「さざなみ」に投稿された感想・レビュー

踊る猫
踊る猫の感想・レビュー
2017/03/16
3.4
点は低くなったが駄作だとは思わない。丁寧に夫妻の心理、元カノに未練のある夫とその夫の執着に嫉妬を感じる妻の焦燥を見事に描いていると思う。計算された構成もまた見逃してはならないだろう。ペース配分は良く出来ている。では何故点が低くなったのかは、結局この映画の妻が夫に対して抱く嫉妬が地味なものであり、「45 年間」という時間を費やして来たその重みが描かれていないことに尽きる。もう少し夫妻の重ねて来た時間を匂わせる描写や、妻のヒステリックな錯乱等を描けば良かったのではないかと思うのだ。だが、「敢えて」そうしなかったことにこの映画の美点があることも分かるので結局は「好みの問題」なのだろう。「水」が象徴的な役割を果たすことも確かで、川辺の場面や氷漬けになった恋人の逸話、地球温暖化で氷が溶けて行く話など随所に張り巡らされた仕掛けにも注目しないとこの映画は楽しめまい。
hakofugu
hakofuguの感想・レビュー
19時間
3.5
wowow
アルパカメタル
アルパカメタルの感想・レビュー
1日
3.7
のっけから音オンリー→ロングショットという自分の中でのいい映画の定石みたいなことをやってのけてくれて引き込まれるのなんのって。

原題の「45years」という端的なタイトルもいいけど「さざなみ」という邦題も秀逸。話はさざなみどころの話じゃないけど!笑

ファーストカットがいい映画はラストカットも良い!すごく好みだった!!
mikuro
mikuroの感想・レビュー
1日
3.8
さざなみって、コレがさざなみって。ザッパーンって言うてますがな。これがまだ立場によりけりなんでしょうが、妻からしてみたらねー。ねー。
ゆうだい
ゆうだいの感想・レビュー
2日
3.8
この歳になってこんな感情が芽生えるのかどうかは別として、繊細な心理描写に感動した。この監督の作品はしばらく追っかけたい。スピーチがかっこよく決められる男になりたいと思った。
BADEND
BADENDの感想・レビュー
3日
3.5
一人で見た。正解。
相方と観ていたら…集中出来なかったな。
自分ならどうする?なんて質問されたら、正直困る。
でも、自分ならどうするかな?って終始考えながら観たのも事実。

さざなみのように、老夫婦に訪れた感情の波。その波が大きくなるのか、小さくなるのかは観る側の判断。でもきっと言えるのは、逆の場合(女が元彼に想いをはせたら)…成立しない物語。
まこと
まことの感想・レビュー
4日
3.8
嫉妬心

これは特に不思議な感情だ

相手の事が好きなはずなのに、置かれた境遇によって、苛立ったり忌まわしく思ったりしてしまうし、なによりそんな自分に嫌気がさす

まるで自分の中に全く別の赤の他人が存在していて、そいつに心を乗っ取られているかのよう


老境に入ると自分の身の回りが落ち着くこともあって、自分の中でカタがついていない事や、しこりが残っているものにもう一度腰を据えて目を向けるようになるのかな


男と女で感想が全く変わる映画だと思われるし、同性同士ならまだしも異性とこの映画を鑑賞後に語り合おうものなら、まず間違いなく泥仕合や水掛け論になってしまう気がしてなりません笑
アキシンゲ
アキシンゲの感想・レビュー
6日
3.5
結婚して45年経っても嫉妬できる関係性ならそれは幸せなこと。
映画館の狂犬
映画館の狂犬の感想・レビュー
2017/05/14
-
『愛の嵐』、『未来惑星ザルドス』といえば、シャーロット=ランプリング。

性愛を深化していくと必ずその不可能性にぶち当たる。かつての夫の恋人が、もうすでに死んでいるからこそ、その恋人に妻が嫉妬してしまう。現在と過去が対立する。現在の愛は、過去の恋の代替物だったのではないか。

現在が過去の埋め合わせとして回収されていく。
だから恋愛は素晴らしい。


恋愛とは不可能だから素晴らしい。
えちぜん
えちぜんの感想・レビュー
2017/05/12
4.4
シャーロット・ランプリングの表情、視線、間の取り方など素晴らしすぎて、緩やかな90分も静かな緊張感が途切れない。

70、80の爺さん婆さんになっても、浮気にヤキモキする辺り、それは20歳の恋愛と変わらない。彼氏のケータイを見るのも、元カノの昔の写真を見てどんな相手だったか確認してしまうのも同じ。必ず後悔しかないのにやってしまう。

まあ、ダンナのベッドでの回答が一番おバカですけどね(それを言っちゃあおしまいよ)

老夫婦の1週間の様子を、朝、昼、夜…と時間軸に沿って淡々と描いてゆく。しかし穏やかな表層とは異なり、内面は真綿で締めつけるかのような…。傑作でした(o^^o)
>|