ボクの妻と結婚してください。の作品情報・感想・評価

ボクの妻と結婚してください。2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:114分

3.7

あらすじ

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は…

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で『楽しい』に変えて来た。そんな思いから、あれこれ企画を練り始める。 家族に遺せる『最期の企画』。 現在、妻・彩子は専業主婦。まだ小学生の息子、陽一郎を抱え苦労するだろう。 そして気丈そうに見えてもろいところがある。 何とかして笑顔にしてあげられないか? 見かけたのは結婚相談所の看板。振り返る花嫁。 そうだ。修治は思いつく。 自分がいなくなっても、妻が前向いて進めるように。 『妻の結婚相手を探そう!』 そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。 まずは婚活市場を勉強。自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入。更に元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知り……。なんとか協力を取り付けて、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。『婚活』を続けているとやがて現れる、奇跡のような相手、伊東正蔵。インテリア会社社長。真面目で誠実、加えて独身。 まさに命を懸けた一世一代のプロジェクト、そして迎える最高のエンディングとは? ある夫婦の物語。今、始まる。

「ボクの妻と結婚してください。」に投稿された感想・評価

かん

かんの感想・評価

3.5
変わった設定、
あと、中盤でかなりグダグダしてしまう…
病気モノは正直苦手。
ファンタジーとはわかっていても、織田裕二のキャラクター故かウザい。
身勝手さばかり気になった。
大杉漣さん…
うめ

うめの感想・評価

2.9
そこまで感動しなかった
ザイ子

ザイ子の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

すい臓がんを患った放送作家が死にゆく自分の代わりとなる男性と妻を結婚させるプランを立てるお話。やはり病気ものは感情移入して涙腺が緩くなってしまう。出演する俳優さんも実力派揃いで作品に入り込めた。人はどこで人生が絶たれるか分からない。今ある幸せを大切に生きていかなきゃな。ムカつくとそういうことを忘れてしまいがちなんだけどね。
記録

ストーリー後半から涙止まらず。
愛する妻の為だからこそ、
現状を真摯に受け止めて
真っ直ぐに行動してしまう。
病気が家族をまた一つにした
心が温かくなるお話でした。
Rin

Rinの感想・評価

3.8
普通に泣いた…お互いを思いやりすぎ…😭😭
いい言葉がたくさんありました。
もし浮気するなら自分の妻と浮気したいくらい愛してる。
一緒に生きてよ。
あなたの命足りないなら…。

家族で、大親友で、もう1人の自分。自分の妻をそう言えるってすごいよね😳

あとラストの、飲み会には必ず三次会まで行くことってくだり、めちゃ分かる笑

このレビューはネタバレを含みます

夫が膵臓癌で余命数ヶ月。放送作家が考えたことは愛する妻のために新しい夫を探すこと。そんなこと考える?そして、妻に嫌われるために別の女性と仲良くしているところを見せつける。そんなことですぐに離婚まで発展する?とにかく強引で超ハイスピードで話が進展して、感情移入が出来なかった。そして、遂に死期が近づき、結婚式を挙げる。そこまでは冷めた目で見ていた。しかし、最期にそれを妻が演じていたというどんでん返しに泣けた。妻の愛に感動した。
mishio

mishioの感想・評価

3.6
心温まる夫婦愛の話◟̆◞̆
現実はこんなに良い人ばかりじゃないよ…とか思いつつも登場人物みーーんな良い人すぎて、泣けた(笑)

「お父さんもお母さんも頑張ってるから俺も頑張ることにした!」って息子のセリフ、どうか息子そのまま純粋に真っ直ぐ育ってくれ😵✨

こんなに人を想えるってなかなかないし、幸せが伝わってくる作品でした💓
アヤミ

アヤミの感想・評価

3.2
ただただ奥さんを5千万倍悲しませただけじゃんか。織田裕二の歯が白すぎてそこにしか目がいかんかったわ…「一緒に生きてよ」のセリフが響かなかったのこの映画くらいかもしれないな…
変なことしなかったら奥さんも息子さんも5千万倍悲しくなるこたあなかったのになあ。ていうかアホすぎてなんかもう…馬鹿やな〜涙なんてでんかったわ
万年筆だけが良かったな。
結婚式の音楽アナ雪かと思った
shuuu

shuuuの感想・評価

3.2
最後が違った〜
>|