ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

終始安心してみれる。予想通り素晴らしかった。基本的に絶賛モードなのですが、

少し気になったことを。
「ハドソン川の奇跡」っていう邦題、これはまずいんじゃないか?ということ。



この物語って解像度を上げて物事を見ることの大切さを教えてくれてる気がしていて。
なんとなくあの事件は全員生還して良かったね、めでたしめでたし、じゃなくそこにはそれぞれの人にそれぞれのドラマがあって。
今回はサリー機長の視点で嫌疑をかけられたことや、家族との事、内面のゆらぎなど細部を紐解いて描いている。

人的要因を考慮しない調査委員会が最後、ついにあの事故においてサリー機長が”X”でありこの”X”がなければあの日の計算式に全員生還という答えはでなかった、みたいな事を言うのだけど、
それに対しサリー機長が、それは私だけでなく副機長、乗組員、乗客、救助隊、管制室、、などすべての人々だ、みたいな事を(劇場鑑賞のみなのでうろ覚え笑)言う。

それに付け加えれば、あの事件に関わった人々すべてまとめて大きなひとつの”X”じゃなく、それぞれがひとつひとつの”X”だったのだ。

”それぞれの人生を生きてきた人々”があの事件によって一点でまじわり、「全員が無事に生還する」という共通の目標に向け全力を尽くした。そして目標を達成し、それぞれの人生を生きていく。そこに胸打たれた。

だからこその原題の「サリー」(あの事件に関わった”1人”としての)な気がして。ハドソン川の奇跡、みたいにザックリとまとめるのに違和感。

さらに最後のエンドロールのあれも個人的にはいらなかった。
Mayuko

Mayukoの感想・評価

3.7
ニューヨークには飛行機に関していいニュースがなかったっていうセリフになるほどと思った。9.11を経たニューヨークにとって、このニュースがどれほど人々にとって嬉しいことだったのかということがすごい分かった
トムハンクスいいわ〜〜
AoiYata

AoiYataの感想・評価

4.5
助かったからよかったじゃない。
結論がければよくないか?
調べる必要あるのか?

そういう問題ではないのだ。

機長にとって全員の命が助かったことはよかったけど
“最善の選択”をしたはずが、
どんどん自信を持てなくなる

自分は離陸後平常の脈拍ではなかったし
誤ってたのではないのか。

そんな要因がどんどん出てきて
押し潰される思いだったと思う。

本当なら寒い思いをさせなくてもよかったかも。
死ぬ前の想いをさせる必要もなかったかも。

優しい機長だからこそ、本当にしんどかったと思う。自信はあっても、根拠のない自信だったのかも、なんて。

改めて、“人の命を預かる”仕事って責任が想いなって思いました。

仕事って結果論的なところがあるし、ちょっとしたミスしたけど上手くいったらいっかなんて甘いこと思ってたなって反省しました。

ちょっと一つの行動がミスにつながり、人の命を奪うことだってありえる。
常に冷静に判断して、常に正しい選択をしなければ、仕事と呼べないんだなって思いました。
身が引き締まりった映画でした。

さいごに、Thank Youサリー。
T

Tの感想・評価

4.7

メーキングを最初に見てて
やっとやっと見れた作品!

トムハンクスとサリーの人柄が
ちゃんとに出てた。
何を隠そう、傑作!

自分の判断で155人の命をなんにでもできちゃう緊迫感。
人為的要因がありますか?って本当にその通り。シュミレーションをしたって
その現場にいない人は本当は口出しちゃいけないんだよ〜〜って思った(笑)
でも、人を助けたのに嫌味とか辛いことを言われたのにサリーはちゃんと戦って強くて本当に優しい人なんだな〜〜って。

結果よかったんだからなんでもいいじゃん!ってなんにもわかんないから思っちゃったけど、その葛藤もしっかり
描かれててほんとうによかった!

なんだか、一瞬で終わっちゃったような
そんな映画。実際の事故も一瞬に起こって
一瞬で難しい話にまで膨らんだんだろうね。

サリーさんほんとうに素敵だ!
なによりトムハンクスがさいこう!
白髪のトムハンクスも素敵。疑わられ続ける苦悩が表現されていた。ただストーリーにもうひとひねりあってもよかったかも?単純に疑惑を晴らすまでの日々。
ha

haの感想・評価

4.6
想像に耐え難い苦しみだったでしょう。

本当に全員が素晴らしい。
人間を信じようと思える出来事だったと思う。
エンディングも素敵だった。

トムハンクスはこういう役やらせたらピカイチね。
>|