パディントン 2の作品情報・感想・評価

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.2

あらすじ

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。 その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれ…

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。 その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている・・・・・・!

「パディントン 2」に投稿された感想・評価

招待券とは恐ろしいもので、8割方親子連れの中、22歳男性1人で’吹き替え版’を観てきました。予告編はクレしん、コナン〜など。。今作にも出演のサリーホーキンス繋がりで『シェイプオブウォーター』流れるかと思ってたけどそんなん流れたら泣いちゃうよな…そして、本編。暗くなるや否や「かえりたぁ〜い」、『パディントン』とタイトルバックが出た瞬間に「なんてよむかわかんなぁ〜い」という子供の声が響き、貴重な体験だなと思うと逆に興奮してきました。

肝心の内容!確かに王道かもしれませんがなかなか良かった!気付いたらトレインアクションやミュージカルシーンまであってエンタメだなぁ、素晴らしいなぁと感じました。あと伏線回収が見事過ぎて笑けてきた。
飛行機で2だけ鑑賞。
こんなに可愛い世界観だとは!知らなかった。
誰がみても笑えるし心温まるし2にして傑作ってすごいな。(1みてないけど)

ピンクに染まった囚人服かわいすぎませんか。。
パディントンの悲しそうな顔がリアル。
動物って悲しいときああいう顔する。
マーマーレードサンドが食べたくなるー。

個人的には松坂桃李の野暮ったい声が好きだったけどベン・ウィショーでも是非ききたい。

パディントンが愛らしすぎて飛行機で終始ニヤニヤ。
よく寝た。
ルーシーおばさん布教くまさん。

前作が最高に最高だったので楽しみにしていた今作!続編も期待を裏切らず、見ていて気持ちのいい綺麗な画作りとパディントンのかわいさ満載で大満足。
パディントンワールドにかかれば、まさか刑務所までおしゃれ空間になるとは。
恐るべきセンス...。

パディントンといえば美術の素晴らしさ。
前作は押しつけがましい感はなくちょうどいい綺麗さだったが、個人的に今作は若干綺麗過ぎて気になった。
対象を完璧に真ん中に置いてシンメトリーを狙う構図が一度気になると少し病的にも感じてきてしまった。ウェスアンダーソンに似た潔癖感。

話もあったかい気持ちになれてキャラクターも可愛くて映像も綺麗で、でも完璧過ぎてもちょっとした不気味さを垣間見た感じがした。

まあ結論を言うと前作と同じくらい言うことなしの満足度だけど、構図の緻密さはこれ以上こだわらない方が程よいかもとちょっと思っただけっす!そんだけ、パディントンは最高!
Gerina

Gerinaの感想・評価

3.6
ちょっとおバカな熊パディントン
親切な人には世界は優しい
どんな人にも良い所はある
怪物にもちゃんと心がある

パディントンは親切をおしまない

パディントンは
みんなを愛してるだからこそ
みんなにも愛される
最後は暖かい気持ちになれた。

お父さんの言葉にも泣きそうになった
つぶらな瞳のパディントン
とっても可愛すぎた
最高の癒し作品。
気持ちが晴れやかになる。ギスギスした社会の雰囲気を忘れさせてもらえる、不思議な映画だ。

1作目も良かったが、2作目は更に踏み込んだ仕上がりになっている。
クマのパディントンがアルバイトを始めたり、刑務所に入れられたり・・・

この映像技術は更に進化の一途を辿るのだろうが、もう今の段階でも十分にリアル。完全にCGに感情移入してしまっている。
そして何より、イギリスの町並み、パステル調の色彩、絵本の世界へ入り込んだような 夢のようなヴィジュアルの数々には、いつのまにか現実を逃避させられる。

現実世界では、マーマレイドは苦手な僕だが、この映画に登場するマーマレイドを見ていると とてつもなく美味しそうに見えて、食べたくなってくる。

プロデューサーは、ハリポタシリーズを手がけたデヴィッド・ハイマン氏。
子供心のみならず、大人心も見事に掴み取ってくれるのは間違いなし。
絵本のような異国の地・英国へ遊びに行きたくなる そんな展開にしてくれた。(現実世界の現状は如何か・・・)

もちろん原作である絵本「くまのパディントン」が誕生したのもイギリス。
異国情緒溢れる イギリス愛が伝わってくる作品だ。

また、大人心をくすぐるポイントをもう一つ。
かつての “ロマコメの帝王”ヒュー・グラントを、ヒール役に登板させているところも見ものだ。いまは落ち目のかつての大スターという役回り。脚本も、ヒュー・グラントをモデルに執筆したという。
久々にスクリーンで、彼のドタバタ劇を見れたような気がする。

イギリスを語る上では欠かせない作品だ!!
mizuki

mizukiの感想・評価

3.8
ちょっとおバカなクマに元気をもらえる作品
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.3
2018.1.24 記録
超絶大傑作。
パディントンとそのファミリーが益々好きになってしまう第2作。
1作目も好きだったがスコア上は評価爆上げである。

なにがイイって、ぜんぶだよ!ぜんぶイイんだよコノヤロウ!
ウィンザーガーデンの住人たちにすっかり受け入れられて生活の一部にまでなってるパディントンが最高なんだよ!
冒頭で矢継ぎ早に紹介される「ブラウン家の近況」が、終盤で一気に回収されていく心地よさとかベタベタだけど最高なんだよ!
刑務所!最高なんだよ!パディントンの浄化作用まじすごい。

パディントンが悲しむシーンは本当にこっちまでシュンとなってしまうし、ブラウン家がパディントンのために頑張る姿はなんか泣けてきてしまう。
前作は拾われた子グマが家族に受け入れられるまでの話だったけど、今作は本当の家族になった姿を見せてくれるんだよね。いや、もう…とにかくイイ。

盛大にすっとぼけたブラウンさんが、ガリットチュウの人に似てる。
あとヨガは重要な伏線ですので。



2/1 パディントン2 字幕 @TOHOシネマズ仙台
神戸

神戸の感想・評価

2.8
疲れで途中から寝てしまった
>|