ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

アクション、最高です。

犬がいい子で可愛い。

足を洗いたいのに、また戻されてしまいます…。

タブーをおかしてしまうのか?
ドキドキしました。

早く続きが観たい!!
PALMDRIVER

PALMDRIVERの感想・評価

3.5
1作目がものすご良かった

2作目はその世界から変化なしと
おもって観ればいいかもですかね

ほっほ〜お、はっは〜ん&むふふふ〜感も
1作目と同じ手法だからでしょうかね

人間て贅沢です


映画っていいですね。
暗殺の仕事に強引に戻らされ、そこからさらに終われるようになりつつも、迫り来る暗殺者たちをどんどん殺しまくるというストーリーで、まぁ無駄に殺陣シーンが多い単なるアクション映画。つまらなくはないが。。。
tofu

tofuの感想・評価

3.0
感想。
前作の方が良かった…。

冒頭のアクションは非常に良かった。
車の使い方がやり過ぎていて爽快だった。

今回の敵に魅力が無かった。
色々な殺し屋との多様なバトルは皆無で消化不良。

つまらなくはないが特別に面白くもなかった、そんな感じ。
1の方が好きだったかな。

相変わらずの銃撃戦は面白いし
ジョンウィックもかっこいいんだけど
復習のための動機がもはや薄過ぎて忘れた…

最後は走ってた
本来の公開日から遅れる事2ヶ月、地元でも公開されたのでようやく見ることができた。
このシリーズは「ストーリー?そんなものは二の次!まずアクションを楽しめ!」と言わんばかりの、まるで一昔前のアクション映画のような雰囲気がとても良い。主人公がわりとボロボロになるという点は違うものの、そんな状態でも次々と敵をなぎ倒して行く様は人を殺しているも関わらず爽快さすら感じる。
そのアクションは前作を遥かに上回る派手さ。相手にする敵の数がガッツリ増えたおかげで息つく暇もないという言葉がピッタリのすごい見応え。
特にパーティ会場から地下道へ逃げながら戦うシーンは、数あるガンアクション映画の中での一つの完成形と言って良い気さえする。
メインが弾切れ→即座にサイドアームを抜いて攻撃するってのは浪漫。
コンチネンタル所属の武器屋や仕立て屋が無駄にスタイリッシュなのがまた馬鹿馬鹿しくて、でもそれがなんだか妙に説得力があるというか、プロっぽく格好良く見えるから不思議。たまらない。
ストーリー上、3ではそれらの助けは得られなくなってしまったようだが、その辺りは逆に上手く利用して話を盛り上げて欲しいところ。

それにしてもあの世界、プロの殺し屋がそこらにいすぎでは……
カシアンとアレスは今回限りなのが勿体無いくらい魅力的なキャラだった。
アレスはともかくカシアンは実は生きてましたってことで次でも出てこないかな。
『ザ・レイド2』みたいな個性豊かな暗殺者のオンパレードかと思いきやダイジェスト的に戦いが過ぎ去ってしまって、殺し屋ソムリエ?とかそれっぽい組織が登場しても豪華になっただけで、前作ほどのカルトさが逆に薄れたような気がする。前作以上にジョン・ウィックの人間関係の過去をすっ飛ばしたストーリー展開だからいつか補完がくるのかなーと思いつつ、永遠に補完しなくてもいいかなって思う。

その代わり今作ではキアヌ・リーヴス自前のガンアクションスキルが存分に発揮されてて、前作でもあった銃を握ったまま手首のスナップでマガジンを飛ばしたり、敵をショットガンの銃身で抑えながら弾を込めたり、ふわっと片手で銃を持ち替えてチャンバーチェックしているシーンとか戦闘シーンのディテールにタクティカルっぽいこだわりがチラチラ見えてすごく楽しかった。フィッシュバーンにもらった7発しか弾が入ってないM1911?を敵から奪ったマガジンで使い回して戦ったり映画の戦闘シーンなのに妙な実戦っぽさをすごく感じる一方で、今作も何発ヘッドショットを決めるんや…というファンタジーも忘れない。ファンタジーといえばコモンとサイレンサー撃ち合う地下鉄バトルも子供のケンカみたいでファンタジー。命賭けてるのにどこかほっこりして観てしまうのはなんだろう。前作はむしろガン=カタ寄りだったガン・フーに柔術が多用されていて、よりフットワークに重厚感とアクの強さが増してきた気がするし、本編開始直後に愛車で人を殴り殺してボディをボコボコにするシーンを観て、あーめちゃくちゃ強いのにどこか仕事が雑なジョン・ウィックが帰ってきたな…とは思わずにはいられなかった。要人暗殺が目的なのになぜ彼はいちいち皆殺しにするのか?放っておいてやれよ!って思うぐらいなんで周りはいちいち彼に構うのか?なんだかんだで今作もアクが強くて楽しかったし、次回作が楽しみ!
運命は勇者に味方する!



