ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

終始安心してみれる。予想通り素晴らしかった。基本的に絶賛モードなのですが、

少し気になったことを。
「ハドソン川の奇跡」っていう邦題、これはまずいんじゃないか?ということ。



この物語って解像度を上げて物事を見ることの大切さを教えてくれてる気がしていて。
なんとなくあの事件は全員生還して良かったね、めでたしめでたし、じゃなくそこにはそれぞれの人にそれぞれのドラマがあって。
今回はサリー機長の視点で嫌疑をかけられたことや、家族との事、内面のゆらぎなど細部を紐解いて描いている。

人的要因を考慮しない調査委員会が最後、ついにあの事故においてサリー機長が”X”でありこの”X”がなければあの日の計算式に全員生還という答えはでなかった、みたいな事を言うのだけど、
それに対しサリー機長が、それは私だけでなく副機長、乗組員、乗客、救助隊、管制室、、などすべての人々だ、みたいな事を(劇場鑑賞のみなのでうろ覚え笑)言う。

それに付け加えれば、あの事件に関わった人々すべてまとめて大きなひとつの”X”じゃなく、それぞれがひとつひとつの”X”だったのだ。

”それぞれの人生を生きてきた人々”があの事件によって一点でまじわり、「全員が無事に生還する」という共通の目標に向け全力を尽くした。そして目標を達成し、それぞれの人生を生きていく。そこに胸打たれた。

だからこその原題の「サリー」(あの事件に関わった”1人”としての)な気がして。ハドソン川の奇跡、みたいにザックリとまとめるのに違和感。

さらに最後のエンドロールのあれも個人的にはいらなかった。
さや

さやの感想・評価

4.5
みんな無事なら、それでいいじゃん🙁🤔
これが実話って、、、パイロットの2人はなんてかっこいいの!!
実際に救助したり、ボランティアをした本人たちが出てるんだって。
NYがキラキラして見えますね
記録
よかった
Ri

Riの感想・評価

4.1
"We all did a job."

最後の方ずっとうるうる。回想シーンもだし最後実話の機長と搭乗者が話してるシーンも、機長の奥さんがありがとうって言ってるシーンも感動してしまった。
h1y0r1n

h1y0r1nの感想・評価

-
Netflixで見た
トムハンクス最強説
170820、自宅、5c


みんな仕事をしてるだけなんよな


保険会社は健全な猜疑心で調査せなあかんし
航空スタッフは客が騒ぐ中、頭を下げて!って伝えるし
客が脱してから最後にでるし

仕事するか。


妻とはうまくいかず、借金も抱えている、自殺したかったんちゃうの?とか、人間性否定までにはならんでよかったなぁと。
長年の経験と操縦の腕のよさで乗員乗客の命を救ったはずが、やり玉にあげられ…。調査が始まると手のひら返すように容疑者扱いするマスコミにはうんざり。でも機長をはじめ、すべての関わった人たちの仕事っぷりはまさにプロでした。
厳しく追求した調査委員会もまたプロだと思うよ
KazooRTI

KazooRTIの感想・評価

4.5
グッときた。
鳥肌がたった。

トムハンクスがクールな演技をする度に
「実は悪いことをしてるんじゃないか?」
と思わせる。
素晴らしかった!
まき

まきの感想・評価

3.6
8年前に起こったことなのに、知らなかった。
実話なんて、、!
最後のシーンが好きです。
>|