カルテル・ランドの作品情報・感想・評価

カルテル・ランド2015年製作の映画)

Cartel Land

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。…

メキシコのミチョアカン州。小さな町の医師、ドクター・ホセ・ミレレスは、何年にもわたり地域を苦しめ続けている凶暴な麻薬カルテル“テンプル騎士団”に反抗するために、市民たちと蜂起を決行する。一方、アリゾナ砂漠のコカイン通りとして知られるオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコの麻薬が国境を越えるのを阻止するため“アリゾナ国境偵察隊”と呼ばれる小さな自警団を結成していた。二つの組織は徐々に勢力を強めるが、組織の拡大とともに麻薬組織との癒着や賄賂が横行してしまう。正義の元に掲げた旗は徐々に汚れ、善と悪のボーダーラインは不鮮明になっていく…。映画監督のマシュー・ハイネマンはメキシコ麻薬戦争最前線に乗り込み、決死のレポートでメキシコとアメリカの魔の連鎖、そして、肥大化した組織がたどる皮肉な秩序の崩壊を暴いていく。

「カルテル・ランド」に投稿された感想・評価

むせる

むせるの感想・評価

3.5
あまりにも非現実過ぎて、受け入れられない。
日本に生まれてよかったその2
トランプがメキシコとの国境に壁を作るって言ってたのも、この映画見て初めてわかりました。国境沿いに塀があるけど、川には何もなくて1日200人ぐらい不法入国してくるらしい。

トランプは案外まともだと思わされた映画でした。それだけメキシコの麻薬問題や不法入国問題は深刻だと思った。

この映像を撮った監督はかなりの命がけでで撮影したんだとわかります。見る価値あり!
eg6

eg6の感想・評価

4.5
コーヒーの黒とミルクの白のように、正義と悪が、最初は色が分かれているが、時が経つにつれて混ざり、境が無くなる。
政府、カルテル、自警団、完全に混沌としている。

作り物とは一味違う絶望が漂う。
S

Sの感想・評価

3.0
日本に住んでいたら考えられない世界
Syuga

Syugaの感想・評価

4.0
撮った人凄い。
「ボーダーライン」はすごい作品やったけど、このドキュメンタリーもとんでもない。麻薬戦争を題材にしたこの2本は両方セットで観た方がいいと思う。

正義はどこにあるか。
n_kurita

n_kuritaの感想・評価

3.0
メキシコって地獄みたいなところだな、と思った。『ボーダーライン』と併せて観るとなお良い。
ミドリ

ミドリの感想・評価

3.5
こんなことが現実に起こってるなんて
信じがたい真実
しこね

しこねの感想・評価

3.5
記録。面白いけど、人間って糞だなって思う映画。
ピロ子

ピロ子の感想・評価

5.0
バカヤロー!コノヤロー!のだいぶ前に鑑賞。
ドキュメンタリー怖い。カルテルランドが怖い。横に「ラ・ラ・ランド」があって「?!」と思ったら、ランド繋がりか。
善悪の境界線は一体どこなのか? 
善が悪を懲らしめる、といういい話。と思いきや、善の恨みが想像以上にとんでもなくて、悪を悪のように懲らしめる姿がどんどんエスカレートしていったのは目を伏せたくなった。胸が悪い気分だった。
怒りは自分に盛る毒、とネイティヴインディアンの言葉があるそうだけど、その言葉そのままな感じがするシーンが残っていて、境界線の警備さんとかあらすじが思い出せない。思い出さなくても良いのかもしれないけど。
>|