さざなみの作品情報・感想・評価

「さざなみ」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.4
点は低くなったが駄作だとは思わない。丁寧に夫妻の心理、元カノに未練のある夫とその夫の執着に嫉妬を感じる妻の焦燥を見事に描いていると思う。計算された構成もまた見逃してはならないだろう。ペース配分は良く出来ている。では何故点が低くなったのかは、結局この映画の妻が夫に対して抱く嫉妬が地味なものであり、「45 年間」という時間を費やして来たその重みが描かれていないことに尽きる。もう少し夫妻の重ねて来た時間を匂わせる描写や、妻のヒステリックな錯乱等を描けば良かったのではないかと思うのだ。だが、「敢えて」そうしなかったことにこの映画の美点があることも分かるので結局は「好みの問題」なのだろう。「水」が象徴的な役割を果たすことも確かで、川辺の場面や氷漬けになった恋人の逸話、地球温暖化で氷が溶けて行く話など随所に張り巡らされた仕掛けにも注目しないとこの映画は楽しめまい。
kumi

kumiの感想・評価

3.0
長年連れ添った夫婦の記念すべき日にむけて
準備をするなか、届いた一通の手紙。
それにより知らなかった事実が浮き彫りになり、、
幸せを再確認するはずが、今後の気持ちを試される作品。
淡い青緑色がかった画は目に心地良いが、轟々と吹き付ける風の音や騒めく波の音が胸騒ぎを引き起こす。彼女が感情を吐き出すピアノの音が忘れられない。そして今にも堰が切れそうなシャーロット・ランプリングの表情に、こちらまで喉から何かが溢れ出そうになる。終わり方が絶妙。
邦題が秀逸。原題の"45 Years" も、シンプルながらも深い意味合いを持つことに鑑賞後気付かされるだろう。
この作品は、生じる感情が男女によって180°くらい異なってくるのだろうか。。気になるところ。
Who

Whoの感想・評価

3.8
とても面白いテーマですね!
これはどちらの気持ちも共感できるような気がしますね!
もし、自分の愛した人が死んでしまって、そのままの状態で見つかったら誰だって普通ではいられないはず、そんなのわかってるけど嫉妬しちゃう女!
ただラストだけは女心のわからない部分ですな!
妙にリアルで、あの後家に帰って奥さんはいじけて嫌味言うんだろうな、そんで旦那は弁解するけど、そうすると更に奥さん怒りだすんだろうな…
これはラストあかんやつ…怖すぎ…ただただ奥さんが可哀想すぎるだけじゃない…?過去を知らされずに結婚なんて。なんでこんな作品撮ったのかが分からない…愛を否定するため?

意見コメ欲しいです!
2016/5/16
結婚45周年の記念のパーティを目前に控えた夫婦のもとに一通の手紙が届く。
50年前、山で遭難し行方不明になっていた結婚前の夫の恋人の遺体が見つかったという内容。
手紙を読んで動揺した夫は当時の思い出に浸り、妻の地雷を踏み、妻の心にさざなみを立ててしまう。

主役のシャーロット・ランプリングの演技が見もの。
こころの「ざわざわ」が伝わってくる。ラストシーンは圧巻。
とてもいいですね。みんなモヤモヤを抱えて生きていこうゼ!
なんで今知らん女の名前出すねん、ってそんな感じでしょうか?知らなかった方が良かったのか…知らんかったら知らんかったでウーーーン、ってやつですね、アルアルですね。
夫婦に関して、「ビフォア ミッドナイト」で大体の問題は乗り越えられると教えてもらいましたが(実体験ではないのが残念。人生残念。)、この問題は厄介。男女で考え方は異なるようなのでさらに興味深いです。
シャーロット・ランプリングの表情で魅せる演技が素晴らしかったです。
レナ

レナの感想・評価

3.7
「さざなみ」ってとても気の利いた邦題。同じくシャーロット・ランプリング主演の「まぼろし」も好きな邦題です。

成熟していて静かなのに、感情の揺らぎがしっかり伝わってくる。彼女の表情に全てが詰まっているなあ。
45年の年月があるから、戸惑いも修復不可能になってしまうのかしら…。最後の数秒がとてつもなく怖かった。
C

Cの感想・評価

3.5
うわうわうわ、怖い…。細かい演出の数々。
女はたとえ結婚して何年経っても嫉妬からなんて逃げらんないよ。
>|