ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

記録
リズミカルに脳天を撃ち抜く様は被害者に同情の余地なくエクスタシーを感じます。
前作から5日後の話。

殺し屋を引退するつもりが、なかなか個人の思うようになりません。それが組織です。

普通、あれだけ「仕事を辞めるな」と言われたら社会人冥利につきるというものですが、裏社会となると話は別です。だって、仕事を断ったら家にバズーカ撃ってくるんですもの。そりゃ誰でも辞めたくなります。

本当、やっていることがめちゃくちゃな世界。その中で"プロフェッショナル"に仕事をこなす姿ってかっこいいですよね。殺し屋のジョンもそうですが、俳優のキアヌ・リーブスのプロ根性も素晴らしい。

昔、キアヌが浮浪者になったというニュースが出ましたが、彼はただ質素を好み、公園のベンチでボッチ生活を楽しんでいただけでした。

なんかのテレビでその姿のキアヌを密着していたのですが、そうやってベンチでボッチ生活を楽しんでいる傍ら、裏ではある訓練施設で軍隊さながら実戦用の射撃の訓練をしていました。

このシリーズは、まさにその成果が身を結んだ、キアヌでしか出来ないアクション映画。色々な意味で本当にかっこいい。キアヌさん、"ありがとう"って言わせてください。

僕が今までに観た映画やドラマの中で、一番衝撃的だったのが「ブレイキング・バッド」で、大人二人が車に轢かれ、撥ね飛ばされるシーンなんですが「わっ、 二人とも死んだ!」って思うくらい、かなりの衝撃映像。普段、途中で話を止めたりはしないのですが、その時ばかりは直ぐに巻き戻して、スロー再生で何回も映像トリックがないか見直しました。あれは完全にやっちゃってます。

話が逸れましたが、今作もそこまではいかないにせよ、人がガンガン轢かれます。キアヌ本人も撥ねられます。

ストーリーはどシンプルで、数行書き込めば直ぐにネタバレになりそうな物語ですが、その分しっかりと魅せてくれます。カースタント、ガンアクションのてんこ盛りで、キアヌが全力で魅せてくれるのです。

来年に続編が公開予定です。情報では、我らが真田広之さんも出演されるそうです。

コンチネンタルのサービスを受けれなくなったジョン。そんなドン底に追いやられたジョンに対し、ウィンストンは守護天使になってくれるのでしょうか?

シリーズものにしては話が複雑でないため、しばらく間が空いても直ぐにこの世界観に戻れる作品。きっと何作でも飽きずに観続けられるシリーズだと思います。

あー、来年が待ち遠しい。
今度は絶対映画館で観よーと!
ふこ

ふこの感想・評価

4.6
爽っっっっ快!!!!
久々にアクションみたけど、やっぱり好きなジャンル( ˘ω˘ )

1も観たけど銃をパンパン撃ち合うシーンが多くて、全体的な世界観が分かりにくかったけど、今回はかなりプロフェショナルの世界に浸れて超満足!

今回もパンパン撃ち合うシーンは多かったけど、1と比べて洗練された動きて見応えありあり。ちゃんとトドメのヘッドショットを決めていくあたりシビれる!

個人的に敵組織の護衛の女性がドストライク…クールビューティでめちゃんこカワイイ。たぶん絶対続編ででると思うから今後も楽しみ。
がらし

がらしの感想・評価

3.9
伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、かつて貸しを作ったイタリアの犯罪組織の幹部から仕事の依頼を受けることに…

一作目から規模が大きくなり、世界中の殺し屋から狙われるようになったジョン・ウィック。
今回もスマートに暗殺、暗殺、暗殺。
確実に2発目の弾丸を撃ちトドメを刺すところも変わらず。
気持ちのいいアクション映画を所望される方にはうってつけのシリーズです。

ラストの終わり方は3作目につながるような終わり方でした。
すでに3作目も撮影中ということで、とても楽しみです。

マトリックスを思い出させるシーンがあったのでマトリックスファンも必見かと。
あの2人の会話のシーンは嬉しかった…
殺しのアイディアが満載
Youhey

Youheyの感想・評価

3.3
鉛筆1本で3人殺した人第2弾。
車を取り返したと思ったら、初っ端車壊される。
1よりは復讐の動機がぐっと来ない感じする。
でも1以上殺している数多いかな?
3への布石と感じられる今作。
街に殺し屋居すぎでしょ。
あでゆ

あでゆの感想・評価

3.8
リベンジから5日後、伝説の殺し屋ジョン・ウィックはイタリアンマフィアのサンティーノから新たな殺人を依頼される。殺し屋稼業から足を洗い静かな生活を望むジョンは断るが、サンティーノによって思い出深い家をバズーカ砲で木っ端みじんにされてしまう。さらにサンティーノに7億円の懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋のターゲットとなる。

ジョン・ウィック含めてどいつもこいつもキャラクターがバカすぎてもうこれはコメディだろう。誰も話し合いで解決する気はなく(オーナーみたいな人だけは違うか)、話の内容最後まで聞かずにとりあえず殺せ的なトリガーハッピーな作品。だけど見た目は大真面目なので余計に笑えてくる。

無間地獄みたいな話で、世の中にどんだけ殺し屋多いんだよと思って正直ちょっとゾッとした。けれど、どこ行っても殺し屋みたいな世界は何気に観たことなかった。
なんかもう殺しの量が多すぎて中盤殺しのチャンネルザッピングみたいなことになってて噂通り頭おかしくなりそうになるよ。個人的にはあそこのシーンの殺しが並列で走ってるだけにバリエーションが豊富で一番好み。

動きはもろにCQCのスネークなので、その辺も楽しめた。鏡だらけの美術館に行ってみたりとか、終始町中のサイケな明かりとか視覚的にもトリップムービーでちょっと『スカイフォール』とも被って観ていた。あと裏組織の広がり方が『キングスマン』ぽさもあり、ああいう世界観はアガるよね。

ただ個人的には『アトミック・ブロンド』のほうが好みかも。
これは好き嫌いのレベルの話だと思うけど、あっちのほうがジェイソン・ボーン的に殺しにバリエーションがあったり、ワンカメのアレがあったからな。
洋子

洋子の感想・評価

4.4
今回も強い!!!
世界を敵にまわした、、
>|