カルテル・ランドの作品情報・感想・評価

カルテル・ランド2015年製作の映画)

Cartel Land

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。…

メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。二つの組織は徐々に勢力を強めるが、組織の拡大とともに麻薬組織との癒着や賄賂が横行してしまう。正義の元に掲げた旗は徐々に汚れ、善と悪のボーダーラインは不鮮明になっていく…。映画監督のマシュー・ハイネマンはメキシコ麻薬戦争最前線に乗り込み、決死のレポートでメキシコとアメリカの魔の連鎖、そして、肥大化した組織がたどる皮肉な秩序の崩壊を暴いていく。

「カルテル・ランド」に投稿された感想・評価

むせる

むせるの感想・評価

3.5
あまりにも非現実過ぎて、受け入れられない。
日本に生まれてよかったその2
buddys09

buddys09の感想・評価

3.0
なんとなく善悪はつけてたけど、実際はそういうもんではないでしょう
これ観たら日本は島国でよかったと思う。よく国や都市の魅力に「治安」の項目があるが、その意味が分かる。
夜道一人で歩けるのは凄いことなんだと。
あるシーンで死体が映るんだが、モザイク無しなのできつかった。でも、それをありのまま映さないといけないんだよね。今のメキシコが気になる人は必見の作品!
メキシコに行きたくなくなる映画No.1

散々立派な事を言ってた自警団のリーダーのおっさんが急に新入りの若い女子をくっさい言葉で口説きだしたところが唯一の笑い所

ドキュメンタリーなので銃撃が始まった瞬間の緊迫感が生々しくてえぐい

日本に生まれててよかった。税金払おうってなる
「ラッカは静かに虐殺されている」の前作。

これも相当危ないことしてる。
監督とキャスリン・ビグローとの対談で
麻薬カルテルと自警団の構図を通して
勧善懲悪を作品にするつもりだったらしいけど全然違う方向に行ったと述べていた。

カルテル、自警団、政府がある意味ほぼ同じ組織だったり自警団も拷問なんかしてるから善悪の境界線を完全に見失ってしまう。

メキシコとアメリカ、国の境界線を通して政治問題や倫理について上手く問題提起した秀逸のドキュメンタリー映画だと思う。
これだけ最先端の国際問題を取り上げて作品にしてるけど次回作が気になってしまう。
作風はテレビ番組的で好みじゃなかったけど、よくこんな題材を多角的に撮れたものだとそこには感服する。
bb

bbの感想・評価

3.4
カルテルについてすこーし調べてみたんですが、ISよりやばいかもと書かれていたり。
対カルテルを発言した人はことごとく惨殺されてます。それはメキシコ国内だけでなく、youtuberやネットに書き込みした人まで突き止められるらしい。。。

力を示し支配するためだとは思うんですが、麻薬は貧困からくる産業であり生きながらえるため。
何故力のない市民を惨殺するのかイマイチ明確な目的がわかりません。お金を払っても殺されたりするらしい。

自警団も市民を守るためといいつつ、罪のなさそうな人に強引に拷問してるし、それはもう誰のための取り調べなのかわかりません。

組織が大きくなりすぎて制御出来なくなり、堕ちていく様はthe waveを思い出しました。
reshofa

reshofaの感想・評価

3.6
力を持つと結局ダークサイドに落ちる
正義か悪か。だれも正義が何かなんて分からない。
メキシコ麻薬カルテルと自警団の勢力争いを描いた、ドキュメンタリー映画。
麻薬カルテルの極悪非道な振る舞いに〝やらねば、やられる〟と州民たちは自警団を結成し、カルテル制圧に乗り出す。

見所としては、これホントに現代の話?と疑いたくなるほど、凄惨な現実とカルテルを制圧した後の自警団の民度の落ちっぷり。

みかじめ料を払わなかっただけで、家族を殺された女性は、家族の死体の前で犯されたと語る。彼女が生かされた理由としては、「この記憶があれば、一生苦しむことになるから、殺すな」とカルテルの指導者が告げたからだそうだ。そのことを語る女性の目と表情は、しばらく忘れられそうにない。

そんな残虐なカルテル滅ぼすべく、自警団は勢力を拡大し続ける。まあしかし、人間というのは、力を持つと気が大きくなるようで、自警団のメンバーで強盗や誘拐をする者が現れる。
自警団のメンバーと思われる若者は、スタンガンをカメラの前に自慢気にチラつかせ「これで動けなくするんだ!」と笑いながら語る。

最終的に自警団の暴走を止めようとしていたリーダーは、腐敗した連邦政府の口封じのために警察に捕まり、自警団内部にカルテル関係者が何人もいることが発覚するも、自警団は政府公認の組織となった。
現在は、自警団なのか、カルテルなのか、わからない武装した集団が銃をチラつからせながら、街をウロついてる。

書いてて、退廃気味な近未来SFのストーリーの詳細を記してる気分になったが、残念ながら日本の裏側の現実だった。
平和ボケの頭で、自分がこういう状況に陥ったら、今の純白ピュアハートを保てるだろうか、と考えたが、自信はないという結論に落ち着いた。
>|