ちろる

SCOOP!のちろるのレビュー・感想・評価

SCOOP!(2016年製作の映画)
3.6
大根監督は大好きなんですが、なんだか間延びした無駄なシーンが多くて、テンポ悪い?という印象です。
大根作品の良さってポップで飽きない、テンポの良さだったので少し残念でした。

福山雅治さんは敢えて中年パパラッチ役として、今までのかっこいいおじさんから新境地を目指したのだと思いますし、中年のだらしない上半身の裸を見せたり、結構汚い感じになっててそれなりにちゃんとその役に見えました。
そして詳しくは書けませんが、親友役のリリーフランキーの演技がヤバくて、怖くて。。
もう、、、リリーさんうますぎます!
滝藤賢一さんも涙の演技ももらい泣きしてしまうくらい素晴らしかったりして、テンポ悪くても所々良い箇所ももちろんありました。

ただ、個人的に二階堂ふみさんがなんだか残念でした。
彼女って一癖ある役柄を、やらせるとピカ1的な若手演技派って言われてたはずですがらこんな風な普通の女子の役をやらせると全然演技が上手くない。

演技もその不自然さがどうしても気になってしまい野火ちゃん役が二階堂ふみだとコレジャナイ感。

私、女ですが、あえて言いたい。脱ぐならちゃんと脱げ。
脱がないなら中途半端なベッドシーンを受けるな!「私の男」の時のラブシーンも、「この国の空」での脇毛拒否についても、いまいち女優として思い切りが無いようでちょっと残念だなと最近思っています。

因みに女優が脱ぎたがらないんだったらあんなセンスないイメージビデオみたいなシーンいらないなとなんだか興ざめ。

というかアウトローなはずの福山の役があんなかわいいパジャマ着てるって、、不自然すぎて笑いました。
この一帯の演出は意味不明でした。

ラブシーンがあんなのだったらどうせならこの役は普通の女の子役も上手い、松岡茉優とか高畑充希とかで見たかったな。

もっと知りたい事や、詳しく観たいシーンを端折り、ラブシーンや福山さんのPV的な意味不明のショットが無駄に長く、元のストーリーは悪くなかっただけに今回は編集のセンスの悪さが目立ちました。

福山ファンに対して「ほーら、こんな福山のカット見たいんだろ!」的な感じのシーンが少し不快で、福山ファンじゃなく純粋に大根監督の楽しい作品を観に来た人間にとっては本当に意味不明なだけでした。


大根監督の作品好きの人にもバクマンやモテキほどのポップさは無いのでそこを期待しないほうがいいかな、、

次の大根監督の作品はもっとテンポいい、いい役者揃えて作ってくれることを期待します!