ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

よ

よの感想・評価

4.0
殺しよりどりみどり!敵に銃口を押し付けたまま装填してとどめを刺したり、鉛筆を凶器にしたりと相変わらずのエンターテイナー。多数登場する殺し屋も、スレンダーなバイオリン弾きや相撲取りなどバリエーションに富んでいて面白い。ミラーハウスでの戦闘も新鮮で素敵。
Xavier

Xavierの感想・評価

3.3
ストーリーは、前作の終わりから5日後の話。仕事の依頼の為、イタリアンマフィアのサンティーノがジョンを訪ねて来ます。ジョンは、仕事の依を断ろうとしますが、誓印(持っている人に貸しがあるということ指すメダルの様な物)の掟に逆らえず依頼を請ける事に。それは、サンティーノの姉の暗殺だった……ザックリ言うとこんな感じ。仕事は、成功します。しかし考えられない事に、姉殺害の復讐という大義名分の為にジョンを暗殺者に狙わせるなんて、かなりのクズっぷりのサンティーノ。開いた口が塞がりません。全編アクションは、凄いのですが、ラスト40分は、その中でも緊張感もあり良かったかな。作品を観て思った事は、アジアンテイストが盛り込まれてるかな。例えば、誓印なんて日本のヤクザ映画に出てくる"親子の盃"みたいものって感じもするし、ラストの方なんかブルース・リー作品へのオマージュかなって。
ストーリーはたいしたおもしろみなかったけど、ぬるぬるアクション頑張るキアヌさんは楽しめました。車はやく直るといいな。
KURO

KUROの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

今回も 撃ちまくる殺しまくるキアヌ・リーブス

700万$の懸賞金を掛けられて 周りはみんな敵状態
ただ ほぼ戦闘だったので お腹一杯に…
最後にコンチネンタルのオーナーと話した後からの逃走の流れは良かったのだが…

次回作出るようなので そちらに期待
おもしろいけど、前作とやってることは一緒

ちょっと疲れるかな
いつものようにバンバンぶっぱなしていくが、前作ほどの爽快感はない。
プロフェッショナルなら、なぜ追放される道を選んだし…。次回作のためかよ…。
1作目をしっかり超えてくる面白さ!
戦闘シーンにも幅がでてきて面白かった✨✨
身支度を整えるシーンとか個人的にすごく好みです!

キアヌには何とか救われて欲しいな( ; ; )
次回作もあるかと思うので楽しみです!
kotakota

kotakotaの感想・評価

3.9
1作目を見て続けて2作目鑑賞

前作と同じくアクションシーンはカッコいいの一言!次々と出て来る敵を全員仕留めていく圧倒的な強さはほんと爽快

続きが公開されたらすぐ映画館で見たい!
TSUKASA

TSUKASAの感想・評価

3.0
「ジョン・ウィック」から5日後、前作で愛犬を殺され愛車を盗まれ復讐、今作は家を壊され復讐する最強の元殺し屋の物語。監督のチャド・スタエルスキがスタントマン出身だけあってCQBアクションのこだわりは凄かった。だけどストーリーの薄っぺらさ。でも何も考えずに楽しめる頭の悪い映画で良いと思う。これぞ本来のアメリカ映画という感じ。
新文芸坐にて1.2の二本立てでした。が、体調不良のため未鑑賞の2だけ鑑賞。鑑賞してからさらに続けて観たかった思いが強くなりました( ; ; )

ちゃんと一人一人仕留めていくので見てて辛くもあったけど、アクションに重量感とスピードがあって楽しめました(^^)
二人でナイフと銃を用いながらの接近戦が特に好き。
カーアクションもカッコよかった。
なぜか笑えて泣けるアクション映画でした。