RE:BORNの作品情報・感想・評価

RE:BORN2015年製作の映画)

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:106分

3.7

あらすじ

国防軍演習場で、特殊訓練に参加した部隊が全滅する事件が起こる。それは対一兵対一個小隊という異常な状況を想定する「対ゴースト戦」と称された特殊訓練であった…。黒田敏郎(TAK∴)は石川県加賀市でコンビニの店員をしながら、少女サチ(近藤結良)と暮らしていた。敏郎は時折自分の中で暴れだす破壊の衝動を押さえながら、日々を慎ましく、一見安穏な日々送っている。しかし、彼らがひっそりと暮らす田舎町で、不可解な…

国防軍演習場で、特殊訓練に参加した部隊が全滅する事件が起こる。それは対一兵対一個小隊という異常な状況を想定する「対ゴースト戦」と称された特殊訓練であった…。黒田敏郎(TAK∴)は石川県加賀市でコンビニの店員をしながら、少女サチ(近藤結良)と暮らしていた。敏郎は時折自分の中で暴れだす破壊の衝動を押さえながら、日々を慎ましく、一見安穏な日々送っている。しかし、彼らがひっそりと暮らす田舎町で、不可解な殺人事件がおこる。それは、ファントムと呼ばれる謎の男(大塚明夫)からの、敏郎に対する警告だった。 敏郎はかって最強と言われた特殊傭兵部隊に属しながら、自らの手で部隊を壊滅させた。 ただひとり、自分をかばって重症を負った健二(斎藤工)と、指揮官であったファントムを残して… ファントムは敏郎を処刑するため、特殊部隊を引き連れて追ってきたのだった。 敏郎は、送られてくる暗殺者を密かに始末しながら、逃げるでもなく、少人数で決戦の準備を始める。その無謀な戦いの果てに見る、未来のために・・・。

「RE:BORN」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.7
わっるそー!!!!な感じ(笑)
TAK∴さんめっちゃかっこいいな!
こんなに動けたらすごい。
肩?首?まわすあの動作をふと真似したくなる(笑)
はつみ

はつみの感想・評価

2.8
確かに格闘アクションは凄いけど少しクドいかなぁ。最後のほうは、飽きてしまった自分がいた。
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
わぉ!単純にアクションシーンがおもしろい。
この幼稚な感想文に時代性をとりいれるなら
「坂口さん、半端ないって!!!!」
お話は「心に闇を持つ主人公と謎の少女、二人を追う武装集団」と試合放棄したみたいな内容だが「ゼロレンジコンバット」をシンプルに魅せる為のお膳立てと思えば苦にならない。
ゼロレンジコンバットなるほぼ相手に近づきすぎて攻撃する格闘技が新鮮でおもしろい。ダンスとかキレのよいパフォーマンスを観ているようで全く飽きない。

前半は街の中でゼロレンジコンバット編で、いしだ壱成や篠田麻里子の客演でトリッキーな技を披露してこれまた楽しい。
後半は敵のアジト殴り込み編で一人対複数、刃物や機関銃との戦いなどストイックにバリエーション豊かに戦いを延々続けてこれまた楽しい。アクション映画の裏方参戦でド迫力にせまる。
きちんとザコキャラ、中ボス、大ボス戦の親切設計。ゼロレンジコンバット創設者との対決まであるなんて。満腹。
ラスボスは声優の大御所・大塚明夫さんなのだがその声のおかげで殴り合いだけの映画が、小難しい哲学的な押井映画を観ているような雰囲気が。というか「メタルギア」実写版。
普通ならのこの配役、安い邦画に陥りそうなものなんだが立派に対決まで映画的。

ど突き合いだけが楽しい映画に思えるが、主人公の慕う斎藤工さん(本来はこのジャンルの住人、楽しそうに演ってる)と坂口さんとの体育会系先輩後輩芝居はなぜかツボ。坂口さんを助けるアクション又吉もよい味。

子供の頃ジャッキー・チェンの映画をテレビで初めて観た時の「なに!?これ!!」の興奮を思い出す。
アクションは最高。だだし映画として脚本と演技が伴っていない。
よく動く動く。
やばいぐらい。
ナイフを持って身体を揺らしたくなる。笑
みんなあっさりと殺されるねぇー。
「なにかありそうでない」物語に関しては、
もはや難解な域で必要のない疑問を生む残念なものだが、
「零距離戦闘術」という戦闘術の凄み、
そして、「それ」と「映画」の相性、将来性を感じることの出来る作品。

これから先、アクション映画の多くに
稲川義貴の名がクレジットされることを期待するし、
もっと映画的に進化を遂げる姿も見てみたい。

https://ameblo.jp/saygoskitchen2/entry-12382756342.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=e47fb7a36bdd4896845b008d005aa5ad
アクションシーンがダサすぎる( *´艸`)
身体くねくねしてるだけやん(笑)
それにくねくねしてるだけで銃の弾避けれないょ~┐(´д`)┌
敵も何十人居ても順番待ちしてるから一斉に攻撃してこないし完全に作り物感があって緊張感が全く無かった…
内容も薄っぺらい…
ぺらっぺら…
今にも紙のように飛んでいってしまうんじゃないかと思うくらい薄っぺらい(笑)
取り敢えず対人アクションはいままでで一番迫力あったけど、ストーリーとお芝居のツメが甘すぎる…かっこいいからいいんだけどね
Runpo

Runpoの感想・評価

3.9
日本版ジョン・ウィック。何も考えずに楽しめる!
>|