SCOOP!の作品情報・感想・評価

SCOOP!2016年製作の映画)

上映日:2016年10月01日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

落ちぶれパパラッチ&ド新人記者 狙え、超特大スクープ! 1枚の写真【スキャンダル】に日本社会が騒然!? ますます過熱する写真週刊誌のスクープ合戦に挑むのは、落ちぶれパパラッチ&ド新人記者のまったく噛み合わない凸凹コンビ!? かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマン・都城静(福山雅治)。しかし、その輝かしい業績も、いま現役の雑誌編集者たちにはほとんど知られてない。過…

落ちぶれパパラッチ&ド新人記者 狙え、超特大スクープ! 1枚の写真【スキャンダル】に日本社会が騒然!? ますます過熱する写真週刊誌のスクープ合戦に挑むのは、落ちぶれパパラッチ&ド新人記者のまったく噛み合わない凸凹コンビ!? かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマン・都城静(福山雅治)。しかし、その輝かしい業績も、いま現役の雑誌編集者たちにはほとんど知られてない。過去のある出来事をきっかけに報道写真への情熱を失ってしまった静は、芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身。それから何年もの間、自堕落な日々を過ごしてきたのだ。そんな彼に、再び転機が訪れる。ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」に配属されたばかりのド新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組まされる羽目になってしまったのである。案の定まったく噛み合わずケンカばかりの静と野火。この凸凹コンビが、まさかまさかの大活躍で独占スクープを連発!そしてついに、日本中が注目する重大事件が発生する…。 

「SCOOP!」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

原作映画未見。期待してたくらいには面白かったですが、傑作かと言われれば疑問が残る感じでした。

まず配役。
福山はあまりハマってなかった気がしたけど、親友役のリリーフランキーがよかった。
元々リリーフランキーが苦手な自分もチャラ源がらみのシーンは結構好きでした。

いつもは「私演技力あるでしょ?」みたいな感じが苦手な二階堂ふみも今回はその辺が気にならずよかったのだけど、「この仕事はゴキブリかドブネズミ以下」とかカッコつけたこと言ってるのに福山×二階堂の濡れ場は超さわやかだった…。
別に乳首が見たいと言ってるわけじゃないんですよ!笑
ただ明らかに不自然だしこの映画の語ろうとしてることからして、説得力ないなあと思いました。


そして結局、芸能ネタより殺人事件とかのほうが高尚なネタみたいな着地になってしまってるけど、それで良いんでしょうか?そういう話?

また「カメラマンとしての尊厳」って言葉が出てくるのですが、チャラ源と静が望んでたのなら今回の事件に関しては良いかもしれないけど、それはこの件が特殊なだけであって…
なぜこの仕事があるのか、静たちは”ゴキブリ以下”に成り下がりながら、なぜカメラを向け続けるのか、その辺の回答が欲しかった。

”男の友情”もテーマなのかもしれないけど、ラスト近くのあのシーンは、最後の所がちょっとテレビドラマ的すぎて乗れなかった。チャラ源のラリってる感じは好きだったけど。

テレビドラマで見たら、面白いもの見たな〜と思えたのかもしれない。


追記。
上映前に某テレビ屋映画の予告を見て、
「うわ…今の時代にこんなのやってるんだ…すごいつまんなさそう…」
と思ったので、そういう意味では大根監督みたいな人は貴重なのかな、と思った。
福山、二階堂ふみをエロく撮ってる作品。
特にスローモーションの時の二階堂ふみはエロいエロい(笑)
スッキリする映画ではないけど、この感じは好き。吉田羊の引きずり方とかリアルだったな。
凄く良い。胸に迫るラスト。気に入った。
ヤミー

ヤミーの感想・評価

5.0
特にオープニング〜導入とエンディング〜エンドロールまでの感じも含めかなり好きな感じでした。
久々に好きな邦画ランキングにランクインしそう!

福山雅治は今まで全く興味無かったんだけど、この役見てかなり好きになりました(笑)
いや、こんなん抱かれたいわそりゃあ。
結婚されたらロスにもなりますわ(笑)
それ以外にも好きな役者さんばっかりで楽しかった!

前半は週刊誌らしくスキャンダラスな男女絡みばかりだったから、後半のベッドシーンが綺麗に感じて良かったなあ。

大根監督の映画好きだなあ。
監督の撮る東京の歓楽街もステキ!
jasming

jasmingの感想・評価

3.3
ネイルサロンで。

ストーリーは、まああるかな、という感じ。

福山雅治のエロい感じもファンなら意外でもなんでもないし。

ただ、やっぱりこの映画を見て良かったと思うのは、リリー・フランキーと二階堂ふみという配役。

最初からいっちゃっててヤバい感じのリリー・フランキーが、さらにヤバくなっていくところの危うさ、脆さ。
これを演じてるってすごい。

二階堂ふみの醸す、成熟もウブも両方共存してるようなあの雰囲気。あの目。

語らずにあの大きな目でじっと見てるときに、少女が大人になっていく内面のプロセスに納得がいく。

この感じは今の若手女優で二階堂ふみしか出せないんじゃないかな。

このふたりの起用が映画だからできた、ということなら、映画で納得。
emma

emmaの感想・評価

4.0
普通に面白かった。

日本の俳優陣は素晴らしいと思える映画。

福山雅治のゲス演技、
リリーフランキーの怪演、
遠藤憲一の泣き演技、
吉田羊の大人の演技、
二階堂ふみちゃんは....可愛いけど全ての作品の演技が同じに見える笑

ストーリーも笑う所もあれば、驚く所もありスっと楽しめた。
リリーフランキー無双笑ってしまった。

吉田羊と福山雅治が絵になりすぎてため息が出た。
とりあえず福山雅治みたいな上司が欲しい。笑

あと、友情出演ばりのチョイ役な斎藤工にも注目笑

このレビューはネタバレを含みます

最初の1時間はまだ観れる。パパラッチ、週間記者の職場見学だと思えばまだ楽しめる。で次の展開、みんなで頑張って何かを為して感動に持ってく、ありがちだけどまだわかる。ただ、リリーフランキーが暴走してからは本当に地獄のような時間、苦痛でしかない。何かトラブルがあって慌てて追加撮影したのか‥?とさえ思えれるレベルでドイヒー。借りてしまった罰なんだと思って最後までみましたがね、頑張って。モテキの一発屋なんですかね?やっぱり。二階堂ふみ大好きなんですがかなりきつかったです。内容が。
str

strの感想・評価

3.3
リリーフランキーの怪演がすごいだけ。
>|