ボクの妻と結婚してください。の作品情報・感想・評価

ボクの妻と結婚してください。2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:114分

3.7

あらすじ

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は…

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で『楽しい』に変えて来た。そんな思いから、あれこれ企画を練り始める。 家族に遺せる『最期の企画』。 現在、妻・彩子は専業主婦。まだ小学生の息子、陽一郎を抱え苦労するだろう。 そして気丈そうに見えてもろいところがある。 何とかして笑顔にしてあげられないか? 見かけたのは結婚相談所の看板。振り返る花嫁。 そうだ。修治は思いつく。 自分がいなくなっても、妻が前向いて進めるように。 『妻の結婚相手を探そう!』 そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。 まずは婚活市場を勉強。自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入。更に元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知り……。なんとか協力を取り付けて、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。『婚活』を続けているとやがて現れる、奇跡のような相手、伊東正蔵。インテリア会社社長。真面目で誠実、加えて独身。 まさに命を懸けた一世一代のプロジェクト、そして迎える最高のエンディングとは? ある夫婦の物語。今、始まる。

「ボクの妻と結婚してください。」に投稿された感想・評価

aya

ayaの感想・評価

4.6
両親と3人で見たけど
家族のありがたみを改めて感じた。
相手を思う温かくて優しい思いやりに
号泣しっぱなしだった。
イブ

イブの感想・評価

3.8
感情移入して見てしまいまい、ないてしまいました。
家族を遺して死ぬ時、自分の事よりもパートナーの事を考え、また、遺される側は、先逝くパートナーの事を考え、互いが互いの為に行動する。愛情って凄いなぁ、夫婦って素敵だなぁと改めて感じます。
個人的に主役は別の俳優さんが良かったけれど、お話しは良いお話しでした。
なの

なのの感想・評価

3.2
訃報を聞いて、たまたま観たこの映画に出てた漣さん。
やっぱり偉大な人だと改めて思いました。
漣さん、好きです。
だから悲しいです。
すごく、すごく。

ご冥福をお祈りいたします。



こんなに妻を想う夫、夫を想う妻は素敵だなと。
なにが1番相手の為なのか、それが本当は自分のためなんじゃないか。
人によって感情は違うので、その答えは難しいんだろうな。
でも、家族っていいなって思いました。
想い合える人がいることは幸せだね。
GamKing

GamKingの感想・評価

3.4
ーーーーーーーーーーーーー
僕の妻と結婚してください。
ーーーーーーーーーーーーー
夫婦愛、親子愛、家族愛に対して真剣に向き合った映画。全体的にいい話なんだけど、所々でん?と思うところもあった。

織田裕二演じる主人公が余命一年を宣告され、妻と子の未来を思い、新しい夫を探そうとする話。テレビ局に勤め、奇想天外な企画をしてきた彼は、余命を宣告されて、妻と子のためにそのような素っ頓狂な企画を思いつく。本当にすごい夫だなと思う。正直言えば自分勝手な夫。勝手に企画をし、同じ会社に勤めていた知人に協力を促し、家族には黙って進行し、見合い相手も騙し、勝手に会社も辞めて自分の道をひたすら歩む男だ。
ファンタジーならすごい夫だなぁで済むが、現実では非難を浴びるだろう。だが、それを理解し一緒にやろうとする家族はやはり家族にしか分かり得ない何かがあるのだろうなと思った。

子どもを結構野放しにしてるし、不倫問題は結局どうなったのよとツッコミを入れたい箇所が所々ある。事務所的にプライベートで会うのは普通アウトじゃないかな。それを許してしまうテレビ局もおかしいし、その辺は現実的ではなかったなと思った。ファンタジーな話なのでそこまで気にすることはないだろうけど。

泣けるシーンはある。それは織田裕二さんや吉田羊さんの演技力の凄さだなと思う。泰造も良いアクセントになっていてよかった。吉田羊みたいな奥さんなら毎日嬉しくて楽しくてしょうがないだろう。

最終的にこうなるんだろうなという結末がわかり、感動的だなとはならなかったので、そこが少し残念。しかし、奥さんの愛は十分伝わった。
一緒に死ぬまで生きていこうと思い出を残すのではなく、未来を作ることで一緒に生きようとしていたのだという言葉は非常によかった。
Hiyori

Hiyoriの感想・評価

5.0
1日1日、大切に過ごし、存分に生きないと。いつ何が起こるかわからない。

織田裕二演じたあの人は、本当に大好きだから、ずっと愛しているから、ずっと笑顔でいてほしいから、彼女の結婚相手を探していた。
なかなかそんなことはできるはずない。

でも大人の信頼しあった愛なんだよなぁ。

だから自分の幸せより相手の幸せを存分に願う、とても素敵で素晴らしい。

自分の幸せを超えた幸せ。


そしてそこでもう一つステキなことを教えてくださったのは

大杉漣さん。

「何が何でも突き通せ。生き抜け。」

心に突き刺さりました。
彼もこの言葉通り、素敵な人生を送れたことを願います。



最後にこの映画で学んだこと。
彼が息子に送った手紙。

「働くようになったら、お金をばんばん使いなさい。ただし、心に残るような素敵な思い出に使いなさい。」

「飲み会は3次会まで行きなさい。そこでしか聞けない話が聞ける。酔った先輩の話、酔いつぶれるまで話しなさい。」

「悪口をたくさん言いなさい。
だたし、本人の前で、笑えるような言葉
に変換して話すこと。」

最初はこんなことはだめだろうと思いましたが、次の話を聞くとあ、そういう発想がある、そしてダメと思っていたことが素敵に感じる。

今しかできないことをやろう。
全部無駄じゃない。
この映画で教えられたことはたくさんありました。

満点の映画でした。
283

283の感想・評価

4.0
今まで映画で泣いたことがなかったけど、初めて映画で泣きました。
お互いが思いやりを大事にしていて、相手の事をしっかり大切に思っている夫婦って素敵だなって思った。
途中で詠めてしまったが、それでも泣けた。
か

かの感想・評価

4.0
ありえんほど泣いた。
映画館で観なくてよかったー。(笑)

登場人物みんな良い人で溢れてる。

こんな結婚したい。
陽一郎くん、絶対に素敵な大人になれる。
パパのために笑う。とか、
僕がママを守る。とか。。
受験しようと思ったきっかけがもう泣けた。

つらい時こそ笑おう。
[世の中に起こることを楽しいに変換する]

公開してすぐ見たのにレビュー忘れてました😩

賛否両論の作品ですが僕は好きです
嗚咽出るぐらい泣いて前に座ってた老夫妻にめちゃくちゃ顔見られたのも今になっては良い思い出。笑

吉田羊に幸せになってもらうために嘘つきまくるシーンはもう涙無しでは見れないです
愛情の大きさに感動するけどちょっとやり方不器用なのも人間らしくて好き

物語の設定を受け入れられるかで評価がかなり変わってくると思うので途中でこんな設定有り得へん萎えたって思った人は再生停止した方が良いと思います🙋‍♂️笑
>|