ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

バード・ストライク恐るべし
鳥の方もたまったもんじゃないけどね
よしえ

よしえの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

いい映画。アクション的な目線でも観れる。

グリーンマイルを観て、トムハンクスめっちゃいい俳優さんだと思って、出演作品を調べてびっくり
この映画でもいい味だしてた!!!!!!
最後のシーン、機長出てきてびっくり笑
るい

るいの感想・評価

3.7
ハドソン川への緊急着水。重大な事故から乗客乗務員全員を救ったサリー機長の判断は正しかったのか。最後まで機長の真摯な対応に敬意を払いたい。Professional!

トムハンクスの演技ほんとすき。
想像以上の傑作。

ただの奇跡的な良い話ではなくて、機長の判断は本当に正しかったのかという議論がメイン。結果的には1人の死傷者もなく助かったが、リスクの高い水面への不時着は誤った判断だったのではないか、と。

とにかく、前列のない事故に遭遇したという想像を絶するストレスに耐え切った、この機長のレジリエンスの高さに心が打たれる。

無理矢理シミュレーションを間に合わせた公聴会の場でのやり取りは鳥肌モノ。BGMとかほとんどなかったと思うんだけど、すごい緊迫感だった。

色んなドラマを詰め込みたくなりそうなところを、コンパクトな尺で徹底してメインテーマだけを描き切ってるのも好感が持てる。

ホント色んなシーンで胸が熱くなった。演出が上手いんだよね。はぁー…飛行機乗りたい。
俺には少し難しかったかなぁ...トム・ハンクスの演技は相変わらず凄かった!
たろ

たろの感想・評価

3.8
事故の恐さと共に、情報化社会の怖さを見た
二次災害と言っても過言ではないマスメディア、囃し立てる一般人
当時のアメリカの不景気も関係してたとは言え恐ろしい

そしてとにかく臨場感がすごい
その場にいるような冬の空気
わかっててもハラハラさせられた
さすがだな〜
『ムリだ──ハドソン川に不時着する』


2009年1月15日、USエアウェイズ1549便不時着水航空事故は起きた──。


■ あらすじ ■
サリー、と愛称をもつチェスリー・サレンバーガー(トム・ハンクス)は、パイロット歴40年のベテラン機長。その日は副操縦士のジェフリーと共に操縦席に座り、155人を乗せた1549便に搭乗。美しいハドソン川を見下ろしながらフライトするが──上空850メートルでバードストライクにあい、両エンジンを喪失。コントロールを失った機体を、サリーは苦渋の決断の末、ハドソン川に不時着水させることに。
結果、1人の犠牲者も出さず奇跡的な生還を果たしたサリーは英雄視されるが、国家運輸安全委員会(NTSB)の事故原因調査により、サリーの判断が適切だったかどうかき疑問が持たれ……


■ 感想 ■
『ハドソン川の奇跡』
(『Sully』)

『硫黄島からの手紙』『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』など、数々の名作を生み出してきた、クリント・イーストウッド監督作品。

いやー、特に非の打ち所のない作品でした。お見事。実際に起きた事故を元に作られていますが、よくあるお涙頂戴や明らかに大げさな表現のようなものは無く、あくまでしっかりと実際の事故について、淡々と、且つ丁寧に描いてくれたという感じ。
それもそのはず、監督は今回製作にあたって実際にエアバスまで購入し、救命ボートも当時実際に使用されたものを使い、オペレーターも同じスタッフを動員等々、とにかく徹底的に”リアリティのある再現”にこだわっているんですね。ほんと素晴らしい。
道理で、という完成度でした。着水する時の感じなんか、本当に一瞬の出来事で、だけどその一瞬が全てを決める。めちゃめちゃ怖い。サリーがあの判断をあと2秒遅くしていたら…指先ひとつ操作を誤っていたら…あの不時着水は成功しなかったかもしれない。エンジンが停止してからほんの3、4分の出来事。
こういう実話ベースの映画とかでよくあるのは、前半は主人公の描写を長くとり、メインの事故や事件やらが中盤で起こり、ラストへ収束していくような流れ。もちろんラストはお涙頂戴ね。でもそれが今作は、もう本編始まったらいきなり不時着水事故が起こるんですよ。えっ、もう??って少し驚かされるんですけど、見ているとすぐに分かる。この映画のメインは事故の瞬間の事じゃない、その事故の後、サリーやジェフリーがどのような思いでいたか、容赦のない事故原因調査に対しての姿勢、英雄だと褒め称える街の人々…そして、あの瞬間サリー達が何を感じていたのか。それをリアルに描いた映画でした。それがひたすらに良かった。そりゃもう、そんなの実際に事故を経験した彼らに聞かなきゃ、分かるわけもないよね。
トム・ハンクスは相変わらずの実力派で演技にムラひとつ無いし、ジェフリー役のアーロン・エッカートもめちゃめちゃ良かった。もう一度観たいくらい。パイロットってすげぇなぁ、、、
>|