パディントン 2の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「パディントン 2」に投稿された感想・評価

なな

ななの感想・評価

4.0
パディントンがいればみんな幸せになれるはず。
ドジなんだけど愛らしくてピュアで、見ていてほっこりする。
窓拭きのための手巻き梯子がかなりツボだった。
ヒュー・グラントの悪役ぶりとか笑えるけど最後はウルッと。
わたし

わたしの感想・評価

4.0
冒頭、街の住民に受け入れられるだけでなく、パディントンの存在が住民たちの生活の“円滑油”になっている様子が素晴らしい。

流れるように運んでもらいつつ、みんなもパディントンと言葉を交わすことで生き生きとしている。

お世話になったおばさんに「ロンドンがどんなところか見せる」のに最適な、飛び出す絵本を見つけたパディントン。

高価なその絵本を買うために働き始めるが、1のバスルームやブラウン家のシーン同様、どうにもこうにもズッコケているので上手くいかない。

(体全身で窓を拭くチャーミングな様子は、SINGの主人公を思い出しました。)

それでも地道にお金をためていた矢先、強盗を目撃し、追いかけていたところを犯人と間違われ、冤罪で刑務所へ…

無実なのに、パディントンが悪く報道されてしまうのがつらかった…

一方、刑務所でも街同様、“円滑油” パディントンの才能発揮で、強面でイライラの受刑者たちはニコニコ生き生きと、薄暗く無機質な刑務所内が華やかに楽しくなっていく様子は見ていてウキウキしてしまう。

今回もブラウン家のみんなの頑張りがあって、そしてパディントンに親切にされ心を開いた仲間たちの助けがあって、パディントンも救われる。

ハッピーエンドで映画が終わったとき、そこにいない登場人物たちのその後が気になったが、エンドロールで紹介してもらえたのが良かった!
Nagisa

Nagisaの感想・評価

-
記録

ハートフルムービー♡
心が浄化される..そんな作品。
個人的にゎ1より面白かッた‼︎
わわわ

わわわの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

流し見程度だったけどラストはしっかりみました。
面白かった〜!

パディントンが家族に留守電残すところが泣けました。
今度またちゃんとみたいです!

あと最後のミュージカルめっちゃよかった。最高。笑

2018.95
1よりおもしろかった

世界観も話も大好き

ぜひみてもらいたい

このレビューはネタバレを含みます

【感想】
1より面白かった。最初、パディントンのドジな性格にイライラしてたけど、それが憎めなくなってくる。登場人物、全員、ほとんど悪い人がいなて、笑いあり、感動ありのほっこりする映画。

【ストーリー】
ロンドンに憧れ、ブラウン一家で一緒に過ごすことになったパディントン。
彼は、遠くジャングルに住んでいるお世話になったおばさんの誕生日に何かプレゼントしたいと考える。
そして、骨董屋である飛び出す絵本を見つける。それはロンドンの街並みを描いた飛び出す絵本であり、それをプレゼントする為、パディントンは窓拭きのアルバイトを始める。
あるバイトの帰り道、骨董屋に寄り、窓の外から絵本を眺めていた時、泥棒が侵入しているのを目撃。犯人は絵本を盗み、逃亡。パディントンは彼を見逃し、無実の罪を着せられ刑務所に。
犯人はブキャナンという俳優だった。彼はその絵本に隠された秘密を知っていた。
その絵本には昔、移動する遊園地で人気を博していた女性が隠していた財宝の在処が記されていた。その財宝を盗む為、彼は絵本を盗んだ。
入所したパディントンは刑務所で出てきた料理が不味く、それを改善するようシェフのナックルズに提案。その時、パディントンが持っていたマーマレードサンドを食べ、それを一緒に作ることに。料理の美味しさ、楽しさに気付いたナックルズはその後、他の囚人にも協力を仰ぎ、沢山の料理を作るように。パディントンのお陰で刑務所の雰囲気が変わった。そして、彼らはパディントンの犯人探しを手伝う為、一緒に脱獄し探そうと提案。そして、一緒に脱獄したが、彼らは本当は外国に逃亡しようと思っていた。パディントンはそれを断り、1人で犯人探しをすることに。
ブラウン一家も犯人探しを頑張って続けており、犯人は俳優のブキャナンであると突き止めたが、証拠が無かった。
そして、ブキャナンは移動遊園地がロンドンを出る時を狙って、財宝が隠されたオルガンのある列車に乗り込むことに。彼を追い、一緒に乗り込んだパディントンとブラウン一家。
ブキャナンはパディントンを車両に閉じ込め、その車両を切り離し、湖の底へ落下。
ブキャナンが絵本を持っている証拠写真を押さえ、彼を捕まえたブラウン一家。
パディントンを助ける為、湖に潜るお母さんだが、開けられない。その時、脱走したはずのナックルズ達が助けに現れ、パディントンは無事に救出された。
パディントンは3日後、目が覚めるとそこは家であった。罪が無事に晴れたが、肝心の絵本は証拠物として、警察に押収されていた。すると、大佐がコネを使い、パディントンのおばさんをロンドンに招待していた。そして、パディントンはおばさんとロンドンで再会し抱きしめあった。
こう

こうの感想・評価

4.0
超ハッピームービー。エンドロールまで完璧。ベストオブくま。なんて素敵な街なんだ。
とろろ

とろろの感想・評価

4.8
私の中では今年のベストハートフル映画大賞。
もう見ている間ずっとかわいくてやらかしそう!と思ってハラハラするんだけど、世界があまりにもハートフルでニコニコしてしまう。
みんなパディントンのこと大好きでかわいい。でもかわいいだけじゃなく伏線の回収とかストーリーもしっかりしてるあたりが面白い。
地上波放送は毎年これを放送して世界をハートフルにすべき。
飛び出す絵本、移動遊園地の可愛さ美しさに心を射抜かれてしまった。刑務所もとても可愛らしい、こんなにロマンチックに包まれたの久しぶり。アイデア溢れる追いかけっこも、伏線の出し方拾い方もお見事!

電動歯ブラシとか、梯子クルクルとかクマさんキュート。そして嫌なヤツ役なのにヒュー様とってもキュート、ヒュー様がいるとロンドンが2割増で輝くよね。ホーキンスさんはシェイプオブウォーターかよと思うシーンがあって笑ってしまった。

絵本みたく持ち歩いて好きなだけ眺めていたい。エンドロールも最高でハッピー。逆戻りかぁ、つらいなぁ(笑)
mei

meiの感想・評価

3.8
パディントンは可愛いな。
誰に対してもいい所を見つけるなんて。