ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

安寧も想い出も焼き尽くされた殺し屋に捨てるもの無し
仇の小物感とちょっとしたギャグみたいなスケール感の大きさがジョン・ウイックという物語、否“伝説”を輝かせているのでしょう

チャプター3も決まっているようですが、どれだけ壮大な物語になったとしても、えんぴつだけはその素朴さを失わずに存在していてほしいです
タフすぎる男の再来。
本当に頑丈。
リズミカルにキル。
でも、キアヌの動きはモッサリしてるよね…
後半は前半の戦いが前座扱いになるようなスピード感。

殺し屋界の設定がなかなか面白い。
次作にも期待。
なんか1作目よりアクションにキレがない。
前作よりもスピード感がなくなった。
淡々と敵をぶっ殺していく展開は
相変わらず気持ち良い。
車を取り返しに来て車をぼろぼろにしたり
家に帰ろうと言って
焼け跡に帰ったり
ちょっとおバカさんなのかな笑
レオ

レオの感想・評価

4.0
相変わらずアクションが凄い。

ジョン・ウィックが不憫すぎる、早く幸せになって欲しい
donboi

donboiの感想・評価

3.4
激おこ!!というよりはもう淡々と殺す、近づいたら殺しますよ、という感じ

前作はきっかけが「よくも車を!わんこを!」っておもしろかったのに復讐が復讐を呼び…というよくある感じになってしまったね
また、警官と同じやり取りやってるよ。

my hans. 準備するとこ👍

狙われすぎだろ(笑)。
TAKE

TAKEの感想・評価

3.5
爽快。
たまにはこういう映画も見たいというジャンル。セリフが少ないし、明日のためになるものじゃないけど、たまには。
ドンパチアクションは差別化しないとね。
カッコいいセリフがないといかんわ。

このレビューはネタバレを含みます

一作目より好きです。でも冒頭で取り戻しに来た車をバッキバキにぶち壊しながら戦うのは本当に大事にしていたのか疑ってしまいました。
殺し屋組織の変なギミックが前作以上にてんこ盛りでバカバカしくも面白いです。血判で契約してしまったがために仕事をしたり、タトゥーまみれの女性タイピストがバシバシ打って、それをグリーンモニターの端末に打ち込んだら、暗殺者の携帯にメッセージが送付される。すごい無駄、たけどそれがいい。
さく

さくの感想・評価

3.5
アクション映画のシリーズものでは期待のシリーズになった。ルビーローズが最高!前回に引き続き殺し屋たちのキャラクター作りや裏社会の設定が素晴らしい。次回作も期待。
一

一の感想・評価

-
1作目のマンガみたいな荒唐無稽さが格段にパワーアップしてもうシュールでバカバカしい領域に。世の中そんなに殺し屋いる?『上海から来た女』よろしくな鏡の間での戦闘からラストまでひたすらパラノイアック。ガンアクション、近接格闘シーンは相変わらず惚れ惚れするように華麗。