ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

名優・クリント・イーストウッドが、どうしても個人的に表彰したかったのではないかと思わずにいられない作品。
英雄とは、生まれながらではない、窮地に陥ったときに測られる器の大きさで決まるのだと私は思う。

ラストの台詞は泣かせる。
ハドソン川に飛行機が着水。
全員助かる。
すごく良い話。
2001年にニューヨークでは飛行機で悲惨な事件が起きた後だから。

しかし、調査委員会は、飛行場に着陸できたはずだと言う。
機長は皆から英雄と言われているが、この調査が事実となれば、立場が一転してしまう。

調査委員会の報告が全部終わるまで、機長は、どんな思いでいたのか。
というのをリアルに表現している。
即、判断できるのなら、機長など要らない。
コンピューターで動かせばいいのだから。
そこが飛行機の操縦士の役目。
お酒を飲むとかドッラグをやるとかではいけないわけだ。
人の命を預かるんだから。

バードストライクで悩む飛行場の話しを聞いたことがある。
こういうことが起きるからなんだな、の典型。

今回は、機長他、皆の素早い行動で助かった命。
飛行機嫌いの私は、やはり、絶対飛行機に乗りたくないと思った。
記録 VOL.6 P36
中井陸

中井陸の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

全員生還の数字聞いた時のシーン👍
hiroki

hirokiの感想・評価

5.0
1月のNYの寒さを思い出した。アーロン・エッカートのパンチライン次は7月で。俺の見たイーストウッド映画のベスト3に入る
Taku

Takuの感想・評価

3.0
人的要因ってそういうことよな
記録m(_ _)m
>|