カルテル・ランドの作品情報・感想・評価

カルテル・ランド2015年製作の映画)

Cartel Land

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。…

メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。二つの組織は徐々に勢力を強めるが、組織の拡大とともに麻薬組織との癒着や賄賂が横行してしまう。正義の元に掲げた旗は徐々に汚れ、善と悪のボーダーラインは不鮮明になっていく…。映画監督のマシュー・ハイネマンはメキシコ麻薬戦争最前線に乗り込み、決死のレポートでメキシコとアメリカの魔の連鎖、そして、肥大化した組織がたどる皮肉な秩序の崩壊を暴いていく。

「カルテル・ランド」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
衝撃は衝撃なんだけど、体裁を整え過ぎた映画的な編集感覚が、緊張感を削いでいる。これがある種の西部劇なんだというレビューはブログにて。↓

http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/cartelland
いつ死んでもおかしくない状況の中で、よくここまでしっかり状況を映すことができたなと思う。

冒頭と最後の映像は麻薬を密売するカルテル側の映像で衝撃を受けた。どうやって撮影許可貰えたのかな……

メキシコ麻薬戦争については、自分は何も知らずにこのドキュメンタリーをみたんだけど、想像よりはるかに惨すぎて現実のことと思えるものではなかった。世界でこんな戦争が起こっているよっていうのを教えられて、目を向けさせられたドキュメンタリーだった。

カルテルの人たちはどうして無差別に人を殺すのか、理由が全く分からない。政府がカルテルに手を出せない理由もイマイチ分からない。自警団がどの街を守っていてどこの住民の同意を得られているのかいないのか、そこも知りたいと思った。

自警団の中でもごちゃごちゃしていくのを知って、正義とは何なのか分からなってしまった。

死体とか普通に映って、びっくりした。
正しい事をやろうとしたが悪が勝った。構造的にはメキシコは日本と同じかもしれない。
映画『ボーダーライン 』好きな人……集合〜!
そうでない人も是非!皆んな観ればいいのに映画 !

2006年から続くメキシコ麻薬戦争の最前線を追ったドキュメンタリー

日本では考えられないレベルの
武装!暴力!武器!殺戮!
国も警察も正義も
もう…めちゃくちゃ‼️

監督がスタッフも連れず自ら一人でカメラを持って自警団に同行して撮影したらしく
突然の銃撃にカメラはブレるわ
走るわ車に転がり込むわ

暴力の連鎖は断ち切れるのか…
フィクションではない真実の言葉たちが
ガンガンと問いかけて来る!


*12/9 DVD鑑賞
”正義が揺らいでも 悪は揺らがない”かぁ…。なるほどねぇ…。

当時30歳の若き監督が、言葉も分からないのにメキシコ麻薬カルテルと、それに対抗する自警団を追った命懸けのドキュメンタリー。

カルテルが町を支配し、罪なき住人を虐殺することが日常化しているだなんて日本じゃまず考えられないし、異世界の話かとさえ思ってしまうね。
実際に誘拐などの被害にあった、もしくは家族を殺された人が語るカルテル共の陰惨なやり口にはゾッとする。

しかしそんなカルテルに対抗しようと、一人の勇敢な医師(ホセ・ミレレス)が立ち上がった。
カルテルと癒着している政府は信用ならないと、自ら銃を持ち、賛同者を集め、自警団を結成。見事カルテルを町から追い出すことに成功!、したかに思えたのだが、肥大した組織は徐々にコントロールが利かなくなり…。

「これホントにドキュメンタリーか!?」と思うような内容が展開します。
編集の力もあるだろうけど、フィクション映画を見ているような感覚。
監督にとっても想定外の展開だったんだろうなコレは。
自警団を追ったドキュメンタリーのはずだが、最終的には何がなんやら。

最後のカルテルメンバーの言葉も、この国での”正義”とは一体何なんだろうと考えさせられるし、国が滅びない限り麻薬カルテルの撲滅は不可能なんだろうな。
shota

shotaの感想・評価

5.0
今年1番面白かったと言える映画。

虚構と現実の合間に存在するような映画で、ノンフィクションとは受け入れられなかったです。

麻薬戦争、みたいな漫画やアニメの出来事のようなものが実際起きているという事実に、考えさせられる事が多かった…。

善きと思ってやっている事も、受け取り手にとっては悪だったり、その逆もあったりこの世の中は複雑なことが多いですね。
アメリカとメキシコの国境警備隊の物語。絶対的な善悪は存在しない。もしそんなわかりやすい構図に出会ったら、きっと疑ってかかるべきなのだ。
モナ郎

モナ郎の感想・評価

4.0
これを見てると絶対的に正しいことなんて世の中にはないんだなと思う(絶対的に悪いことはあると思うけど)。
メキシコの麻薬戦争を巡るカルテルと自衛団の戦いのフィルムでありながら、とても他人事とは思えない何かがあった。日本でも、更に言えば自分が子供の頃にも、このような対立構造を何度も見てきたような気がする。そして思うのだけど、自分のやってることが100%正しいと思ってる人はなんか信用できないし危うい。Noと言えない日本人とは言うけど、YesとNoの中間にあるポイントにこそ問題解決の何かがあるんじゃないかと思いつつ、でも実際はそんな甘くないのかなあなんて、カルテルの実態を見て思ったり。
TeRAVA

TeRAVAの感想・評価

3.6
本日の麻薬カルテルものは、そのまんまなタイトルのカルテル・ランドでした。
善悪の境はわからないし、胸くそ悪いシーンもあるし、やられました。もうこれがドキュメンタリーってのがさらに気分が悪くなりますね。
KYOSUKE

KYOSUKEの感想・評価

4.2
カルテル、自警団、政府…様々な組織が裏でつながり、正義はどこにあるのか…メキシコの複雑さがわかる映画だった…
>|