ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

kana

kanaの感想・評価

-
スタイリッシュな世界観にみえるけど、所々なんかダサい演出があるのも愛すべきところだよね! サプレッサー付きの銃で地下鉄の駅で静かに打ち合うシーンがお気に入り
eliza

elizaの感想・評価

4.5
始めっから最高でした!!
てか、良く生きてるよなってくらいいろいろダメージくらってるのに、帰ってわんちゃんよしよし出来るのがすごい(笑)
でも今回はキアヌより、敵の喋れない女の殺し屋のルビーローズの方に惹かれてしまった。
めちゃくちゃかっこいい!喋らないから余計オーラがすごくて、表情とか手話で会話するのがかっこよかったです!
ストーリーは前回の方が好きだけど、今回の方が撃ちまくって戦いまくって、めちゃくちゃな感じがスッキリします!
あの終わりからどんな続編が出来るのが楽しみです!
nerohana

nerohanaの感想・評価

4.0
前作よりストーリー性は薄くなってますが、その分アクションシーンは素晴らしいの一言。続編にも期待大。
NYは恐ろしい街だなあ。

冒頭の車を取り返すシーン、イタリアでの洞窟内シーンが特に面白かった。
駅での、歩きながらの銃撃戦は変過ぎてそっちの意味で面白かった。

ルビー・ローズの新キャラは、これで退場させるのが勿体無いくらいの良キャラ。
格好良過ぎる!

スケールアップしたのは良かったものの、内容に見合わずちょっと長いかな…。
Akiyoshi

Akiyoshiの感想・評価

3.5
何がやばいって殺し屋が大量にいるってことだろ。ヤベェ世界じゃねーか!!

\( ‘ω’)/ウオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーッッッッッッッッッッッッッッ!!主演キアヌ・リーブス!ガンフー!確実に殺す銃さばき!血の誓約!闇社会主席連合!コンチネンタル・ローマ!広がるダークな世界観!

待ってたんだよアンタを!!!
怒らせたらヤバい男!!!
ジョン・ウィック!!!

ということでレビューもクソもありません。大好きなキアヌ・リーブスのガンフー見れたらそれで満足なのです😊

超個人的な理由から怒りを爆発させた第1作から変わり、今回は規則やらのしがらみを超えた怒りの到達点的な、もう何が何でもぶち殺すという憎しみ対理性のオーソドックスな構図が物語を引き締め高めてやたらシリアスにしているのが素敵。ジョン・ウィックが掟と義理と人情の板挟みに追い込められるところが人間らしく、お前ちゃんと人だったんだな。とも思わせてくれるリアリズムまで追求。共感まで出来ちゃう親切設計がラストに涙を誘う。

あまりの絶望感と何だか応援しちゃうようになってしまったジョンへの期待から次回作どうなっちゃうの〜!感が激しくヤバい。
layca

laycaの感想・評価

4.2
期待通りのシューティングアクション!

1を見てからめっちゃ好みや!と思ってけど
2もやっぱり最高でした!!
テンポ良く進み、爽快感がすごい。
アクション大好き野郎には堪らないですね。

激しいアクションで、人を殺すことは躊躇わないくせに愛犬家ってとこがツボ。
笑わせてくれるとこもあるし飽きずに見れました。

今回新キャラのルビーローズ。
手話って!!!ズルい!!!!
カッコ好すぎてノックアウト。
あえて喋らせないって新しい。
ズルいカッコ好すぎた。

話も単純だから頭使わずに見れるし、スッキリしたいときにまた見たい。
3の製作が決定したようなのでまた期待してます。笑
五十

五十の感想・評価

4.2
キアヌリーブスのアクション祭、第2弾。
彼の新たな代表作となった『ジョン・ウィック』の続編で、どう考えてもまたまたやりすぎな映画となっております。笑

前作ではピンチに陥りながらも基本的には優位なポジションにいたジョンですが、今作では国中の殺し屋に狙われることになり、四六時中ピンチ状態が続くことになります。

加えて、前作で好評だった殺し屋業界の掘り下げもなされていて、世界観に深みが増しました。
個人的にはこの点が一番嬉しかったです。

とまぁ、2作目らしいボリュームアップが図られていますね。

ジョンが苦戦するからといって前作のような爽快感がないのかと言われればそうでもなく、実は今作でも敵をバッタバッタ倒していくシーンはあります。
てか、やっぱほぼほぼそんなシーンばっかりです。笑

その中で銃器のリアルな扱いだったり、様々な物を用いた新たなアクションだったりが光るんですね。
「銃器のリアルな扱い」とか言っちゃいましたが、僕自身銃のことは詳しくなくても(あ、これリアルなんだろうな…)と思わせるモノがあります。
実際、製作側もそこは凝ったようで、僕の銃マニアの友人も褒めていました。

そして、アクションもやはり一級品でした。
格闘と銃撃を融合した“ガン・フー”、自動車を武器にする“カー・フー”、ナイフを使った“ナイ・フー”……。

名前だけ見るとふざけてんのかと思われますが、本当にこれらのアクションが考え抜かれて配置、演出されていて舌を巻きました。
銃、車、ナイフを用いるアクションなんて他の映画でも沢山出てくるのに魅せ方の工夫一つでこんなに違うんだなぁと。
まさに“ク・フー”ですな。笑


アクション映画に新たな風を巻き起こす本シリーズ、楽しみに最終作も追いたいです。
akn

aknの感想・評価

3.0
1よりもハラハラすぎです!
殺し屋の世界を恐怖を
味わえる映画てました!
2017.07.06.

あの殺し屋が帰ってきた

帰ってこさされた、というのが正しいのか

目には目をという世界で生きた男の行き着く先
そこは、どんな場所であっても、もう地獄でしかない

人を殺した男は、いつでも人に殺される可能性がある

キアヌリーブスの身体能力、ガンアクション、スーツの着こなし
カッコ良いっす
mai

maiの感想・評価

4.1
ジョン・ウィックカッコよすぎ!!
1も大好きだけど、2のキアヌ様、内容も大好き!
やはりキアヌはアクションが似合うなー!
様になるなー!!
世界中の殺し屋のシーンはちょいとしつこく感じたけど(笑)
懸賞金制度うざい(笑)
ラストからの3にも期待!