ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
アンビリーバボーでやってそう
さよ

さよの感想・評価

3.0
英雄の苦悩
仕事を責任もってやりたい
長年の経験で培った勘、自分の感覚を信用できるようになりたい
まゆぴ

まゆぴの感想・評価

3.8
事故が起こるまでをハラハラしながら、って感じではなく、事故が起こったあとから始まって、当事者やまわりの動き、また徐々に状況が明らかになってくる感じがすごくリアリテイがありました。エンドロールもすごくいい感じなのでお見逃しなく。
ten47

ten47の感想・評価

3.8
観客が観てて飽きさせないシーン構成が素晴らしい
aya

ayaの感想・評価

3.8
英雄と呼ばれいい気になって終わりじゃない。寧ろそこからの苦難の多さ。コンピューターの判断が全てじゃない、と証明できたときの気持ち良さ。機長、これでこそプロ。
悠成

悠成の感想・評価

3.5
もう少し細かく描写して欲しかった
RISA

RISAの感想・評価

3.5
企業社会論の授業で鑑賞

現場の声と机上の空論的なものとのギャップ
でで丼

でで丼の感想・評価

4.3
詳細はあまり知らなかったが、この事故に対する理解は深まった。

監督の撮り方が結構好き。事故時の状況をあえて中盤に持って来ているため、中だるみせず飽きさせない。最後にもう一度同じ映像を繰り返す場面では、その場で自分もジャッジしているような感覚に。

NTSBの扱いが……という意見には納得ではあるが、人的要因の考慮の重要性を再認識させられた。改めて機長の判断能力がいかにキレていたかが分かる。
あすか

あすかの感想・評価

4.0
実話ということで、起こった出来事全てに興味深く見られた。陳腐なマスコミはどの国にもいるし、英雄と讃えられるとそれに心酔しきってしまう人やそれに懐疑的になる人もいる。事故の時にも、事故直後にも、その後のいい方にも悪い方にも心外な扱われ方をした時にも、機長の冷静さが光っていた。事故の怖さを知らず、機長の事実を述べている供述を信じず、機械的にシュミレーションの結果のみを高圧的に言ってきた調査委員会の意見が覆されるシーンは胸がすく思いである。そして、機長の瞬時の判断と操縦能力、副機長やその他のスタッフ、救助に関わった人達の総力の結集で全ての人が助かったという事実に改めて感動をさせられる。
>|