ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

バード・ストライク恐るべし
鳥の方もたまったもんじゃないけどね
乙女

乙女の感想・評価

4.0
2009年1月15日、アメリカであった飛行機不時着水事故を題材としたもの。
全員救助という、異例の事態に、国民は機長を英雄だと称えた。
しかし、マスコミや調査団は空港に引き返すこともできたのではないかと、彼を責める。

調査団、本当にチマチマしてて憤りました!笑
じゃあお前が操縦してみろ!
42年、仕事を人生としてきた機長の名誉ある行動をなぜ、罵りたがるのか。
そこにはただの調査以外のものが含まれていたような気がしてならない。

でも、最後の機長の言葉には感動しました。
人為的ミスと、人的要因。
素晴らしい映画でした!

トムハンクスかっこいい。
わっ平

わっ平の感想・評価

3.8
航空業界に従事する者として、事故の場面、乗客が大きな不安に包まれるシーンはかなり痛ましく実感を持って悲しくなった。

大きなタイムプレッシャーの中でのコックピット瞬時の判断や葛藤が、自分の仕事に通じるものがあり、とてもリアリティのある映画であったがために最後は感動が大きかった。
ym

ymの感想・評価

4.0
もっと観たかったけどこれ以上膨らまないだろうなって感じ
Noriko

Norikoの感想・評価

3.9
事件は現場で起きている。
りょー

りょーの感想・評価

3.5
主人公、副操縦士、周りとの3つのギャップが面白く感じた。
普通に面白かったけどみんなが言うほど面白くなかったし、めっちゃ期待はずれで普通だった。
96分の中に綺麗にまとまった作品。
飛行機内の緊迫感が凄い。
トム・ハンクスも素晴らしかった。
どんな仕事でもプロってかっこいい
レンタル開始当初から気にはなっていましたが、先日ようやく見ることが出来ました。

96分という短い時間の中で、一切無駄なシーンがなく、なぜハドソン川に着水する事になったのか、自分が間違っていない事を証明する為にストーリが進んでいきました。
>|