ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

キャプテンといえばトムハンクス
YukiSakai

YukiSakaiの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

潔白を証明したいだけ?
somebody

somebodyの感想・評価

2.0
WOWOW #170920
トムハンクスの光る演技に拍手。心の描写に引き込まれました。良い映画。
アメリカ 英雄 操縦士

“A delay is better than a disaster”
ハドソン川への緊急着水の軌跡。
個人的に面白くセンスある映画だった!
最後のセリフとか緊迫した中で洒落の効いたセリフ。
これが実話だってのもすごい奇跡。
普通に物心ついてからの話なはずなのになぜか全然知らなかったハドソン川の話。

世界中にサリーの名が知れ渡ったってあったけど、日本の若者には知らない人も居たよと伝えたくなった。

知らなかった人に伝えるという意味で映像化は素晴らしい。

知らなかったから結構ハラハラドキドキな展開になってました笑

特典映像まで見てみると、サリー本人の話などがたっぷり収録されている。トムハンクスの人柄もわかって面白かった。特典を見て、リスキーな事態にはいかに準備を怠らないか、最悪の事態も想定しておくかが大切だと実感。

ぜひ特典を見るためにでもDVDを見て欲しいです。
けい

けいの感想・評価

4.0
泣いてしまった。トムハンクス、老けたなあ
YukiSano

YukiSanoの感想・評価

4.3
批評家の評判が良すぎて敬遠してた作品。イーストウッドにしては、ド直球な英雄談に戸惑いを覚えたが、観てみると納得の一品。

恐怖と奇跡の208秒間に何が起こったのかを検証するために、何度も「その時」を繰り返す構成が飽きさせず、スリルを持続する演出に感服した。

アメリカンスナイパー辺りから、イーストウッドはとても実験的な作りにしていて、一見すると駄作にも見えかねないほどに極限に無駄を削ぎ落とした構成でシンプルに人物を掘り下げている。

また実話ものだと、ひたすらリアリズムに徹した演出が逆に現実と空想の境目を曖昧にするため、こちらが真実について想いを巡らせなければならなくなる。

実はイーストウッドは、事実の核となるテーマを炙り出すために虚実を敢えて陳腐に入れているように思えてくる。

この観客自身が自分で想像して何が自分にとって本当なのかを考えてもらうために、徹底的にリアリズムを追及しながらも、あえて余白や隙を作り、その余地を作り出していると考えた。

買いかぶり過ぎかもしれないが、彼はもはや傑作を作ることに飽きて、彼らしくない間口の広い題材で一見陳腐にも見えるようにして、ひたすら観客の知性と品性を試すことに集中してる気がする。

アメリカンスナイパーとハドソン川の二作は911から見え始めた対となるアメリカの光と闇を描いている。そこから浮かび上がるアメリカの偶像を観客に表面的にはヒーローとして描いて喜ばせているが、実際には「違う」ということを示している。一人の人間の偶像化を通して、反射したアメリカの姿を、どう捉えるかで見えかたが変わる万華鏡のような作品。

それをアメリカの良心の象徴たるトム・ハンクスが演じるという皮肉と、だからこそ伝えたい「一人の力」では成し得ない『奇跡』こそが前向きに伝えたいことなのだと受け取った。
>|