ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

コンピュータの正確性によってコンピュータの、ひいてはそれを利用する人間の誤ちが炙り出され、機長の正しさが証明される展開に鳥肌が立つ。
俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。
2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

4.4
とても良かった。
ずっと涙が止まらなかった。

静かな男気が素晴らしい。

トムハンクスだからここまで引き込まれたかもしれない。そしてクリントイーストウッド監督だったから。

その後のエピソードを観て、さらに涙。
Raychel

Raychelの感想・評価

4.0
“You’re just looking for human error”

Umm this word was memorable for me...

He achieved an incredible landing on the water!
It was the honorable incident in 2009.
But the government didn’t believe this landing because it was a perfect way!

People don’t believe what people achieve. Because of fuckin JEALOUS.

I know we need someone suspect that perfectly performed incident but i don’t want to be a “someone”...!
MovieBoy

MovieBoyの感想・評価

4.0
トムの演技が上手すぎてすぐに話の中に入り込めます!w映像もリアルで、タイタニックの飛行機バージョンみたいでした!!
りゅう

りゅうの感想・評価

1.3
元カノCAやったから一緒に見さされた。終始この日ムラムラしてたから内容覚えてない。
りかこ

りかこの感想・評価

4.3
ほとんどトム・ハンクス映してばかりなのに内面的葛藤がしっかり描かれていて没入してみることができました
>|