カルテル・ランド(2015年製作の映画)

Cartel Land

上映日:2016年05月07日

製作国:
  • メキシコ
  • アメリカ
  • / 上映時間:100分
    監督
    マシュー・ハイネマン
    あらすじ
    メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。二つの組織は徐々に勢力を強めるが、組織の拡大とともに麻薬組織との癒着や賄賂が横行してしまう。正義の元に掲げた旗は徐々に汚れ、善と悪のボーダーラインは不鮮明になっていく…。映画監督のマシュー・ハイネマンはメキシコ麻薬戦争最前線に乗り込み、決死のレポートでメキシコとアメリカの魔の連鎖、そして、肥大化した組織がたどる皮肉な秩序の崩壊を暴いていく。

    「カルテル・ランド」に投稿された感想・レビュー

    masayaan
    masayaanの感想・レビュー
    2016/07/05
    3.0
    衝撃は衝撃なんだけど、体裁を整え過ぎた映画的な編集感覚が、緊張感を削いでいる。これがある種の西部劇なんだというレビューはブログにて。↓

    http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/cartelland
    akira
    akiraの感想・レビュー
    1日
    3.8
    フィクションよりもフィクションらしいドキュメンタリー、、。嘘やろ、、、と言いたくなる。
    国を変える為立ち上がった者達が皆年配なのが気になった。若者が思考を働かせられない。身体が動くのは身の安全と快楽のみ。メキシコという遠い国の話で終わらせられない痛みが観た者に残るようになっている。
    ss
    ssの感想・レビュー
    1日
    -
    麻薬カルテルと自警団。
    そこには警察も政府も介入していない不思議な構図。
    不思議と思うのはきっと日本人だからだろうか。

    観てるうちに何が悪で善なのかがわからなくなる。
    身内が無残に殺されたら、やり返したくもなる。
    そんな理不尽な環境から抜け出したいとも思うのは自然なこと。

    世界の広さ、惨さを知りうんざりする。

    2017/5/14
    ホラ依存
    ホラ依存の感想・レビュー
    2017/05/15
    4.0
    これを観ると日本に生まれて良かったとつくづく思う。

    あとメキシコ麻薬戦争というルポルタージュ本を併用するとさらにハイでディープな体験ができます。
    真面目な冗談
    真面目な冗談の感想・レビュー
    2017/05/14
    4.0
    この命懸けなドキュメンタリーを見れば、我々日本人が如何に安全な国で平和に守られているかが実感出来るに違いない!

    住民も、カルテルも、自衛団も、警察も、軍隊も、政府も、簡単にゎ信用出来ず、悪を内包した組織に囲まれて、何を信じ何に頼って人々ゎ生きているのだろう?

    強盗ゃ略奪を行った自衛団を合法組織に組み込む政府
    汚職ゃ犯罪で警察をクビになったら、再就職先がカルテルって、どんな世界だ?

    国土も狭く、隣国とも接してなく、単一人種で成り立ってきた日本ゎ本当に天国みたいな国だね!...だね?

    ( ̄^ ̄)
    映画初心者
    映画初心者の感想・レビュー
    2017/05/10
    4.0
    トランプ米大統領が大統領選の時に「メキシコ国境に壁を建設する」と言い、それがアメリカ国民にある程度支持された理由がよくわかるドキュメンタリー映画。

    メキシコでは武装した犯罪組織が「他の犯罪組織から守る」という名目で一般の人々に上納金を課し、断れば虐殺される。警察、政府も賄賂と癒着で一般市民を助けるどころか放置する始末。そこで一人の町医者ミレススが立ち上がり自警団を組織、麻薬カルテルを取り締まっていくのだが…

    自警団結成したはいいが、規模が大きくなるにつれてリーダーのミレススが自警団をコントロールできなくなり…
    とまあこの手の話ではお決まりのパターンの話なのですが、これがドキュメンタリーだというのが凄い。映画のような展開でドキュメンタリーなのか一瞬疑ってしまいました。あと、みんなプロの役者さんじゃないのと思うぐらいキャラが立っててびっくりしました。
    あのラストシーンを見るとこの世に神様なんていないんだなとつくづく実感します。

