ハドソン川の奇跡のネタバレレビュー・内容・結末

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿されたネタバレ・内容・結末

調子に乗って書いたら何らかの期末レポートみたいになってしまった(いつか流用するまである)。要するに傑作だったと思います。

 主人公の想像や夢の中に現れる「ニューヨークの高層ビルに飛行機が突っ込む事故」のイメージや、「ニューヨークでこんな良いニュースは久しぶりだ。特に飛行機関連ではね。」というセリフからうかがえるように、本作は明らかに9.11を意識している。そして本作での問題は、「過去の出来事について真実を語ることができるのは誰か」ということに他ならない。
 9.11においては、誰もが一度は見てしまったことがあるであろう、あの決定的瞬間をとらえた例の映像が何よりも説得力を持って事件の“真実”を伝えてきた。繰り返し流されたあの映像とそれに続く「テロとの戦い」を標榜した戦争という展開は、ほとんど『インデペンデンス・デイ』といったコテコテのハリウッド映画のようだったとしばしば指摘される。センセーショナルな映像を流すメディアと、ハリウッド的な物語の文法に従うアメリカ政府によって事件の“真実”が形成され、現実がまるで映画(あるいはビデオゲーム)のようになってしまった、というのが9.11という事件の一面であったといえる。(このあたりは、大塚英志『サブカルチャー反戦論』『キャラクター小説の作り方』参照)
 このような文脈で見れば、本作は9.11以降の映画(あるいはビデオゲーム)のように感じられるようになってしまった現実を、生身の人間が生きる場として回復するための試みであるといえよう。本作では、特権的に真実を語ることができる者は存在しない。バードストライクから着水まで208秒という短さゆえに、マスメディアは9.11の時とは違って決定的な瞬間を捉えることはできないし、一見客観的に見える飛行データやシミュレーションにも誤りが見つかる(この場面では「現実はビデオゲームではない」という示唆的なセリフがある)。最終的にその正しさが証明されたように見える機長も、ラストで自らその特権的役割を否定する発言をする。(物語の終盤で、彼の妻が機長も犠牲者でありえた155人のうちの1人であったことに気づいたと述べるのも興味深い。)あらゆる関係者は、結局のところ、過去の出来事の“真実”について部分的な記憶や記録を持っているに過ぎない。
 本作における事故の回想シーンは、そのような部分的な真実を少しずつ集積することによって“真実”に迫ろうとする試みとして理解できる。ここでは、様々な関係者の視点を追加しながら、同じ事故の場面が少しずつ違うやり方で何度も語りなおされる。例えば、管制塔の視点を大きく取り入れたバージョンでは、通信途絶から着水直前まで機内の様子は映されない。このような、それぞれの関係者が知りうることが部分にすぎないという意識は回想シーンを通して頻繁に見ることができる。
 このように、一方で過去の出来事を完全に再構成することの不可能性を了解しながら、他方わかり易い英雄的な物語に陥ることもなく、一人ひとりの人間が持っている記憶と記録の集積によって少しでも“真実”に近づこうとすることが、映画でもビデオゲームでもない生きた現実を取り戻すための手段なのではないか。このような見方をすれば、エンディングで実際の機長夫妻と乗客が再開する映像を背景に「155は数字にすぎないがその一人ひとりに顔がある」と語られたことが、単なる感動実話演出以上の意味を持っているように思えてくる。
 ある意味ではもどかしいようなゆっくりとした“真実”への歩みを、法廷サスペンス的プロットと丁寧な人間性の描写によって全く飽きないエンターテイメントに仕上げたというバランス感覚まで含めて、本作は傑作以外の何物でもないと思う。
自分を助けられるのは自分だけ。
苦しい。

生きている時間に疲れて、逃れて過去を見たって飛行機と自分しかない。どこまでも追い詰める。

過去の扱い方がすごかった。
過去を入れようとするとどうしたってぶつ切りされてリセット感があるけれどそれが極端に薄くされてた。

電話のカットで徐々に相手の距離まで近づくカットが印象的。

機長と副機長の会話のカット。
切り返しているようにも見えるし切り返してないようにも見える不思議なカット。
2009年1月15日、USエアウェイズ1549便がニューヨーク・マンハッタンの上空850メートルを飛行中、バードストライクによって全エンジンが停止、コントロールを失う。機長のチェスリー・サレンバーガー(サリー)は必死のコントロールと苦渋の決断の末、ハドソン川に機体を不時着させる。その結果、1人の犠牲者も出さず、この奇跡的な生還劇は「ハドソン川の奇跡」として全世界に報道された。

事故から数日後、サリーと副操縦士のジェフリー・スカイルズを筆頭とした乗務員たちは世間から国民的英雄として賞賛される一方、国家運輸安全委員会 (NTSB) によって事故原因の調査が行なわれていた。その過程でサリーの判断が適切であったかどうか、また、左エンジンは本当は動いていたのではないかという疑いを持たれ、彼は空港への着陸が可能だったとするNTSBから厳しい追及を受ける。サリーはホテルでの待機を余儀なくされ、妻との再会もできない中、しだいに自身の判断が正しかったのかという不安に苛まれる。

