ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

キャプテンといえばトムハンクス
スタ

スタの感想・評価

3.7
思いの外さらりと観れた印象。着水のシーンなんかは映画館で観たら緊迫感もなかなかあったんだろうけど、抑えた演出もあってか家の小型テレビじゃそこまでは伝わらず。

着水前後の時間を、機長、乗客、市民、管制官…と様々な面から検証される。何が正しい行いだったのか、なんてのは結果論でしかなくて、その場におらにゃ分からんだろうとも言いたくなるけど、最善を尽くしそれを成功させるのがプロなのか。
まぁ、それより何より乗客155人"それぞれ"が助かったということを祝福し、その英雄を英雄たらしめるのはその場にいた乗客155人、そして救助に当たった人たちそれぞれの人生だということは忘れてはならない。
Bonboa

Bonboaの感想・評価

3.6
実際にあった飛行機事故のその後を描いた作品でストーリー性が無く、記憶を追うように進んでいく。責任感のある冷静な機長をトムハンクスが上手く演じておりテンポ良くまとまっていた。欲を言えば緊迫感をさらに増すような要素がもう少し欲しかった。
トムハンクスとアーロンエッカートを好きになったきっかけ

このレビューはネタバレを含みます

いい映画だった。飛行機事故の奇跡の全員生存をメインにした話ではなく、機長のその後の話。

わりとストーリーはシンプルなんだな。と。特に捻りがあるわけでなく淡々とエンジントラブルの証明をする話。

国家安全運輸委員会がゴリゴリに機長を疑ってくるので、そんなにも実証は難しいのか...と思ってたら、機長の一声ですんなりシュミレーションを破られ、あっさりとした掌返し。笑
音声聞いてさらに掌返して感動するっていう。ちょっとバカっぽいなと思ったw

ノンフィクションだから現実的なのだけど、機長の奥さんがすぐに実生活の危機を口にするのには、ちょっと嫌な感じしました。
すぐに仕事してってね、、、。

トムハンクスが演じると何でもよくみえますね。
もも

ももの感想・評価

3.5
機長の責任、一瞬の判断が生んだ奇跡がテーマの映画でした。
正直見終わったあと、卒業旅行で飛行機に乗る前に見るんじゃなかったー!しまったー!と思いましたが、笑
映画にでもならなければ中々観察することのできない職業なので、タメになりました。物語は思ったよりわりと淡々と進みました😃
いい映画
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.6
一時は英雄視された不時着。しかし法廷に立たされ、過去の行動を問われる。何百人もの命を抱えた機長やからこそ、一瞬の決断がいまになって本当に重くのしかかる時。話自体は緊迫感もあったけれど、結末が少し見えた時から、個人的にはただの英雄譚として淡々と見ちゃった。
>|