    アメリカの自警団が不法移民のせいで仕事がもらえないと言っていましたが、結局それが見過ごされているのは、経営者側にとっては自国民より安い賃金で雇えるから。
    またメキシコの麻薬カルテルがなくならないのも政府の人間が賄賂をもらいグルになっているから。
    結局金持ち、権力者が得をするようにできているんだなと改めて実感させてくれる映画。
    サン
    サンの感想・レビュー
    2017/05/09
    4.0
    クレイジージャーニーを深く掘り下げた版 陳腐な言葉だけど人間の欲がいちばんこわい、あとカメラマンすごい
    nshur
    nshurの感想・レビュー
    2017/05/08
    5.0
    目を背けてはいけない現実、という体だが、インタビューされている人たちが全員脚色なしに話しているとは限らないことを忘れないでおきたい。
    新川敦史
    新川敦史の感想・レビュー
    2017/05/06
    4.0
    麻薬問題にRage Against the Machineしてもダメだわ。運が良くて、『ボーダーライン』くらいの利己的な抵抗程度。
    武倉悠樹
    武倉悠樹の感想・レビュー
    2017/05/06
    3.5
     腐敗した社会で麻薬を収入源にする犯罪組織、カルテル。それと戦うメキシコ国内、ミチョアカン州の自警団と、カルテル達がアメリカに麻薬や不法移民の越境の斡旋のために訪れる、アメリカのアリゾナ州、メキシコ国境沿いの町の自警団を交互に描いたドキュメンタリー。

     切り落とされた首が転がってる画が映されたり、被害者女性が虚ろな目で凄絶な残虐行為を語ったりと、凄惨な日常が横行するメキシコ。そんな日常を変えるために立ち上がった人達を追った正義のドキュメンタリーとして幕を上げたは良いが、中身はドンドンと変容していく。暴力と恨みの、そして、肥大化し力を持った組織がいつしかその理念を忘れ、その強大な力を持ってして叶える欲望の為の暴走を止められなくなるという、負の連鎖が浮き彫りに成り、平和は訪れない。そもそも作中で悪の組織として描かれているカルテル「テンプル騎士団」がもとより、犯罪組織を叩くための組織であったというのだから、根は深い。
     冒頭で、カルテル達が麻薬を密造しているシーンが映し出されるが、悲しいかな、ラストも同様のシーン。自警団すら飲み込み、腐敗と癒着の構造の内に取り込んで行く闇の深さは底が見えない。
     
     結局、ミチョアカンの自警団は、強大になった自らの影響力に呑まれ、カルテル、警察と言う癒着構造に身を寄せることになり、脅かされるのは市民の安寧。指導者であったミレレス医師も、変容した組織にその座を追われ、家族のために始めたはずの活動が肥大化していった結果、その大事だった家族をすら失うことになってしまう。
     救いはそこにはない。

     他の作品評を見る限りあまり触れられてない気がするのは、もう一方で描かれているアリゾナの自警団の方だ。彼らは作中ではまだ、組織の理念の崩壊にはいたらず、それを主導するフォーリーは、誰かが本当に、現状を憂い行動をすれば世界は変わるのだという理念を力強く語る。
     
     メキシコサイドのみで作られていれば、もしくは、アリゾナサイドも同様の負の連鎖に飲み込まれていっていれば、この作品が描き出すテーマは格段に分かりやすくなったろうと思うが、そうでない事がこの作品がよりノンフィクショナルに作られ、この映像に収められていることが、映画やそれを見るものの都合に収まらない現実なのだと思わされる。

     そしてもう一つ、アリゾナサイドが描かれているのには大きな意味がある。彼らを見てて気付かされるのは、一つの犯罪組織をそれを巡る二つの自警団の構造の皮肉さと残酷さだ。
     メキシコがその北部に仰ぐのは世界一の経済大国アメリカであり、麻薬の卸先も勿論、アメリカが一番である。アメリカとメキシコ、引いてはそこを玄関口に利用して麻薬で糊口を凌ごうとする貧しい中南米の国々の経済格差が、この混迷の遠因であることは間違いない。そして、フォーリーはその格差が国内に現れた時に、その職を追われ、家を失いアリゾナの地に流れ着いている。アメリカという巨大な経済の歯車からはじき出された鬼子である麻薬カルテルと、同様の鬼子である退役軍人のフォーリーが争うという構図がいかに皮肉で残酷なことか。
     アメリカ国内の多くの地域では、自警団と称し、軍隊の真似事をしている不穏な組織が存在すると報道されているフォーリー達自警団。彼が守るのは勿論自分達の街だが、その背中に居る、彼らを守ってくれないアメリカでもある。そして、その敵は、アメリカが生み出し、切り捨てた貧困の果てに深い闇の連鎖に取り込まれた亡者たち。まさに彼らはボーダーに立っている。

     壁一つでどうにかなる問題でもない。蓋をしたその向こうにも、平和な日常を求める無辜な人々が居ることが重い。
    >|