ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

観たお(^-^)

いや、ゲーム🎮じゃないんだから、人殺しすぎでしょ(笑)

ノンストップ殺人ゲーム🕹しょ( ̄∀ ̄)
何十人、いや何百人、やったんだ、白状すろ(笑)

相変わらず、ロレンスFBはオモロい(^-^)

いやいや、あの終わり方は、絶対3あるってばよ(笑)

総括は、マトリックスやバイオ好きにはいいけど、私はマッチしなかった😂
ただ、序盤で色々と調達してたジョンウィックが『うわあーーーーっ』とぶち切れて、本当はこの仕事やりたくなくて、、、でも仕方ないのが伝わってきた。

まぁ、キアヌリーブスかっこよか!
アクションすごい
血の飛び方とかリアル
サイレンサーでしれっと打ち合ってるとこがシュールで笑えた
Sarapin

Sarapinの感想・評価

3.7
平然と人バンバン殺していく感じ現実にいたらまあ怖いけど作品として観るとあらかっこいいの一言に尽きるまじで武術習いたい
シュウ

シュウの感想・評価

4.1
もはやニューヨークへの風評被害な映画。
3の公開も近づいてるしそろそろ書いとかなきゃなって。

ロシアン・マフィアとの凄絶な闘いを終え、再び静かな生活を取り戻しつつあったジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)。
しかし彼の復活は裏の世界に大きな反響を呼んだ。
かつてジョンの雇い主であったイタリアンマフィアのサンティーノ(リカルド・スカマルチョ)は、ジョンとかつて結んだ誓印を理由に依頼を押し付けてくる。
もちろん裏稼業を再開するつもりなど無いジョンは断るが、そのあとサンティーノはジョンが亡くなった妻と過ごした家を爆破する。
またも同じように復讐を考えたジョンだったが、サンティーノと交わした誓印は裏の世界では絶対のもの。
仕方なくジョンはサンティーノの依頼であった彼の姉のジアナ(クラウディア・ジェリーニ)を暗殺することになる。

前作からさらにかっこよさも銃弾もマシマシ。
舞台をイタリアとニューヨークに移して、今まで以上にガンガン殺しまくる。
前作が鳴り物入りの1発目だったこともあってか、この2からは予算がたくさん降りたんやなってのが分かるくらいにアクションシーンも派手で華麗で多め。
しかし、今回は他にも魅力が新たに加わっている。
イタリアでの謎の銃ソムリエや、「キングスマン」よろしくスーツは現代人の鎧と言わんばかりに、まさかの裏地を防弾生地にするタクティカル仕様。
ニューヨークではホームレスたちによる巨大組織にやたらと町中にいる殺し屋たちなど、自分の心の中の中学生が喜びそうなアイデアがてんこ盛り。
こんなの見せられたらニューヨークこわ…ってなるでしょ、普通。
もちろん冷静に見れば馬鹿馬鹿しくもあるけど、やっぱりこれがあるから面白い。
007のボンドカーみたいなもん、特にロジャー・ムーアの時の。

同じ殺し屋としてコモンやルビー・ローズ姉貴、そしてホームレスたちのボスのローレンス・フィッシュバーンも参戦して全般的に画面からも殺意が高まってる。
そしてイタリアのクソ野郎のサンティーノ役って誰だっけ?と最初思ってたけど、「二ツ星の料理人」のイタリア人料理人のリカルド・スカマルチョか!と思い出した。
むしろそれぐらいでしか見たことがない。
次作はさらにここにハル・ベリー、真田広之、ヤヤン・ルヒアンが加わるというのだから、ニューヨークへの風評被害はより一層深刻になりそうなほど、きっと大暴れしてくれると思う。
前作よりパワーアップ!!!
続編に期待!!!
yuty

yutyの感想・評価

3.8
キレッキレキアヌが帰ってきた
yui

yuiの感想・評価

3.0
前作の衝撃が強すぎて、見たい!!と思っていたこの作品。
アクションシーンは多々あったけど、前作より迫力にかけるかな。
最後のシーンはあぁ、、、って感じ。
これからジョン・ウィックはどう生き延びていくのか。
気になるところ😂
ひ

ひの感想・評価

3.4
1を映画館で見たときすごい気持ち良かったから期待したけどそんなだったな…
けいkei

けいkeiの感想・評価

2.3
ベタベタコテコテのアクションかと思えば、クスッと笑えるシーンもあったり
マトリックスのオマージュも、、、
ただでは転ばないキアヌの映画久しぶりに見ました、
映画の設定だろうけど、殺し屋多すぎやん
少しは楽しめたに対して2.3
>|