ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

キャプテンといえばトムハンクス
無事着水した時の感動…。
まほ

まほの感想・評価

3.5
たった96分の上映時間。
でも、凄く密が高い。
張り詰める空気の中での決断。

これが実際にニューヨークで
起きたことなのだから凄い。

彼は英雄か、それともー。

物語は公聴会に機長らが出席し、
サレンバーガー機長の判断は
正しかったのかどうか追求される場面を主に
実際、事故当日機内で何が起きていたのか
という展開で描かれる。

「人的要因」この物語のキーワード。
シュミレーションの恐ろしさも知ることができる。

最後に実際の映像が流れるのは
実話を基にした映画では定番だが
乗客たちと機長の家族が
また再会するあの映像はまさに感動です。
苦悩する英雄。

過去と現在を繋ぐ編集が絶妙に上手く、分かりやすい構成が好印象。
ストーリーはどーしてもサリー目線になってしまう。
保険会社の損害やNTSB(国家安全運輸委員会)の責務として、事故を追及する姿勢は正しいと思うし、悪人はいないんだけどね。
総じて良作でした。

追記
レンタルブルーレイでもドルビーアトモス採用で、機内の緊迫した様子がダイナミックな音響で伝わってきたのはグッド。
実話ならではの緊張感をひしひしと感じた。
そこじゃないけど冬のNYが素敵でした
Chinachan

Chinachanの感想・評価

3.8
全体的にうまくまとまってる
ひこえ

ひこえの感想・評価

3.9
機長カッコ良すぎやろ
voa

voaの感想・評価

-
We gotta go
wami

wamiの感想・評価

3.7
ストーリー8
キャスト10
映像4
音楽3
またみるか6
プラス要素6
>|