さざなみの作品情報・感想・評価

「さざなみ」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.4
点は低くなったが駄作だとは思わない。丁寧に夫妻の心理、元カノに未練のある夫とその夫の執着に嫉妬を感じる妻の焦燥を見事に描いていると思う。計算された構成もまた見逃してはならないだろう。ペース配分は良く出来ている。では何故点が低くなったのかは、結局この映画の妻が夫に対して抱く嫉妬が地味なものであり、「45 年間」という時間を費やして来たその重みが描かれていないことに尽きる。もう少し夫妻の重ねて来た時間を匂わせる描写や、妻のヒステリックな錯乱等を描けば良かったのではないかと思うのだ。だが、「敢えて」そうしなかったことにこの映画の美点があることも分かるので結局は「好みの問題」なのだろう。「水」が象徴的な役割を果たすことも確かで、川辺の場面や氷漬けになった恋人の逸話、地球温暖化で氷が溶けて行く話など随所に張り巡らされた仕掛けにも注目しないとこの映画は楽しめまい。
m

mの感想・評価

4.0
前5列目/中央

ゴシックホラー。
墓場まで持って行かなかった全てのトピックに代償があって 人間楽じゃない
【ストーリー】
結婚45周年を迎えようとする夫婦の絆と愛情が、ある手紙が届いたのを機に揺らいでいくさまを追い掛ける。

最も良かったのはS・ランプリングの表情。
繊細ながらも、どこか力の籠った表情の数々。

45年連れ添った雰囲気を感じさせるS・ランプリングとT・コートネイ。

結婚相手の元カノとの記憶を妻の前で蘇らせていくジェフ。
いや~ありえないでしょ、よくそんなことが出来るな・・・と冷めた気持ちで見ていました。(完全にケイト側)

ラストのケイトの表情がすべてを物語っていたような気がします。
Yume

Yumeの感想・評価

-
何歳になっても、男女の関係にはもやもやが付いてくるのかもしれない。

過去がどうあれ、今が2人にとって大事なものならいいのかもしれない。

悪気のない夫にはね、ちょっと、、、時には隠し通すことも嘘をつくことも大切なんだけどな。

「男にとって元カノは永遠に女」って言葉を思い出した。
シャーロット・ランプリングが心のさざなみを上手く表現した佳作だった。

物語は、ジェフ(トム・コートネイ)とケイト(シャーロット・ランプリング)の老夫婦が、結婚45周年パーティをするのだが、その1週間ぐらい前に「老いた夫の結婚前の女=カチャがスイスの氷河の中で見つかった」なる連絡あり、心揺れる老いた妻ケイト。
老年夫婦のセックスを描いたり、連絡あってから夫ジェフの怪しげな行動(夜中に屋根裏部屋でゴソゴソ、止めていたタバコを吸い始めたり…)もあり、微妙な風景描写が上手い。

結婚45周年パーティでの夫ジェフのスピーチが素晴らしく、感動的。
また、先日観た映画『危険分子』と同様、プラターズの「煙が目にしみる(Smoke gets in your eyes)」という曲もイイ雰囲気出している。
個人的には、この「煙が目にしみる(Smoke gets in your eyes)」を自分が知ったのは、プラターズでなくてレッド・ツェッペリンのブートレッグ(超有名な1971年9月29日の大阪公演の多数あるバージョンのひとつ)から。
終幕の曲「ゴー・ナウ」も、以前、ポール・マッカートニーが歌っていた印象的な曲。

シャーロット・ランプリングは、老いても美しい。
素晴らしい作品であった。
peche

pecheの感想・評価

3.6
愛の嵐のシャーロットランプリング

いくつになっても感じる女心の機微をうまく表現してた

妊娠はショックに決まってる
シャーロットランプリングの無言の演技に圧倒される。
これは、わかるけど人によって感動のピンポイントがわかれそう。。。
夫婦の結婚の価値観がテーマなんだけろうけど、最後は、もっとオチがあるのかと思ったら全然そうではなかった。
途中の写真を粗探しするところで、元カノ、多分妊娠していたんでしょ?そりゃあ夫も彼女と結婚していたというだろうし奥さんも正気でいられるわけなんかないよな。
解釈が分かれるだろうけど、微妙な感じのエンドロールだった。
でもよく見たら、突っ込みどころがいろいろある。マジレスすると、旦那さん、結婚した時点で元カノとのブツぐらい全部処分しろよ・・・
LUKESIS

LUKESISの感想・評価

4.5
男女の違いをめっちゃ感じる。
夫の悪気の無さが更に妻をああいう気持ちにさせちゃうんだろうな。

それよりなにより、45年も連れ添ってる夫婦と思えない“色々”に感心してしまった。最初熟年恋愛かと思ったw

過去に愛した女性がいるのは素敵な事だし、全てを話さなかったのは彼なりの妻への気遣いで、あんな風にプンスカするのは違うと思うけど...w

また二人で楽しく過ごしていけばいいじゃん!って感じ。
>|