ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

キアヌ、激おこ暴走映画。
ジョン・ウィック大暴走
デコ

デコの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます


前作から5日後という続編でありつつ、前作を見てなくても簡単に『ジョンウィック』という映画をピーターストーメアが簡単に説明してくれるという親切な作りから始まるチャプター2。
引退したはずなのに『誓印』というものを以前に押してしまったせいでマフィアにある人物の暗殺を依頼される。(誓印については説明されないが、どうやら『殺し屋組合』の中では絶対の約束で、お互いに1つずつお願いを聞く?的なもの?)でも「引退したし…」と断るキアヌ。
しかし依頼を断ったことにより自宅をランチャーで爆破されてしまう。
愛する妻の思い出が残る自宅の崩壊を目にしてまたもやキレるキアヌだが、一応自分が過去に『誓印』を押してる手前それなりに殺し屋組合の筋を通してたりもするわけなのです。
そのあたりは納得出来るものの、前作に比べいかんせんストーリーにモタつきがあるように感じてしまう。編集のせいか??

歴史を感じる遺跡でアンビエントな音楽が鳴り響く中の暗殺や、イタリアの『組合』ホテルの銃ソムリエとのやりとりや防弾スーツのオーダーとか。世界中に広がる殺し屋組織との連絡の取り方もイイよね!
1と同様、一歩間違えば厨二感がダサいというところをなんともカッコ良く仕上げてるのにモダモダしたストーリーが…。

でもアクションは最高!
ジョンウィックといえば確実に足を撃って動きを止めてから脳天に弾を撃ち込むアクション。しかも前作よりもさらにカッコいい。
バン、バンバン!!
そして脳天にバーン!!
コレは惚れ惚れしてしまう。
キアヌのマッチョ過ぎずにちょっと身体が重そうなところもいい!
今回の弾数が制限される中で相手のマガジンや銃を奪いながらのキルショットはずーっと見ていられます。
ただ、車にはねられさらに刺されても死なないのは無敵すぎるのでは…?とも思うけども…?笑

組織の掟を破ったことによりイアンマクシェーン扮するホテルのオーナーから除籍扱いを受け、ラストに向かって加速するジョンの絶体絶命追い詰められ感は半端ないので次作もとっても楽しみ。

最後に言わせて。

世の中には殺し屋しかおらんのかーい!!
miku

mikuの感想・評価

5.0
めちゃめちゃ面白かった…。前作はそこまでだったけどかなりパワーアップしてた!

いやぁ、気持ちいいほど振り切ってた!ここまで狙いに狙って笑かしにくる本格的アクション映画初めて。
初っ端から笑いの止まらないカーチェイス繰り広げてくれて、映画の期待度が一気に高まり、最後までそのテンションを貫いてくれた。ありがたや〜!

ジョン・レグイザモの登場が少なくて寂しかったけど、ローレンス・フィッシュバーンとキアヌの2ショットに興奮。

ちょっとキングスマン意識したのかな?的なシーンもあり、まぁコメディでもアクションでもよくできた映画でした。家で爆笑しながら見たい。
Takumi

Takumiの感想・評価

3.8
飛行機で鑑賞
頭空っぽにして楽に見れた

撃ち合いの舞台カラカラ浴場じゃん!
旅行行ったところが舞台になるとテンション上がるわ
murade

muradeの感想・評価

2.3
キレまくるジョンウィックを期待してたんだけど、死体の量が1より増えたぐらいで微妙でした。
shoito

shoitoの感想・評価

3.4
殺戮コレクションinミラノ
ザ・アクション映画。

この映画の物語は、アクションを見せるために設けられている。
この映画のロケーションは、アクションを美しく見せるために選ばれている。

ただ、かっこいいアクションを見せるためだけに作られた映画。
まさしく、ザ・アクション映画。

ジョン・ウィックについて語る時、この映画の世界では、チャック・ノリス・ファクトみたいになるw
ジョン・ウィック・ファクト。「彼について語られることは全て、控えめに語られている。」

ジョン・ウィックが完全武装の準備をするところとか、裏社会の便利すぎるシステムが描かれるシーンは、『キングスマン』や『ハリー・ポッターと賢者の石』でハリーがダイアゴン横丁でホグワーツ入学の準備をするシーンのような、ワクワク感があった。少年心をくすぐりまくる。
キングスマンが来れば、ハリー・ポッターが来れば、ジョン・ウィックが来れば、あらゆる偉そうな人たちがこうべを垂れ、最高のおもてなしを惜しげも無く与える。水戸黄門的な快感もたまらない。

この映画のギャグ要素は狙って盛り込まれてると思う。笑ってツッコミながら見てね、決して真面目に見ないでね、という配慮。正直、何度も大爆笑。キアヌとコモンが揉み合いながら階段を転がり落ち続けるシーンとかスラップスティック・コメディ過ぎでしょwwww バスター・キートン的。そういえば、映画全体の最初のカットが(なぜか)バスター・キートンの映画が街中の壁に投影されているというものだった。

ゴア描写だけ取って見れば、そこらのスプラッター映画なんかよりよっぽど痛い。
というか、ジョン・ウィック自体が怒れる悪魔のような男だから、もしこの映画を殺される側の視点から描いたら完全にホラーだよ。絶対殺せない、絶対殺す、不死・無敵の男に追いかけられるんだよ?ほぼ『ハロウィン』だよ。マイク・マイヤーズかよ。ってここまで書いて気づいた。そう言えば、ジョン・ウィックのあだ名ってブギーマンじゃん。なるほど。

しかしスラップスティックでスプラッターで、コメディとホラーって表裏一体なものだけど、アクション映画のジャンルの中でもその域に達するものってあるんだなあ。

そういうアクション映画シリーズ、他にも知ってるぞ。インドネシアの『ザ・レイド』シリーズだ。街中でのエクストリームアクション合戦ということで、『ザ・レイド GOKUDO』も思い出した。
『ザ・レイド』の、ラスボスが最上階にいる悪い奴らだらけのタワーを、主人公が戦いぶっ殺しながら上っていく、っていう構造はブルース・リーの『死亡遊戯』スタイルで、おそらくオマージュだけど、
本作の方がより意識的に露骨に、ブルース・リーをオマージュしていた。

ブルース・リー・イズムの正当なる後継アップデート映画を目指して作られているわけか。ブルース・リーからの影響は前作の時点で言ってたけど、今回の方がより露骨になってた。
コロッセオに、鏡張りの部屋。

面白かった。楽しかった。
とは言え、なんじゃこの映画wwww
相当、トンデモ映画なことは確か。
キアヌ、本当に最高だな、あなたは。
keiga

keigaの感想・評価

3.9
「彼の伝説は、全て控えめに語られている」

映画冒頭のこのセリフが
ジョン・ウィックの全てを表している!

相変わらずのガンフー
足を打って、ヘッドショット!最高!

色んな殺し屋
色んなアクション
ソムリエ

男の子は絶対楽しくないわけない!


ローレンス・フィッシュバーンと
キアヌが共演するだけでも
激アツなのに

「2つの選択」を
過去にキアヌがさせた件とか

ふぅーーーーーー!!!!!

終始テンション高く飽きない
次回作も楽しみ!

なんで日本でヒットしないんだろ🤔
オススメです!
KZ

KZの感想・評価

3.5
やたらスタイリッシュでありながらも、ジョンウィックの泥くさいアクションが映える。
静かな怒りは敵に撃ち込む鉛玉の数に現れてる。
これがプロの流儀だ!(笑)

2017 026