ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:96分
    監督
    クリント・イーストウッド
    脚本
    トッド・コマーニキ
    キャスト
    トム・ハンクス
    ローラ・リニー
    アーロン・エッカート
    オータム・リーサー
    ジェリー・フェレーラ
    サム・ハンティントン
    クリス・バウアー
    ホルト・マッキャラニー
    マックス・アドラー
    ヴァレリー・マハフェイ
    トレイシー・チモ
    ゲイリー・ウィークス
    ブランドン・バン ブリエット
    あらすじ
    2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

    「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    終始安心してみれる。予想通り素晴らしかった。基本的に絶賛モードなのですが、

    少し気になったことを。
    「ハドソン川の奇跡」っていう邦題、これはまずいんじゃないか?ということ。



    この物語って解像度を上げて物事を見ることの大切さを教えてくれてる気がしていて。
    なんとなくあの事件は全員生還して良かったね、めでたしめでたし、じゃなくそこにはそれぞれの人にそれぞれのドラマがあって。
    今回はサリー機長の視点で嫌疑をかけられたことや、家族との事、内面のゆらぎなど細部を紐解いて描いている。

    人的要因を考慮しない調査委員会が最後、ついにあの事故においてサリー機長が”X”でありこの”X”がなければあの日の計算式に全員生還という答えはでなかった、みたいな事を言うのだけど、
    それに対しサリー機長が、それは私だけでなく副機長、乗組員、乗客、救助隊、管制室、、などすべての人々だ、みたいな事を(劇場鑑賞のみなのでうろ覚え笑)言う。

    それに付け加えれば、あの事件に関わった人々すべてまとめて大きなひとつの”X”じゃなく、それぞれがひとつひとつの”X”だったのだ。

    ”それぞれの人生を生きてきた人々”があの事件によって一点でまじわり、「全員が無事に生還する」という共通の目標に向け全力を尽くした。そして目標を達成し、それぞれの人生を生きていく。そこに胸打たれた。

    だからこその原題の「サリー」(あの事件に関わった”1人”としての)な気がして。ハドソン川の奇跡、みたいにザックリとまとめるのに違和感。

    さらに最後のエンドロールのあれも個人的にはいらなかった。
    機長の迅速な判断と決断で助かったと日本でもニュースになりましたよね。

    なので結末はほとんどの人が知っているだろう作品に、トム・ハンクスの演技とイーストウッド監督の重厚感がなかなかでした。

    事故審査会もいろいろな観点で調査しなくてはいけないのだろうけど、機長の心の葛藤を見ていたら助かったんだから良いじゃないかと思ってしまった。

    最後の機長の言葉が謙虚で、副議長のジョークはユニークな終わり方も良かった。

    エンドロールに実際の機長、乗客が登場しています!

    2017#178
    これが実話なんて信じられなかった。メディア社会の圧力に、観ているこちらが押し潰されそうで苦しかったな…
    色々伝えたいことがあるのだけどまとまらない!!!笑

    このレビューはネタバレを含みます

    40年のキャリアがたった208秒の判断で疑われてしまう。
    不時着水後、なるべく早く救助してもらえることを意識して、船着き場の近くに着水させるところまで計算していたとは驚き。
    プロとして自分の判断に対して自信を持つことは、周りの人に安心を与えチームとしての成功率を上げることにつながる。
    機長のこととても尊敬する。
    #ハドソン川の奇跡 #クリントイーストウッド
    余計なものを足さないことの大切さ。洗練されすぎててご都合主義にも凄みを感じる。
    お涙頂戴になりそうな題材をこう仕上げるのかよ、すごいよ。
    ハドソン川の奇跡

    2009 アメリカ🇺🇸ニューヨーク州上空
    USエアウェイズ1549便不時着水事故の実話を基に映画。

    ◉90C点! 最高っすね。実話だと着色や過剰な演出はつまらなくなる流れを見事に描いていると思うな〜


    突然エンジンが停止し、4分で墜落してしまう状況。ベテランパイロットがあらゆる事を考え、ハドソン川に着水し、乗客は全員無事で機長は一躍ヒーローに!👨🏼‍✈️🛩

    大人の事情で航空会社が損害の保険を軽減したいが為にパイロットに、細かい質問をして過失を探そうとする。

    裏では事故の調査団体がシュミレーターなどを使い、機長の判断が誤っていたと指摘。一夜にして容疑者の様な扱いで話をしてくる。

    専門家の判断で左右される機長達の運命は?



    ◉離陸🛫してすぐに鳥にエンジンをやられ降下していく飛行機。わずかの4分で墜落してしまう極限状況で決定する川への着水。
    ★彡機長の判断は間違っていないと思わせる映像が説得力あると思いました。

    ◉話の展開や流れが素晴らしい。
    ★彡着水し、ヒーローになり、裏では審査され容疑者扱い。その後過去に戻り離陸前の状況や乗客の様子などみせその日何があったのか興味を持たせる手法。



    ◉生存者を心配する機長で静泣!
    ★彡機長が結果を聞くシーンは泣きましたね〜



    ◉素晴らしい構成と感動の演出!
    ★彡ラストに解明される人間の判断が鍵に
    実話を基にこれほどまでに機長達が容疑者からヒーローにする構成は見事としか言いようがない!
    ★彡クリント監督、あなたは素晴らしい!
    (上から目線ですいません(笑))
    2009年1月15日のニューヨーク。
    離陸直後の1549便のエンジンが停止してしまう。
    最寄りの空港に引き返すまで高度を保つのは極めて難しい。
    そこでサレンバーガー機長が下した決断は、ハドソン川への不時着…
    実際に起きた奇跡の物語。

    この出来事はものすごく記憶に残っています!
    英雄として讃えられたサレンバーガー機長。
    しかしその裏で苦しんでいた機長にスポットが当てられています。
    155人の乗客や乗組員を救ったにも関わらず、この判断を非難される機長。
    実際にこの危機に直面していない人が行うシミュレーションでは空港への引き返しに成功し、自分の判断が本当に正しかったのかと苦悩するのです。
    しかし最後まで自分を信じた機長。
    機長を信じたジェフ副機長。
    この2人の絆は本当に素晴らしい!
    そして救出にあたった船員や救助隊!
    未曾有の危機をハッピーエンドに変えた全ての人々に拍手です!
    この出来事は事故でも事件でもなく奇跡!
    90分の間、緊張や恐怖でとてもドキドキしました。
    この危機を冷静に脱した機長と副機長は、間違いなくヒーローです!

    エンドロールまで最高(*˙꒳˙*)
    サレンバーガー機長や乗客のみなさんの笑顔がとても温かい!
    ずーっと語り継いで行って欲しいお話です♩
    トムハンクスの演技がもう素晴らしすぎる
    >|