カルテル・ランド(2015年製作の映画)

Cartel Land

上映日:2016年05月07日

製作国:
  • メキシコ
  • アメリカ
  • / 上映時間:100分
    監督
    マシュー・ハイネマン
    あらすじ
    メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。二つの組織は徐々に勢力を強めるが、組織の拡大とともに麻薬組織との癒着や賄賂が横行してしまう。正義の元に掲げた旗は徐々に汚れ、善と悪のボーダーラインは不鮮明になっていく…。映画監督のマシュー・ハイネマンはメキシコ麻薬戦争最前線に乗り込み、決死のレポートでメキシコとアメリカの魔の連鎖、そして、肥大化した組織がたどる皮肉な秩序の崩壊を暴いていく。

    「カルテル・ランド」に投稿された感想・評価

    衝撃は衝撃なんだけど、体裁を整え過ぎた映画的な編集感覚が、緊張感を削いでいる。これがある種の西部劇なんだというレビューはブログにて。↓

    http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/cartelland
    これは凄い!ドキュメンタリーってのを忘れてしまってました。
    小説の犬の力からカルテルを読んで、その流れで鑑賞。
    本当に小説まんまの世界がメキシコで起こってました。
    権力をもってしまうと、自分に利益がある方に行ってしまうのは人間の性でしょうか。
    にしても最後は救われない。衝撃作。

    日本に生まれてよかった。
    終わりなき麻薬戦争に立ち向かうには自警団が乗り出してくるのも仕方ないとは思うのだが、個人的に自警団というものが時代や地域がどこであれどうも好きになれず、本作においても実にその好きになれない理由がまんまと登場する。癒着とかそんなんじゃなく、正義感の暴走、またはそれを隠れ蓑にした暴力衝動の発露が俺はとても嫌いなのです。ということでなかなかに見応えのあるドキュメンタリーだが、自警団がダメになっていく過程が急展開というよりも単にかなり急ぎ足で、いろいろ危険な状況下で取材撮影している以上は映像素材にも限界があるんだろうけどそこんところがやや残念。でもドキュメンタリーを超えていちいち画面がカッコいい「映画」でもあった。
    すごくドラマのようなドキュメンタリー。
    ドキュメンタリー映画。
    需要があるから、と言ってしまえば
    それまでだけど。
    負の連鎖が、止まらない。
    知らなかった…メキシコでこんな…。
    ほんと…どうしたら連鎖が絶ちきれる
    んだろうか。

    ボーダラインの流れで鑑賞。
    ドキュメンタリー映画なのでリアリティに関しては流石に雲泥の差ですね。

    メキシコとアメリカの麻薬戦争。正義の旗掲げて自警団を率いた1人の町医者を中心に対麻薬カルテルにどう立ち向かっていくのかという話。映る映像はかなり過激な内容となっている。そして報われなさは異常である。

    結局、正義のヒーローは神にはなれなかった。何も変えられなかった。そんな暗示めいたラストカットだった。

    それでも命懸けの撮影には感服。
    麻薬戦争 正義 善悪 ミレレス セタス
    麻薬カルテルから家族や地域を守ろうと自警団を作り上げ最後は政府の圧力によって今も身柄を拘束されている医師ホセ・マヌエル・ミレレスを中心に撮影されたドキュメンタリータッチの作品
    >|