ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

3.0
2017.07.18鑑賞。
殺し屋という裏の世界を、フィクションながらも(だからこそ?)丁寧に構築しており、面白い。今作でも、殺し屋専用のホテルや、殺し屋だけに流通する通貨など、独自の世界観は健在。それだけでなく、殺し屋への指令が昔でいう電話の交換所を通じて受け付けられ、80年代(?)のパソコンを介して発信されるというのも、味があってよい。
一方、肝心の殺しのアクションは、そんなファンタジックで面白みのあるギミックとは打って変わってひたすらストイック。
ブギーマンと称されるジョンが冒頭から、アクションの度に、傷を負うのだ。これこそがリアルなアクションなんだよと感心するところなんだろうけど、せめて冒頭の車を奪還するシーンくらいは無傷で、気持ちよくスタートしてもよいのではと思ってしまう。しかし、監督はそれを許さない。まるで、冒頭から、今回のテーマは因果応報だと宣言するかのように。つまり、キアヌが組織から足を洗うには、それ相応の代償を伴うのだ。
個人的には、幹部暗殺のための準備が一番’お楽しみ’のシーンだった。銃のソムリエとのやり取りとかニヤニヤして観ていた。第3弾が楽しみだ。
前作と続けて視聴。
前作同様ストーリー抜きでアクション楽しみたい人用だと思う。

前作に増してアクション部分が大きくなり、ジョンが歩けば殺し屋が来るとはよく言ったもの。たまに間の抜けたアクションがあって笑っちゃったw
特に他人にバレないように打ち合うシーン。全然当たってないやんけ!

あと、あそこの配役は絶対意識してると思う
ぴい

ぴいの感想・評価

3.6
カンフーもドンパチもカーアクションもエンピツもかっこいい。殺し屋たちの駆け引きも面白い。
前作に比べ及び腰だったので、もっとブチブチにキレたキアヌが見たい。
ジョナサンかわいそ過ぎる…。

殺し屋なりのルールが成り立ってる感じ、至近距離で確実に殺すやつ、電車内でじりじり近づいていく感じ、モーフィアスとの邂逅、犬可愛い、どれも良かった。何よりキアヌのどハマり感がもうたまらない。

前作よりも長いのだけ気になったか。
鯖缶

鯖缶の感想・評価

4.0
今作もキアヌが無茶苦茶強い。1人で敵をまとめて倒す爽快感が凄い。
オープニングで、前回のラスボス繋がりの敵をサクっと倒して、今作の期待が一気に膨らんだ。例のホテル等の秘密の組織みたいなの大好きだから、今回は新しく出たソムリエや仕立屋のシーンは最高。
依頼人の弟は自分では闘わない情けない野郎で、計画も汚いからキアヌの応援は熱が入った。
3作目がありそうな終わり方だったから、あったら楽しみ。
一瞬ですれ違う人全員から命を狙われる無理ゲーみたいな展開が面白かった!

鉛筆のシーンはアウトレイジでもありましたがアウトレイジより手数多くて徹底してる。
2としてはかなり面白いと思います
>|