ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

バード・ストライク恐るべし
鳥の方もたまったもんじゃないけどね
Ellieeeee

Ellieeeeeの感想・評価

4.0
大好きなイーストウッドさんの作品!
結末分かってる分あまり期待せずに見たら、ずっと画面に釘付けになってる自分がいた。
まさかこのストーリーにあんな展開があったとは…!
本当に奇跡のような実話です。

そしてこれを90分にまとめたイーストウッドは尊敬しかない。
終わり方がすんごい好き。
Poppy

Poppyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

・事実に即した淡々と進むストーリー仕立てでありながら、静かな感動を呼び起こす佳作でした。
映画を見終わると、この"奇跡"は、不時着と救出劇に関わった全ての人が自分のすべきことを全力で成し遂げたからこそ起こすことができたものだということをしみじみと理解できる。
・前半は、一介のベテランパイロットから突如として"英雄"となり、自身を取り巻く環境ががらりと変わってしまった機長をはじめとした、一気に注目の的になり非日常の中に置かれることになった当事者たちの物語が展開される。
・英雄視される一方で、着水を決断した彼の判断に疑問を呈する声もあり、緊張状態からくるストレスから悪夢さえ見る機長の姿に、華々しい報道の裏側にある当事者の生の姿を見ることができる。
・航空機に詳しくなくても、当該機がどういう状況にあるのか分かりやすい作りだった。あれは確かに空港まで行くのは無理だ…。
・コックピットでのサリーとジェフの冷静な判断と流れるような対処が本当にすごい。
イレギュラーな事態の最中で、マニュアル頼りにならずに最善の策を選択して実行していく手腕に本物のプロフェッショナルの姿を見た。
前例のない緊急事態の中で、経験則から一瞬一瞬の判断を下し、結果として全ての命を救った。
例え空港へ辿り着くことができる計算だったとしても、サリーのしたことは偉業に変わりはないと思うけど、やっぱりサリーの判断は正しかったと分かるシーンはやった!とガッツポーズしたくなった。
・あ、あと航空機の音響が良かったな。
アメリカの人は身近に起こったことやから感動したともう
disco

discoの感想・評価

3.0
マンハッタンで起こった飛行機墜落事件の話。面白いとかではないが、この飛行機事故の被害者のインタビューをベースに話は進んでいき、よりリアルな視点で描かれている。アドレナリン全開でも荷物を優先してしまう乗客の気持ちも少し分かる。
ピアノのテーマ曲は監督本人が演奏しているらしい
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

4.0
実話だからスゴい‼
なんて立派な人なんでしょう。
Toma

Tomaの感想・評価

4.0
『ハドソン川の奇跡』
96分という短い時間でこれだけコンパクトにまとめるイーストウッド監督はすごいなぁと思いました。やっぱり自分、実話の映画が好きなのかな?笑
akary

akaryの感想・評価

-
英雄とはこういう人のことを言うんだな。
eye

eyeの感想・評価

3.5
実話を元にした話
作中かなりの専門用語が飛び交うので飛行機好きには堪らないと思う。ナショジオのメーデーシリーズが好きな人にはオススメしたい作品。
>|