公聴会前夜、バーを訪れたサリーは、テレビを見ながら事故当日の出来事を回想する。信頼のおける乗務員達や、ごく平凡だが幸福な家族連れの乗客たち。一方、若い航空管制官のパトリックはレーダーから機影が消え着水したことを知ると、調査のための身体検査や記録が始まる。事故後、NY中がサリーの快挙に快哉を叫ぶ…。我に帰ったサリーは、ある事をシミュレーションが見落としていることに気付いた。

翌日、検証の最終段階でもある公聴会の日が訪れた。エアバス社からの中継で、コンピュータ上のシミュレーション、パイロットによるフライトシミュレーションの双方で、ラガーディア空港・テターボロ空港双方への着陸が可能だったことが示された。しかし、サリーとスカイルズは、シミュレーションから155名の人命を背負ったパイロットが状況判断に要する人的要因(思考時間や心理状態)が排除されていると、冷静だが厳しい口調で抗議した。その結果、人的要因の考慮を加味し、空港への方向転換を、思考時間の35秒分遅らせて再度実施すると、フライトシミュレーションいずれへの空港への着陸も失敗。しかも、市街地に墜落する大惨事となり得たことが示された。

さらに引き続いて、実際の音声記録が再生されると、全ての謎が埋まる。

…サリーが離陸後、チェックリストを完了して間も無く、高度3000フィートを超えた辺りでバードストライクに遭遇し、1549便の両エンジンが停止する。サレンバーガーは即座にAPUを起動してからスカイルズと操縦を交代、管制官に対してエンジン故障を報告。管制官の指示でラガーディア空港へ進路220度(南西)方向へ向けようとする。

一方、スカイルズはQRH(クイック・リファレンス・ハンドブック)に従ってエンジンの再起動を試みたものの、機体は最適な対気速度から100ノット近くも速度が下回っている状態に陥り、エンジンはまるで動かなかった。この時点で事態発生から1分以上が経過しており、サリーはラガーディア空港に引き返せないことを悟っていた。サリーはテターボロ空港へ向かうことも考えたが、それを管制官に伝えた時点で機体は1400フィート以下にまで落ちており、テターボロ空港へも辿り着けそうになかった。そこで、サリーは目の前のハドソン川に降りることを決断した。高度500フィートが目前に迫まると、サリーは乗客に対して「衝撃に備えてください」とだけアナウンスし、管制官にも着水の決断を報告する。そして、1549便を船着場近くの水面へと滑るように着水させた…

音声を聞いたサリーは休憩を取ると、自身の決断にようやく自信を持ち、スカイルズを労った。再開された公聴会は、緊張感に満ちた操縦席の音声と、生存することができた当事者たちを前に、彼らの判断が正しかったことを認めた。

エンディングでは、事故の実際の写真の後に、実際のサレンバーガー夫妻・スカイルズらと当時の乗客が一堂に会し、再会を喜ぶ映像が流れる。

Wikipediaより

大学1年生の時に視聴。
ロバート・ゼメキス監督のフライトとは違って機長が正しかった。
やはり機械ではなく人間だからこそ成し遂げたものがある。
冒頭の墜落シーンを観た時に震えた。
着水シーンでの緊迫感は凄まじい。
着水後には安堵感で胸がいっぱいで涙が溢れそうになった。
奇跡の生還劇。私自身も当時のニュースを覚えています。

あの機長にこんな疑惑が持たれていたなんて。。

事故後の日々。トム・ハンクス演じる機長の表情、言葉、うなだれた姿から、その辛さが手に取るようにわかります。

「事故」は誰も一度も経験したことのない、予想不可能なもの。

機長が言っていた通り、その時の対応について、単純にコンピューターで数値のみを検証するのはフェアじゃない、ということに共感!

中身が濃いのに、映画自体の時間が短い。イーストウッド監督、凄いです。
実話ってすごい。主人公たちの反証は最もだなって思った。状況すべてを鑑みた実証をしないとね。すごい感動した。
着水を本当に免れなかったのかと疑われる
しかし、何度も何度シュミレーターで繰り返し
数十秒の判断の違いで大事故に繋がっていたかもしれないとわかる。

事故後もフライトを続けていたキャプテンがすごい。
155 is a number, but when you can put faces to it and not just 155 faces, but other faces, it gets to be a pretty big number pretty quickly.

審議の部分が良かった。
自分の身を守るための実力と主張の重要性
死者0人というのは不時着後に廻りの船が助けに来て救助がはやかったからという話は人が人を救おうという気持ちが1つになった結果なのかなと思い泣けた。

機長が救助された後、病院に搬送された後もひたすら救助された人数を確認してたシーンで機長の素晴らしさを感じた。

緊張感などが伝わってくるとてもいい実話映画だった。

エンディングは泣けた
いい映画。アクション的な目線でも観れる。

グリーンマイルを観て、トムハンクスめっちゃいい俳優さんだと思って、出演作品を調べてびっくり
この映画でもいい味だしてた!!!!!!
最後のシーン、機長出てきてびっくり笑
>|