パディントン 2の作品情報・感想・評価・動画配信

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「パディントン 2」に投稿された感想・評価

ウェスっぽいという前評判を経て観たらまじでそうだった。

相変わらずカラフルで可愛くて楽しくてもう〜満点!!!!!

3を作ってくれたのむ。
mco

mcoの感想・評価

-
パディントン可愛すぎる
やさしい世界
ブラウン一家や近所の人達と仲良くなり、イギリスの生活にも慣れてきたパディントン。大好きなルーシーおばさんの誕生日に、飛び出す絵本をプレゼントするべくアルバイトを始めるのだが···。


1作目を観たので、続編も観賞!
1作目より良い!って場面もあり、んんん?って場面もありました。








悪役は1作目より2作目の方が好きかも。ヒュー·グラントは恋愛映画のイメージだったので、コミカルな演技が童話の世界の悪役みたいでよかったです。

序盤、パディントンが隣人と挨拶する場面好き。優しい隣人との軽い言葉のキャッチボール。パディントンがイギリスに馴染んできただなーとホッコリしました。
一方で、1作品目だとパディントンがやらかしても「都会に来て日が浅いからなー」と無知故のやらかしと思えていたのが、本作品だと"社会常識を知った上でのやらかし"なのでモヤっとしました。床屋の下りとか。


マーマレード作る場面とても好きです。


2022-55
じぇら

じぇらの感想・評価

4.0
なんて優しい物語なの……、
将来、子供と絶対観たい
カコ

カコの感想・評価

4.3
ロンドンでの生活にも慣れ、沢山の街の人にも受け入れられたパディントン。
ある日ルーシーおばさんの誕生日プレゼントに、ロンドンをモチーフにした飛び出す絵本を!と思いつくが、高価なため買えない。様々なアルバイトを始めてお金が貯まり始めたころ、その絵本の事を知った売れない俳優が怪しい動きを始め──。


開始5分で泣きそうになり、7分経過した所でもう泣いた。この映画には涙腺破壊効果があったのか…何回泣いたかもう覚えてません。。。
どこまでも素直で、誰にでも親切なパディントン。悪意を向けられても悪意で返す事を知らない純朴さ(と良い塩梅のおマヌケ具合)。更に可愛くて誠実で紳士。見てるだけで心が洗われる…

一緒に暮らすブラウン一家との絆がこれまた良くて。みんなパディントンが大好きだし、パディントンもみんなを想っている。中でもパパがパディントンを擁護するシーンは涙腺がガバついてもうダメ。

前作を見てない方も問題なく見れるし、前作見た人は絶対見て欲しい。家族愛、街の人との絆、新たな友情、家族全員の趣味の伏線回収etc…見どころめちゃくちゃあります。
ヒュー・グラントのキャラが濃すぎる上に、何だか憎めない感じも最高でした!
記録 2022/07/03
ブラウンさん、クビになった経験はあります?

パディントン、濡れ衣を着せられ捕まる、なお話。

倒叙ミステリー?になっていて犯人がわかっているタイプの映画。
いやなんでだよ!と笑えるシーン多数、刑務所のシーンすごい好き!!
ナックルズ顔怖いけど良い!!

画の魅せ方もすごく良い、ロンドンの名所を巡るシーンはもっと見たかったかも?なんて思った。

オチも良かった、少しホロっときた。。。
akane

akaneの感想・評価

4.0
ピーターラビットしかり、イギリスもふもふ映画っていうジャンルほしい
Yola

Yolaの感想・評価

3.5
ロンドン特有の薄暗くて埃っぽい感じ。
個性豊かに毎日を暮らす人達。
真っすぐに生きるクマ(ペルーからはるばる来英)。
そこで築かれる普遍的な家族愛。
ファンタジーなのに、まるでどこかの家族を覗き見た気分になれる良い作品です。
sonozy

sonozyの感想・評価

4.0
『The Unbearable Weight of Massive Talent』で名前が登場する本作。初見です。(1作目の『パディントン』も観てません)

ロンドンでブラウン家の家族の一員として幸せに暮らすパディントン。
ペルーにいる育ての親、ルーシーおばさんの100歳の誕生日のプレゼントを探していると、アンティークショップでロンドンの町の飛び出す絵本を見つけ、ロンドンを見たがっていたおばさんに最適なプレゼントだと感動。だが、希少本で値段が高い。必死で働いてお金を貯め始めるパディントン。

町の移動遊園地のオープン日。ステージには落ち目の俳優ブキャナン(ヒュー・グラント)が司会を務めていた。パディントンが彼に飛び出す絵本の話をするとなぜか彼の目が光る。
ブキャナンもその絵本を探していたようなのだ。。

この絵本を巡り、パディントンは誤認逮捕され、10年の刑となってしまう。真犯人を探すブラウン家のみんなと、刑務所の仲間たち…
真犯人は誰か。絵本の秘密とは。パディントンのルーシーおばさんへの思いは届けられるのか。。

“誰にでもいい面はある”などのルーシーおばさんの教えを守る、おっちょこちょいだけどいいヤツすぎる、愛らしい瞳のパディントン。ほっこりできました。
ヒュー・グラントは相変わらずいいですね〜。エンドロール横のラストシーンも。笑
>|

あなたにおすすめの記事