なかすみ

シティ・オブ・ゴッドのなかすみのレビュー・感想・評価

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)
4.6
少年が殺人、ドラッグ、レイプを行うことが普通となってるブラジルの「神の街」が舞台。法律もルールも何もない。気にくわないやつがいたら殺す。口論になったら殺す。これが実話ってのが衝撃的。でもそんな最悪な環境でも主人公は写真家という夢を諦めない。だからこそ勝てた。
ストーリー展開はちゃんとしててテンポが良かった。演出も映画ならではの演出でよかった。ドキュメンタリータッチと思ってたけど、ちゃんとした娯楽映画。

スラム街の真実と人生の夢の大切さを教えてくれた心に残る作品。