こじあき

T.I.M. ティムのこじあきのレビュー・感想・評価

T.I.M. ティム(2014年製作の映画)
3.3
家族向けのSFアドベンチャー映画。
一家に一台はロボットがいる未来だけど、CGはあまり使用せずノスタルジックな雰囲気ムンムン。
ロボットの顔はごつめのモニター、胸にはキーボード、動きはかなりゆっくりで未来ぽさ皆無なデザイン。
スケールは決して大きくないほんわかした内容にはぴったしな気がした。
父親世代には懐かしいデザインで子供にとっては新鮮に感じるだろうし。
ストーリーはとてつもなくシンプルで、故障したティムを直すために唯一ティムを救うことが出来るかもしれないロボット博士を探す旅。
その道中で性格に難ありの#セームシュルト 似の主人公の少年の成長も描かれていたり....。
一応SFアドベンチャーだけど、大した事は起きないしSF感はほぼないけど、ほっこり温かい気持ちになれる映画です。