ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

キアヌの新シリーズ待望の第2弾!

今作は家と大切な写真が奪われて復讐する。

前作よりアクションがたっぷりで、アクション6〜7割で残りストーリーみたいな割合に感じました。笑

やっぱこの映画の最大の魅力は銃×カンフーの“ガンフー”の格好良さ!

カット割せず、ワンカット長回しで流れるように見せてくれるから、気持ちよく爽快感があるんですよね!

“ダン!ダン!!ダン!!!”とテンポ良く銃をぶっ放してゲームみたいに画面端に

“1COMBO!2COMBO!3COMBO!”

“COOL!GOOD!EXCELLENT!!”

…て頭に浮かんでくる笑
そんぐらいカッコいいです!

また、誰もが知る伝説の殺し屋ジョンがそこまで完璧に無敵感が無いのもいいんでよね。

撃たれまくるしナイフで切りつけられたりするし、めっちゃボロボロにもなる。

キアヌの悲哀感ある感じも相まって、全体的に在り来たりに見えない!


自分的にですけど、ジョンが普通に強面で無口でマッチョじゃなくても筋肉もあって、どんな戦局でも擦り傷程度しか負わない伝説の殺し屋。…とかだったら多分、ここまで評価もないかな。

(まぁそんな撮り方しないだろうけど笑)


今作はもう第三弾有りきで作ってる感じなので、次作も楽しみです!

前作公開から2〜3年経ってるけど、映画内では前作から“5日後”と知って、スゲー激動な毎日だなジョン笑
斬新かつ華麗で力強いアクションに心奪われた前作。本作もストーリー、アクション共に前作を踏襲。見応えがありました。が!踏襲なので前作程のインパクトは無いのが残念。本作単体で観たら度肝を抜かれる面白さですけど。贅沢でワガママな話ですね。
個人的には前作の方が好きだけど2もまーーーカッコいいわ!相変わらず脳汁ぶっしゃーーー!
ガンアクション×カンフーだから、終盤の鏡の間で戦うシーンは言わずと知れたカンフー映画の大傑作『燃えよドラゴン』から着想を得ているのかななんて
1と比べてカンフーの方に重心を置いてる気がします、個人的にカンフー系はそこまでなので前作より僅かに点数を下げてしまった…
最後らへんのシーンは鳥肌
myco

mycoの感想・評価

-
2は映画館で観る気満々だったのにも関わらず、わが街では上映されず。。。
やっぱりこのガンアクションは映画館で観たかったなぁー!!!

前作同様シューティングゲームのように殺していくシーンは気持ちがいい!

さてチャプター3のジョナサン、どうなることやら楽しみ!
きっと映画館では観れないけど。。。
aya

ayaの感想・評価

-
もうアクションがスゴすぎて、スゴすぎて!!!!個人的に1より断然アクション良かった!!殺し屋としての一流のお店でショッピングが面白かった!
ただのアーケードゲーム感。ハッキリ言って退屈だった。
イタリアのジョン・ウィック、たっぷり堪能。なにせ敵役サンティーノを演じたのが、イタリア映画好きで知らないものはいないリッカルド・スカマルチョとくれば、なんだか親戚が出演しているみたいで大盛り上がり。なかなかの伊達男ぶりと、よわっちい悪ぶりがかっこよかったわ。さらにコンチネンタルのローマ支店の支配人なんて、あのフランコ・ネロだぜ。こいつはこれは完全に「ジャンゴ」に代表されるマカロニウエスタンへのオマージュ。

それから、あのローレンス・フィッシュバーンが登場したときなんて、拍手しちゃった。マトリックスのモーフィアスじゃん。「おたがい若い頃にあったよな」なんてセリフをキアヌに向かっていえば、思い出すのは当然、おなじアノマリーでありながらも、役名はジョン・ウィックではなくネオ、あるいは救世主だったころのリーブスだよね。それにしても、ご両人、すっかりいい感じで貫禄が出てきましたよね。

そういえば、そもそも監督のチャド・スタエルスキーは、『マトリクス』のスタント・コーディネーターだったっけ。接近戦でのドンパチアクションは相変わらずキレッキレだし、階段落ちも、車に跳ね飛ばされるスタントも、まだやるかというくらい繰り返されるし、ともかく流れるようなアクションはさすが。

でも今回はやりたかったのは、当然、ロバート・クローズの『燃えよドラゴン』(1973)ばりの鏡の間のシーンにちがいない。映画において鏡の間は鬼門。へたするとカメラもスタッフが写っちまうから、撮る方はめちゃ大変。そいつをあえてやるんだから、チャド監督もがんばったよね。

映画ファンなら、すぐにオーソン・ウエルズの『上海から来た女』(1947)の名シーンを思い出すのだろう(『燃えよドラゴン』はこの作品へのオマージュだったっけ)。でもぼくなんかは、ついついルキノ・ヴィスコンティの『夏の嵐』や『白夜』なんかに見られた、じつに自然で控えめながら、はっとさせるような鏡の使い方を対置したくなる。どっちがえらいというのではなく、鏡がうまくつかわれていたら、ともかく名作なんだってことだと思う。
松五郎

松五郎の感想・評価

3.7
撃ち合いが始まってからのアクションは圧巻
今度の敵は世界中の殺し屋に。
敵の数が増え、ガンフーアクションはパワーアップ!
面白かったけど、前作ほどの新鮮味や衝撃は無かったかな…。
渡部亮

渡部亮の感想・評価

3.8
1作目の衝撃を越えないのは何となくわかってたけど、それでも面白かった。

相変わらず徹底したアクションシーンには時間を忘れさせてもらうくらい釘付けにされたし、なんかお洒落なんよねジョン・ウィック。

必ず脳天をブチ抜くのは爽快。んで乱闘後にBARで飲むのもらしさ全開。

にしてもタフが過ぎる。笑
まだまだ続きそうですね。このまま行くと中弛みしそうだから次も思いっきりやって欲しいな。
>|