チャド・スタエルスキー監督 2017年製作
主演キアヌ・リーブス



さぁ、観てきましたよ。
ジョン・ウィック:チャプター2
地元、2ヶ月遅れの公開です(´Д`|||)ガーン


実は他の方のコメ欄でも僕は書いてましたが、前作「ジョン・ウィック」はあまり好みではなかったんですよ~。

なんか、キアヌ汚いし、やられ過ぎだし、カッコよくない……とか思ってました(T_T)

僕は娯楽人間なので「マトリックス」のような人間離れしたアクションが好きなんですよね(笑)



なので、チャプター2を全く期待してないし、別に楽しみでもなかった( ¯−¯ )フッ
ただ、フィルマですごく評判が良いので、やっぱ観てみようかなぁという感じで……ノリキジャナイ
で、結果は……


みなさん、ごめんなさ~い(;ω;*)
僕がバカでした~!




いや、なに?めっちゃ面白いんですけど。
オープニングのカーチェイス(カー・フー)からもう、
ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!ってバトルで、ぶっ飛びました( ̄0 ̄)/ オォー!!

間髪入れずに敵アジトに乗り込んでいくし、おいおい、あんた車を取り戻しに行ったんじゃないんか~いって感じで、車ぶつけまくるし、体だけじゃなく、車ももうボロボロヾ(°∀。)ノノ゙


で、それ乗って帰るんか~い(;・д・)エェーッ
いや、もう、心の中で全力でツッコミまくったわ(笑)
自宅で観てたら間違いなく声出してたわ∠(´°∀°)/



おそらく前作ファンの人は苦手だと思った人と、グレードアップしたと思った人に分かれるのでは?

僕が今作を気に入ったのは、演出の派手さやマンガっぽさなんで(;ω;*)ゴ・ゴメンナサイ

地下道のシーンで敵を倒しながら逃げるシーンって、シューティングゲームをやってる感じだよね。敵出る→撃ち倒す。敵出る→また撃ち倒す。の、繰り返し( ¯−¯ )フッ

爽快と言うよりは、壮絶
例えば、コマンドーのシュワちゃん無双とは全然違うのよね。シュワちゃん、ターミネーターだから痛くないし←チガウ(笑)

でも、ジョン・ウィックは痛そう(T_T)
階段落ちのシーンなんかは、大丈夫だったのかなぁ……。

キアヌはほとんどスタント使ってないと聞いたけど、まさかあのシーンはやってないよね😱



あとは、前作にはない殺し屋としてのスタイリッシュさね。これが良かった\(^o^)/

まずは、コンチネンタルホテルにまつわる組織がいいよね~。
なになに、あのコンチネンタルローマのソムリエとか。カッコよくて痺れました( ̄0 ̄)/ オォー!!

新しいスーツもサイコーです。
もう、こういうガジェットには目がない( ¯−¯ )フッ


監督のチャド・スタエルスキーって、マトリックスとかでキアヌのスタンドダブルをしていたんだそうですね。前作が監督デビュー作。すごいなぁ!キアヌにとって、同じ釜の飯を食った仲間なんですね~。前作がヒットして良かった←オマエガイウナ( ¯−¯ )フッ

製作総指揮のデヴィッド・リーチもスタントマン出身で2人の盟友らしく、今度「アトミック・ブロンド」の監督もします。がぜん期待が増しました~( ˘ ˘ )ウンウン



キャストも良かったなぁ。
いちばんのお気に入りは、COMMON演ずるカシアンね。プロの殺し屋でライバルっていう設定がたまらん。心では認め合い通じてるのに、プロとして刃を交える感じはたまりませんよ( ˘ ˘ )ウンウン


このCOMMONって、実はラッパーで、すごくいい作品を作っているんですよ。僕は大好きで、アルバムも何枚も持ってます!よければ、CDも聴いてみて。オススメは「ライク・ウォーター・フォア・チョコレート」です。それにしても、こんなカッコイイ演技ができるなんて、驚きだなぁ(。・ω・。)ゞビシッ!!


で、またいいのが、ローレンス・フィッシュバーン演ずるキングとその組織ね。キアヌとはマトリックス以来の共演。これ見ちゃうと、やっぱりマトリックス観たくなるよね( ¯−¯ )フッ

加えて、僕は中国の武侠映画やドラマも好きなんで、キングの組織が、なんか、それに出てくる丐幇(カイホウ)っていう乞食同盟みたいな感じがして、上がりましたね~
( ˘ ˘ )ウンウン


最近話題のルビーローズちゃんも良かったよ。でも、トリプルXの方が好きだったかな?ここは役柄の話ですけどね(^-^)


最後に、影の主役は、名も無き犬
なんてお利口なんでしょう。
素晴らしすぎました\(^o^)/


そんなこんなで、大好きなアクションシリーズになりました!ドラマ版もチャプター3もめっちゃ楽しみです
(。・ω・。)ゞビシッ!!
eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

3.0
掟を逸脱した後に物語が転がるのに、そこで終わっちゃうんだよなぁ。3に続くったってここで緊張が分断されたら取り戻すの大変だぜ。
イモリ

イモリの感想・評価

4.0
しかめっ面で、銃弾の装填までこだわったアクションをしているのに、何故か笑えてしまうという楽しさ。前作では突飛な設定に引っかかっていたけど、今作ではもうマフィアルールの大盤振る舞いでむしろ爽快。

http://keinewt.hatenablog.jp/entry/2017/07/11/160219