パディントン 2の作品情報・感想・評価

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「パディントン 2」に投稿された感想・評価

パディントンと友だちになりたいなあ。

ドッグフード食べるの?は最高に笑えた。いいぞいいぞー。

パディントンの根っからの純粋さと優しさに惹きつけられる。ドジっ子紳士。次は誰を改心させるんだろうってワクワクする。

人は、パディントンに会えば変われる。

3作目も作っておくれー。
てつ

てつの感想・評価

4.0
パディントン好きなんだなぁ。
リアルなクマルックスで、可愛げない感じなんだけど、その媚びない感じが好き。

今回は、お世話になったルーシーおばさんのために、飛び出す絵本を買うために働くパディントンだったが、実はその絵本には、財宝のありかを示す暗号が書かれた絵本だった。
それを知ったブキャナン(ヒューグラント)が変装して、それを盗む。
そこにいたパディントンは、追跡するが逃げられただけじゃなく、絵本を盗んだ容疑者として捕まり、刑務所に入れられてしまう・・・

ブラウン一家に認められ、家族の一員となったパディントン。
今作では、そのブラウン一家との確かな絆を描いた感動作です。

ヒューグラントのゲスな役回りもよかったし、パディントン可愛いし♡

泣くほどじゃないですが、何度かウルッと来ました。
3もあるみたいなので、非常に楽しみです!
花椿

花椿の感想・評価

5.0
泣いちゃったよ〜。
最近悲しいニュースが多くて参ってたからおかげですごく元気出た!
自分の中の子供心が呼び覚まされてわくわくできる映画。
マーマレードジャムが欲しくなる🥪
とにかく美術がかわいい。ミニチュアみたいでキュートで楽しい。
ウェス アンダーソンの『グランド プダペスト ホテル』を思い出した。それくらいこだわりがあってとにかく可愛い。
エンドロールのヒュー グラントが最高だから見逃さないで欲しい。
ヒュー グラントの見せ場がたくさんあってすごい優遇されてるな〜って思った。主役に匹敵する登場シーンの数々。
1も良かったけどそれを越えてくる出来。
笑えてほっこり出来て泣けるおすすめの映画!家族で観たくなる。
ハートフルコメディNo.1はもう本作でいいのでは?本作を見てつまらないわぁ、って思う人いるのかな?

良い人(クマ?)として他人を思いやり、素直に生きるパディントンが美しい。
真っ直ぐすぎる事で生じる、はちゃめちゃ異文化ギャップは『Mr.ビーン』に通じる、て言うかイギリスのウェットでブラックでハートフルなギャグって本当に面白いよね♪

そして男前過ぎるヒューグラントのメタ的な落ちこぼれ感もすごく良い!
かなりパワーアップして帰って来た!


おばさんの誕生日プレゼントを買う為に働く姿が可愛い♪
もふもふ体毛を使った窓拭きw

子熊版Mr.ビーンみたいww

前作にも増して色々とやらかすパディントンが微笑ましいですね(≧∇≦)


しかし今回は罠にハメられるパディントン…


こんなピンクでポップな刑務所みたことないわ(笑)
マーマレードに救われましたな♪
あまりにも美味しそうだったので食パンとマーマレード買いましたよw

ちょっとだけウェス・アンダーソンぽい構図にも見えました


でた!またしても登場の熟女好き警備員www
今度はヒューか 笑っ

男だらけのミュージカルで踊るヒュー・グラントは見物w


あー楽しかった(* ̄∇ ̄)ノ
全て飛び出す絵本の中の出来事の様で弾む
ヒューグラント良かった!
昔のガチな若かりし日の写真が飾られてるのがフェニックスの役へスパイスかかってた。
幻想と現実に挟まれグマ🐻


ブラウン家に定着したパディントン
家族や近所と支え合い
楽しい日常を暮らしていた
離れたルーシーおばさんの
誕生日プレゼントを探しに骨董品店へ
ロンドンの名所を描いた絵本を買うべく
仕事を始めたパディントン
しかしある夜、店を通った際
不審な男が店に入るのを見つける
絵本を盗もうとした彼を追うが
勘違いでパディントンが
容疑者として捕まってしまう
日常に戻るよう努力する一方
ブラウン一家は真犯人を探すが
手がかりは掴めず
必死な捜査故のすれ違いが
家族とパディントンの距離を拡げていく


安定の世界観と見せ方☀️だが

明るくてコミカルな展開は健在
各自が力を発揮して助け合う🤝
協力のパワーを感じる映画

個々のエピソードが後に繋がって
伏線回収の流れは無駄なし
可愛さも相まった巧みな造り🎬

一方でストーリー展開は激しい
近所に挨拶する爽やかな朝のシーンが
しばらくすると〇〇の中🔥

前作より増したトラブルの規模と現実感
結果、要所のドラマはファンタジーの勢いで
笑い飛ばせぬ所がありました🌀


カリスマが過ぎる…

前作同様どんな苦境も
アイデアと勇気で乗り越えるパディントン

しかし今作は設定の現実感ゆえに
「それは無理でしょ…」という
真面目な視点が顔を出してしまう🌱

散々ビビらせたナックルズたちも
パディントンの行動に即一目置く…って
イージー過ぎる笑 も少し遠回りして💦

後半の行動は良心を揺るがす大胆さ
ただルールの中で知恵出して戦う方が
英国紳士熊のイメージだったな🤔


やっぱり可愛い😍

窓拭きバケツとパディントンの駆け引き
熊毛をフル活用した窓拭き笑

電車の窓から脚立をクルクル
友達の野良犬と泥棒を追う
かっこいいシーンもある✨

CG表現もパワーアップしている
絵本の中に入り込む素敵な演出
次々と彩に包まれる厨房🌈

期待を超える見せ方で
個性を引き立て状況を盛り上げ
見せ方のセンスが光る👍


ゲストの存在感 笑

ロンドンに慣れて
野生感が取れたパディントンの一方
のびのび演じていたのは
ブキャナン役ヒュー・グラント笑

パッと弾けた明るさと
闇を纏った不気味さの2面性
面白おかしい味付けだが
何をするかわからない狂気も含む

アク強めの演技だったが
大筋の展開をしっかり支えていた💪

パディントンより目立ってた😁


より深くなるエピソードと
ファンタジーを如何にバランスするか

今作は若干のズレを感じました😓
ピンクの囚人たちがクマと一緒にお菓子を作って踊る
今作も"愛らしさ"を存分に摂取できる映画になっています
>|