削いでいる。これがある種の西部劇なんだというレビューはブログにて。↓

http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/cartelland
ただただ凄い映像。後半これがドキュメンタリーなことに慣れるけど、でもやっぱり本当にこれを現地で撮ってるのだとしたら凄い。頭がおかしい。面白い。エロいジジイ。
どちらの組織も同じ人間によって構成されているのであり、ある意味ではどちらも行き着く先は同じなのかもしれない。それに抗う手段は果たして存在するのだろうか。
監督による危険の孕む最前線での取材には素直に賛辞を送りたいが、近年取り上げられるドキュメンタリー映画は決死のレポート系が多過ぎないか。

このレビューはネタバレを含みます

ちょっともう、ドキュメンタリーとして凄すぎる。RBSSの時も思ったけど撮ってるマシューハイネマン監督どういう肝の座り方してるの。これがネトフリにある事実よ、広まれ。

知見
・自警団
自分がやっていることは正しくて相手は悪だと「信じている」と語る。しかし、カルテルと同じことを自警団は繰り返す。正義の象徴であったミレレスは自分が作った自警団に排除され、もともと守りたかった家族も失う。「自分の責任。これが人生」、リーダーの孤独と愛人。連邦警察に組み込まれた自警団の誇らしげな笑顔、バッヂや強い武器。
・麻薬組織
「あんたたちと同じようにきちんと働きたいだけ」と語る。貧しいから、仕方がない。カルテルは終わらない。麻薬を売った金が自警団の武器に、しいては連邦警察の一部となると語るメンバーの胸には連邦警察のマーク。
・連邦警察
正しさの象徴みたいなクリーンな笑顔、握手、講演会。その裏で自警団の悪印象を流し、カルテルとの繋がりが示唆される。法律ってなんだ???正しさってなんだ???

むしろ一番状況を冷静に見ているのは麻薬組織カルテルではと思わせる、だれも正しくない、「信じる」とはなんだと問いかけるとても良くできた作品。ドキュメンタリーであることが信じられないけど、事実。
MU

MUの感想・評価

4.0
自警団とカルテル、立場は違えど境遇は一緒なんだなと。
ミレレスの女癖の悪さから、彼にも自警団から裏切られるような何か裏があるような気がしてならない…
yukar

yukarの感想・評価

3.0
見てて辛くなるドキュメンタリー
正義心を持ち立ち上がった自警団団長の心苦しい心情がうまく映されている
2013年のアメリカ、メキシコの話とは思えない状況を緊張感満載でリアルに取材している
希望のないお先真っ暗なストーリーで人にはおススメできない
気分も落ちまくってナルコスみたいな作品も見る気なくなってしまった
ドキュメント映画「皆殺しのバラッド」とセットで観ると
より一層、ヤバさが増す。

そしてその後で
「悪の法則」「ボーダーライン」
等の麻薬カルテル絡みの作品を観ると
恐怖が倍増すること間違いなし。

しっかしこの作品
よく撮影したなとつくづく感心してしまう。
むろ

むろの感想・評価

3.8
ドキュメンタリーとは思えない
Wily

Wilyの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーっていうのがやるせなく辛い。。
>|