パディントン 2の作品情報・感想・評価・動画配信

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「パディントン 2」に投稿された感想・評価

ウェスっぽいという前評判を経て観たらまじでそうだった。

相変わらずカラフルで可愛くて楽しくてもう〜満点!!!!!

3を作ってくれたのむ。
この時期に一番心を癒してくれる
atsuman

atsumanの感想・評価

2.6
悪役が豪華なシリーズ
souma

soumaの感想・評価

3.8
食パンに塗るなら、小倉トースト。
どーも、soumaです。
ジャムってそんなに使ってこなかったから
マーマレードってそんなに美味しいイメージないんだよな。
使ってもいちごジャムくらいだったし。

◆レビュー
『偏見なんて持たず、人のいい部分を見つけようとする。』

パディントンが冤罪で刑務所に!?という物語。

刑務所入ってるのに
まったく少しも湿っぽくならないのすごいわ。
むしろ刑務所でマーマーレード造り。
囚人服全部ピンクにしたら、平和になりそう。
どこまでいっても前向きなパディントンが最高で
失敗も多いけど、憎めないわ〜。

でも、バリカンで頭かられて
マーマーレード塗られたら
さすがにキレると思うwww

1作目が良かったけど
2作目もさらにおもしろくて
めっちゃほっこりした。
たぬき

たぬきの感想・評価

4.4
イギリス行きたくなるくらい、
景色やファッション、インテリアが
もうげろげろかわいい
abee

abeeの感想・評価

3.7
【宝物は増えるけど
失くさないためにボクに何ができるだろう。】

とても素敵な家を見つけた子グマの「パディントン」。
暗黒大陸・ペルーの老人ホームで1人暮らすルーシーおばさんの100歳の誕生日にとっても素敵なロンドンの飛び出す絵本をプレゼントしたいパディントンは絵本を巡る事件に巻き込まれてしまう。

個人的には1作目の方が好きだったのですが変わらずとても素敵な物語でした。
ウィンザーガーデンでブラウン一家の一員として住民達からも認められて家族だけでなく大切な友人も増えたパディントン。
ペルーの家族も大切にしたいパディントンを守るためにロンドンの家族と友人たちが奔走する姿は温かでとても微笑ましい。

そして、過去の栄光に縋り付く落ち目の俳優を演じたヒュー・グラントの立ち位置が実に痛快。
自虐ネタを楽しんで演じているのが実に愉快。
「キングスマン:ゴールデンサークル」のエルトン・ジョンもそうだったけど、こういうの素晴らしいです。イギリスの国民性なのかな⁇

ルーシーおばさんを喜ばせたいパディントンの思いを汲み取り、みんなで起こした最後のサプライズまでとにかく素晴らしいホームドラマでした。

ということで、人間社会の中で異質なはずの子グマがごく自然に溶け込むこの物語に現実世界は学ぶことがいっぱいあるんじゃないですかね。
いつまで人種差別の問題を引きずっていくのだろう。
まぁ、本作でも。ブラウン一家のご近所さん・カリーさんという存在がいますからね。一部でもこういう考えを持つ人がいるっていうのは本作の隠れたメッセージなのかも知れません。
1作目は良い人だったのにね、最後はね。


実は私のおばの旦那さんはイギリス人なのですがファミリーネームがカリーなのです。
ロンドンの一部地域に多い名前だそうですよ。

おばの旦那さんは「ウォレスとグルミット」のウォレスにそっくりで、声が小さくて何を言っているのかいつも分かりませんが、とても良い人です。
ほんとかわいい、好き好き好き
おもしろすぎる

ご近所さんのキャラの見せ方が上手い。一つ一つのシーンは短いながらもしっかりキャラクターが立っているし、その細かい描写が後半回収される巧さ。
1人で川を流されてきておばさんに引き上げられる冒頭の回想と皆に見守られながらおばさんに抱きつくラストの対比に泣く。

ジャンル横断しまくりで愛に溢れた一品。
終いにゃミュージカルまで網羅しててひっくり返った。エンドロール用の映像史上一番魅力的なのでは?

あとモフモフキャラが全身を使って窓拭きする、ってのでsingを思い出した。
aileen

aileenの感想・評価

4.5
パディントンが可愛すぎるあまり、続けて2を鑑賞。家族愛に友情に、あったかすぎて泣いてしまう。ねぇ、パディントン。一緒にマーマレード作ろうよ。もう完全に虜。
しを

しをの感想・評価

4.2
泣いた
>|