人生の無駄遣い

スネークトレインの人生の無駄遣いのレビュー・感想・評価

スネークトレイン(2006年製作の映画)
2.1
名作『スネーク・フライト』に
まさしく“便乗”して制作された作品。

Plane(飛行機)がウケたから
Train(列車)もイケるだろうという
安易な発想のもと作られた本作は

観賞した物をゲロまみれにする
テンション“THE BLUE HEARTS ”な
仕上がりとなっておりました。


メキシコからロスへ向かう列車に
呪術者とその妻(呪われた)が乗車。

色々あって妻の解呪の儀に失敗して
列車の中は妻の分身である
ニシキヘビまみれになってしまう。

車掌も襲われて制御不能となった列車は
ヘビの巣窟となり暴走する。


本作はヘビ映画ですが、あまり襲われる
描写はありません。その代わりに
事あるごとに緑のゲロをぶち撒けます。

もはやゲロ映画です。途中なぜか
ヘビが巨大化し列車を丸呑みしますが
最終的にヘビを成仏させる謎ENDです。

『スネーク・フライト』と間違えた方は

人(クソ)にやさしくなれます。
そしたら私はでっかい声で
「ガンバレ」って言いますから。

ちなみに私はパチ物と知ってて買ったので

栄光(ゴミ箱)に向かって走ります。
-どこまでも-