ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

終始安心してみれる。予想通り素晴らしかった。基本的に絶賛モードなのですが、

少し気になったことを。
「ハドソン川の奇跡」っていう邦題、これはまずいんじゃないか?ということ。



この物語って解像度を上げて物事を見ることの大切さを教えてくれてる気がしていて。
なんとなくあの事件は全員生還して良かったね、めでたしめでたし、じゃなくそこにはそれぞれの人にそれぞれのドラマがあって。
今回はサリー機長の視点で嫌疑をかけられたことや、家族との事、内面のゆらぎなど細部を紐解いて描いている。

人的要因を考慮しない調査委員会が最後、ついにあの事故においてサリー機長が”X”でありこの”X”がなければあの日の計算式に全員生還という答えはでなかった、みたいな事を言うのだけど、
それに対しサリー機長が、それは私だけでなく副機長、乗組員、乗客、救助隊、管制室、、などすべての人々だ、みたいな事を(劇場鑑賞のみなのでうろ覚え笑)言う。

それに付け加えれば、あの事件に関わった人々すべてまとめて大きなひとつの”X”じゃなく、それぞれがひとつひとつの”X”だったのだ。

”それぞれの人生を生きてきた人々”があの事件によって一点でまじわり、「全員が無事に生還する」という共通の目標に向け全力を尽くした。そして目標を達成し、それぞれの人生を生きていく。そこに胸打たれた。

だからこその原題の「サリー」(あの事件に関わった”1人”としての)な気がして。ハドソン川の奇跡、みたいにザックリとまとめるのに違和感。

さらに最後のエンドロールのあれも個人的にはいらなかった。
shunie

shunieの感想・評価

5.0
どうも実話系に弱い。いい話やった。奇跡の生還を果たした155人が搭乗した飛行機のパイロット、彼は英雄かそれとも人的ミスによる被害を起こしたペテンか、その論争を繰り広げられるドラマがとても面白かった。

また映画の長さもちょうどよく、無駄なシーンが無くとても観やすかった。
kamico

kamicoの感想・評価

4.0
たとえ全員を生還させたとしても、こういうことになる…ものなのですね。

トムハンクスの静かな焦燥感…視線一つで物語るあの感じが、本当、好きです。
きょた

きょたの感想・評価

4.2
生トム様に会えたし、クリントイーストウッド監督作品なのにハッピーエンドで気分良く鑑賞できた。
tomomi

tomomiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いろんな事件もこうなんだなって思わされた。
みんなが助けに行くとことか最後に感動した。
もう一回見たい。
equationからサリーをひいたら成功しないってのがあるんだから、サリーっていう原題のままにしてほしかったなあ。
shiro70

shiro70の感想・評価

3.8
2009年1月15日
ニューヨークのハドソン川にて飛行機が不時着水事故を起こすという実話に基づく映画。

なかなかの緊迫感があり、実話なんだと思うともう天晴れの一言です!
まさに奇跡としか言いようがない!

ラストの機長サリーや副機長ジェフの言葉も良く、素晴らしい作品。

やっぱりトムハンクスは素晴らしい!
CoJu

CoJuの感想・評価

4.0
とても緊迫感があって、予想外に良かった.
てつ

てつの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全員助かったしいいじゃないかと思ったら、やっぱり引き返せたんじゃないかと言い出す人たちがいる。その言い分も分かるけど、ハドソン川に着水するという英断をし、全員を救った機長を尊敬するし、機長自身も救われてよかったと思う。機長も最後に言っていたけど、何より色々な人が協力している姿に感動した。機長を信じる副操縦士いいやつだった。映画自体は淡々としてて退屈な場面もあったのでこの点数。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
淡々としていたけど、静かななかに機長の葛藤とか描かれていて、最後の最後まで分からない緊張感もあってよかった。
トムハンクスかっこいい。
>|