ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

パル爺

パル爺の感想・評価

4.0
キアヌやっぱ最高です

言うまでもなくアクションが最高
特に、地下の洞窟?でのガンアクションで武器を持ち替えながら戦うところのリロードの間もキルアクションを続けるところは圧巻!

殺し屋のルールや仕事前の準備等の物語上の設定も独特で楽しくストーリーを盛り上げる良いファクターになってました

上述だけでもワクワクなのに殺し屋バトル・ロワイアルって面白くないわけないじゃん

ロシアンマフィア(無印)→NY中の殺し屋(CH2)→世界の殺し屋(次回)

最後は、流石にこれどうしようもなくね…という展開になると同時に
どうなんの?早く次観たい思う二作目としては完成された映画なのではないでしょうか
なます

なますの感想・評価

4.0
1に引き続き「ノワール系アクション映画とはこうだろ!」みたいなノリが気持ち良い。
2ではアクションの比重が高く、さらにキレとケレン味が増しているので、より純粋にアクション映画として楽しめた印象。
ino7010

ino7010の感想・評価

3.6
流れるようなアクション描写はキレキレだし、殺しに向かう準備のくだりや世界観の書き方も面白かった!これから先どうやってジョンウィックが生きていくのか心配になるラスト笑
ただ、アクションシーンが淡々と続く部分で少し眠気に負けてしまった。
一般人に対する殺し屋の比率ヤバイですw100メートル歩いたら1人いるくらい?集まってるからといえど多すぎですね!

前作からの楽しいポイントの、業界の決まりごとの説明が相変わらず楽しい。ソムリエが最高ですね!とてもゲームっぽいです。ホテルが安全な事とかも。この辺が男心をくすぐる所ですね。

元々たいして無いと思いますが、物語の深みみたいなものは前作から更に薄まってドンパチに終始するので、やや後半飽きてきますが、観賞後の感想は「面白かった~」ってなったので、良作だと思います!!

鉛筆は次作まで引っ張って、ラスボスにかまして欲しかったな~

前半の車取り返す件で、車ボコボコになるの笑えましたwギャグですね。
殺し屋たちのオリンピック!

前作の壮絶な復讐劇から5日後、あれだけ殺れば気も晴れたのか惨殺された愛犬を忍ぶ様子もなく既に新しい犬を飼っている冷酷非情な伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)。

復習の代償は7億円の賞金首...今度の敵は街中の殺し屋たち。
血で血を洗うバトルロイヤル!

奴が持てば鉛筆だって凶器になる!

前回84人殺しても飽き足らず、今回なんと141人...殺って殺って殺りまくる!
一方的に駆逐されていくマフィアが若干かわいそう(;^ω^)

礼儀を重んじる殺し屋道の元締めコンチネンタルホテル...オリンピックならIOC。
ルールを無視したらオリンピックでも金メダルは剥奪される...となると繰り上げで金メダルは日本の相撲取りか!?(笑)

次作で最終章とのことだが、もっと厳しい戦いになりそうだ ヽ(^。^)ノタノシミ~♪
chrono

chronoの感想・評価

4.0
ジョンウイックって実は馬鹿なんじゃないかと途中から思い始めたけど、それでも無双するから好き
maverick

maverickの感想・評価

4.5
本作にはストーリーなどあってないようなもの。とにかくアクションアクションである。それは前作から変わってはいない。キャラも世界観も演出も全てアクションを魅せるために尽きる。それだけなら他にいくらでも似たようなアクション映画はあるだろうが、本作は独特。007もミッションインポッシブルもジェイソンボーンも往々にして最高だが、本作の味は本作にしか出せない。本作が唯一無二な点はキアヌ演じる主人公だろう。アクションを魅せるという点も全てキアヌ演じる主人公のためである。今のキアヌ・リーブスだから出せる魅力なのも大きい。少し疲れの見栄隠れする年を取った彼だから出せるいぶし銀な魅力だ。猛特訓しただけあってアクションは圧巻。本作では次から次へと殺し屋とノンストップで対峙するが、前作より数倍パワーアップして凄まじい迫力と緊張感。いやぁ次もあるみたいだけど一体どうなってしまうんだろう。日本ロケあるかもね!
GEROOOO

GEROOOOの感想・評価

3.8
相変わらずの車に対する執着とボロボロなジョン・ウィックPART 2!

今作も本当に兎に角ついてない。ジョナサン。
犬はなんとか大丈夫だったけど…。
彼に安住という言葉は存在しないのだろうかw

前作に引き続きガンフーは健在で、やっぱり爽快感でしかない。
相変わらずの敵に対する無慈悲な殺しは気持ち良さすら感じる。
それとどんなに傷付いても立ち上がるジョナサンはもはや無敵。

ストーリーはと言うと…前作よりはあったんじゃないかな…戦う理由もしっかりしてたし、締めもきちんと収まっていた。

2作目であるChapter 2は成功と言える。
良い加減、ゆっくりとした余生を過ごして欲しいジョナサン。
安住の日々は来るのでしょうか…。
つたや

つたやの感想・評価

4.0
初めから終わりまで片時も目を離せなかった。泥臭い中に技が光るアクションの数々、良かった。
チャプター3はどうなることやら…考えただけでゾクゾクするわ。

このレビューはネタバレを含みます

まず僕は前作を見ていないです。

なので作品を目で追いながらジョン・ウィックの世界観を知っていくという見方になりました。
ジョン・ウィックはどうやら凄腕の殺し屋である仕事を終えて引退…からの誓印という約束事により即カムバック。
そして始まる殺し合いの連続…。

前作見ている方が勿論楽しめると思うのですが、この映画単体でも十分楽しめました。
ちょっとたるみ気味のボディーを惜しげもなくさらすキアヌ・リーヴス。
感情の起伏があまりない殺し屋なのですが、その秘めたる怒りの演技はとても良かったです。
キングスマンもそうなのですが、最近は秘密結社も窓口からカモフラージュからだいぶオシャレです。
武器の選び方から面白かったです。
あとジョンがある殺し屋とその組織の建物に殴り合いしながら窓ガラス突き破って入ってくるのですが、その時の組織の偉い方の声のかけ方が「ジェントルメン!?ジェントルメン!?」って言ってたのが印象に残りました。

ガンアクションもドンパチやらかしまくっているのですが、暴れん坊将軍の殺陣を見ているかのようなシーンの連続です。
ただ流れとして見せるだけでなくて、色々なシーンがクロスオーバーしたり見せ方も冗長にならないようにしていたと思います。
弾が貫通しないけど激痛が走るって設定のスーツは面白いですね。
頭撃たれない限り死なないし、キアヌの「痛い!」って感じの演技が程よく、あざや傷が目白押しの上半身裸シーンが血は出てないけど当たってるんだねという説得力になってました。

続編も多分出そうなラストだったので、前作を見直して登場人物の相関図とか世界観をちゃんと見ておきたいと思います。