ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

結友

結友の感想・評価

3.2
トムハンクスはかっこいい
MoeNishii

MoeNishiiの感想・評価

4.5
最後のシーンはグッとくる
やむー

やむーの感想・評価

3.7
映画見た後、事件のウィキペディア見るまでが一連
Keita

Keitaの感想・評価

3.7
実話。スゴイ。トムハンクスっぽくない役だなーと思いながら観てたけど、最後にはフィットして機長になっていた。百聞は一見にしかず。
ウタ

ウタの感想・評価

3.8
面白かった!
あの奇跡の裏側はこんな事になっていたのね。

結末が分るだけに安心して観れますが、
それでもトム・ハンクスの演技に引き込まれハラハラと感情が揺さぶられてしまいました。

クリント監督は一見静かに見えて、
隠れた感情の熱さを描くのが本当に上手いよなぁ。

時間はないけどある程度余韻に浸れる映画が観たい時、
特にオススメします。
たじー

たじーの感想・評価

4.1
#ハドソン川の奇跡

結論からいうとめちゃオススメです!

てかまず僕トムハンクスすげー好きなんすよ〜。 なんだろうな〜ただ見てるだけで暖かく包まれるようなあの安心感。
トムハンクスが叔父さんとかだったら、焼酎とスルメ持ってめっちゃ家遊び行きますもんね。「トムおじさーん🙋🏻‍♂️」ゆうて。

そして、さすが巨匠クリントイーストウッド監督。

特に過剰な演出もなく、淡々と事実をなぞっていくんだけども、
1人の人生を切り取り、逃すことなくしっかりとドラマにして人の心を 鷲&掴みしていく。

やっぱこの監督大好きだ!

この飛行機事故についてはみんなニュースで観たことがあると思うんだけど、大量の鳥がブッ込んで両エンジン停止した飛行機が、見事ハドソン川に不時着して全員助かった感動の実話という印象だった。
ただ、英雄視される一方、
「危険な川に不時着する以外にも方法はあったんじゃねーの!?」と安全委員会みたいな調査員達に間違った判断だったと非難される事になるのよね。

裏でこんな背景があったなんてというのはすごく興味深いことだった。

機長のトムハンクス演じるサリーは、自分がマスコミや国民に英雄視されることに高ぶるわけでもなく、
だからと言って安全委員会にも毅然と自分の決断を間違っていなかったと立ち向かっていくのがすごくカッコいいんですわ

最初は僕も、無事助かったからいーじゃん!そんな揚げ足とらんでも!
みたいに思ってたけど、
やはり皆色んな役割があって二度と同じ事故をしないようにしっかりとした調査が必要なんだなっと、徐々に考え方も変えられていった。

ただサリーは間違いなく英雄だと思う。

前例がないあの局面で、最大限、出来得る限りの判断で、
155人全員生存という奇跡を生んだサリーのベテランの人間の感覚という技。
人と人との絆。

それはITや機械に囲まれている今の時代だからこそ改めて大切にしなきゃいけないことだ。←ちょっとやかましかな笑

もう最後はサリーにハグしたかったもん!個人的には副機長も好き!

終わり方もすごく心地よいです🙆🏻 ありがとう!

ぜひ!

#タジマ自己満映画記録
#映画記録
#映画
wimualee

wimualeeの感想・評価

4.5
実話を元に作られた映画だけあって緊張感があってみてて引き込まれるいい映画。音楽のチョイスが素晴らしいと思う。エンディング部分まで楽しめる。