ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:96分
    監督
    クリント・イーストウッド
    脚本
    トッド・コマーニキ
    キャスト
    トム・ハンクス
    ローラ・リニー
    アーロン・エッカート
    オータム・リーサー
    ジェリー・フェレーラ
    サム・ハンティントン
    クリス・バウアー
    ホルト・マッキャラニー
    マックス・アドラー
    ヴァレリー・マハフェイ
    トレイシー・チモ
    ゲイリー・ウィークス
    ブランドン・バン ブリエット
    あらすじ
    2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

    「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/09/29
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    終始安心してみれる。予想通り素晴らしかった。基本的に絶賛モードなのですが、

    少し気になったことを。
    「ハドソン川の奇跡」っていう邦題、これはまずいんじゃないか?ということ。



    この物語って解像度を上げて物事を見ることの大切さを教えてくれてる気がしていて。
    なんとなくあの事件は全員生還して良かったね、めでたしめでたし、じゃなくそこにはそれぞれの人にそれぞれのドラマがあって。
    今回はサリー機長の視点で嫌疑をかけられたことや、家族との事、内面のゆらぎなど細部を紐解いて描いている。

    人的要因を考慮しない調査委員会が最後、ついにあの事故においてサリー機長が”X”でありこの”X”がなければあの日の計算式に全員生還という答えはでなかった、みたいな事を言うのだけど、
    それに対しサリー機長が、それは私だけでなく副機長、乗組員、乗客、救助隊、管制室、、などすべての人々だ、みたいな事を(劇場鑑賞のみなのでうろ覚え笑)言う。

    それに付け加えれば、あの事件に関わった人々すべてまとめて大きなひとつの”X”じゃなく、それぞれがひとつひとつの”X”だったのだ。

    ”それぞれの人生を生きてきた人々”があの事件によって一点でまじわり、「全員が無事に生還する」という共通の目標に向け全力を尽くした。そして目標を達成し、それぞれの人生を生きていく。そこに胸打たれた。

    だからこその原題の「サリー」(あの事件に関わった”1人”としての)な気がして。ハドソン川の奇跡、みたいにザックリとまとめるのに違和感。

    さらに最後のエンドロールのあれも個人的にはいらなかった。
    犬狼
    犬狼の感想・レビュー
    21分
    3.0
    典型的ザ・アメリカな作品で展開他諸々が予見出来すぎて退屈、R.ゼメキス「フライト」のアル中クソ機長の方が断然好きやわ
    soratobi
    soratobiの感想・レビュー
    50分
    3.7
    エンドロールが感動的。

    155は10Aであり6Cであり2E。
    そしてひとりじゃない。
    カオリ
    カオリの感想・レビュー
    1時間
    3.5
    ラストのアーロンエッカートが良かった。飛行機プロフェッショナル映画
    ぢょん
    ぢょんの感想・レビュー
    1時間
    3.6
    記録
    DaikiS
    DaikiSの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    実話であるとの事前情報のみで鑑賞したが、これがバットエンドだったなら…と考えると甚だ遺憾だったと思料。
    よしたか
    よしたかの感想・レビュー
    3時間
    4.4
    トム・ハンクス主演
    クリント・イーストウッド監督作品
    [ハドソン川の奇跡]

    イーストウッド監督作品で、
    トム・ハンクス主演、さらには、
    実話モノ…、確定してません?
    素晴らしい作品ってコト…。

    もちろん期待して観ましたが、
    その期待どおりのクオリティでした!

    まぁ、いろいろ贔屓目ありますよ?
    [フォレスト・ガンプ]以来の、
    トム・ハンクスファンだとか、
    実話モノが好きだとか…。。

    それを差し引いても良い作品、
    間違いないと思います。

    あ、ファンなんですが、
    えっ⁉って思いました笑

    主人公、トム・ハンクス演じる、
    サレンバーガー機長…、
    本当にトムさん?って、
    いきなりですが面くらいました笑

    綺麗なシルバーの髪の毛、
    いままで観たことないトムさんで、
    なかなか新鮮でした。

    それは良いんですが、
    冒頭の衝撃的なシーンから、
    時間軸を前後して観せる演出から、
    みごたえの連続、最初から最後まで、
    まったく飽きることなく、
    一気に観ることが出来ました。

    イーストウッド監督作品で、
    そこそこの尺かと思っていたら、
    驚きの96分、それでいて、
    しっかりまとまっていて、
    伝えたいこと、観せたいこと、
    全て詰まっていて、本当にスゴい!

    実話モノですし、タイトルからして、
    結末はある程度予想つきますが、
    それでも、トムさんの演技から、
    サリー機長の信念、想い、
    ビシビシ伝わりました。

    ぶれない男、カッコ良いです、
    いろんなひとの意見とか聞くと、
    あれ?そうかも…?って思って、
    すぐにぶれちゃうボクなので、
    尊敬の思いしかないです笑

    今回トムさん殿堂入りで別格なので、
    副操縦士役アーロン・エッカートで、
    間違いないのでは?と思います。

    決めるときは決めるけど、
    どんなときもユーモアを忘れない、
    こちらも見習いたいです笑

    作品自体は素晴らしいですが、
    やっぱり邦題問題…、
    サリー機長だったからこそ、の、
    [ハドソン川の奇跡]だと思うので、
    Sully、は入れて欲しかったです。

    不満はそれだけです、文句なしに、
    良い作品でした。

    あ、これもレンタル出ちゃってた…、
    一応公開初日に劇場観賞でしたが、
    まだまだ下書きが溜まってます。。

    どなたか簡潔に纏めて、
    かつ伝わるレビューのコツ、
    教えてください笑

    [ハドソン川の奇跡]

    2016 9 24 ユナイテッドシネマ豊橋にて。
    MiyukiYamato
    MiyukiYamatoの感想・レビュー
    4時間
    4.1
    シミュレーターでは測りきれない人的要因。その場にいた人間でなくてはわからない空気や時間そのものが事実。
    人が見たもの聞いたもの、感じたものが全てだなぁと思う。
    そして、英雄と讃えられようとも、称賛は代償を伴うものだなと。

    ドキドキしながら、最後まで観られる映画。サリー機長なくして、この全員生還の計算式は成り立たない!その通りだと思った。そして、機長の人格が素晴らしく、乗客の無事が確認できた時の表情はなんとも言えなかった。
    まきんこ
    まきんこの感想・レビュー
    5時間
    4.4
    あんな時でもユーモアあるなー
    まめこ
    まめこの感想・レビュー
    7時間
    4.0
    前情報なしに見た映画。
    実話が元になってる、実際に起きた事故と信じられない奇跡のお話。

    実話だと思えば思うほど、リアルで泣けた。

    英雄と讃えられた機長が映画終盤で言ってた
    自分は自分の仕事を精一杯したまで。
    自分一人の力では成し得ない奇跡。
    という様なところがとても感動した。

    その場に居合わせたNYの住人達も、
    誰に頼まれる訳でもなく、救助隊や警察官が駆け付ける前に救助に向かう姿が素晴らしく温かい気持ちになった。
    >|