ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追…

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われてた…。

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

名優・クリント・イーストウッドが、どうしても個人的に表彰したかったのではないかと思わずにいられない作品。
英雄とは、生まれながらではない、窮地に陥ったときに測られる器の大きさで決まるのだと私は思う。

ラストの台詞は泣かせる。
飛行機ものはアクションのイメージだったんですが、
この映画は最後まで淡々とした感じでした。

この映画は最後の
展開が非常に気持ちいい!

実話だけに一つ一つのシーンがとてもリアルに感じました。

やはりトムハンクスは凄いなぁ。
Nashi

Nashiの感想・評価

4.0
ほっこり
終わり方が微妙
52hz

52hzの感想・評価

4.2
ハドソン川の奇跡を起こしたのは英雄ではなく、冷静な職人たちだったという話。
イーストウッド監督、こういう作品撮るの上手いなあ。

安易に英雄や悪役を見出し、周囲が盛り上がることで"真実"が出来上がり、実際に起きた"事実"には目を向けない。
これはよくあること。
白を白、黒を黒というには"だってそうじゃん"ではなく論証が不可欠。否定するときも同じ。
今回は安全管理委員会の反証に不備があるのでその点は駄目なんだけど、こういうときに検証する役割や公の場は必要。
それは外野に勝手な判断や憶測をさせないためでもあるし、再発防止のためでもある。
それに、みんなが信じていたものが実は間違いだった、ということも間々ある。

今回、結果的に機長は守られた。
事故当時に冷静な対処を行い、公聴会という開かれた場で、それが正しい判断だったと示されたからだ。

原題のSULLYは機長のニックネーム、かつ英語で名声や功績を傷つける、あるいは貶める、誹謗するといった意味がある。
日本語に訳すのは難しいが、感動のストーリーで推したいのが丸わかりの邦題、正直安っぽく感じる。。
りんご

りんごの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

着水を本当に免れなかったのかと疑われる
しかし、何度も何度シュミレーターで繰り返し
数十秒の判断の違いで大事故に繋がっていたかもしれないとわかる。

事故後もフライトを続けていたキャプテンがすごい。
rimokve

rimokveの感想・評価

3.8
「155人」を噛み締めるように繰り返すシーンはこっちまで涙ぐむ。管制官の対応からしても、川に着水して全員助かるのは本当に奇跡だったんだな。
見る前は、機長が責められる要素自体が思いつかなかったけれど、航空会社と保険会社からしたら検証する必要があるのか。
reo

reoの感想・評価

-
そういう事がまかり通っちゃうんだな、とモヤモヤした。
パイロットの責任問題を回避するのは難しいだろうけど、やっぱり、会社組織の嫌なところを見た感じがする。
お話自体は良かったです。
>|