ボクの妻と結婚してください。の作品情報・感想・評価

ボクの妻と結婚してください。2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:114分

3.7

あらすじ

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は…

妻になんて言おう。 最初によぎったのはそんな想いだった。 三村修治。職業、バラエティ番組の放送作家。 12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。 感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。 すい臓がん。しかも末期。余命6か月。 1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で『楽しい』に変えて来た。そんな思いから、あれこれ企画を練り始める。 家族に遺せる『最期の企画』。 現在、妻・彩子は専業主婦。まだ小学生の息子、陽一郎を抱え苦労するだろう。 そして気丈そうに見えてもろいところがある。 何とかして笑顔にしてあげられないか? 見かけたのは結婚相談所の看板。振り返る花嫁。 そうだ。修治は思いつく。 自分がいなくなっても、妻が前向いて進めるように。 『妻の結婚相手を探そう!』 そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。 まずは婚活市場を勉強。自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入。更に元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知り……。なんとか協力を取り付けて、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。『婚活』を続けているとやがて現れる、奇跡のような相手、伊東正蔵。インテリア会社社長。真面目で誠実、加えて独身。 まさに命を懸けた一世一代のプロジェクト、そして迎える最高のエンディングとは? ある夫婦の物語。今、始まる。

「ボクの妻と結婚してください。」に投稿された感想・評価

戸髙陸

戸髙陸の感想・評価

3.0
いい話だったけど
特にいい映画ではなかった

自分の大好きな人を他の誰かに紹介するなんて辛いだろうな
そんな優しい人にはなれないな

浮気するとしても自分の奥さんと浮気したい
素敵な言葉

自分の大切な人のために生きたい
その人を幸せにするために働きたい
NOBITA

NOBITAの感想・評価

3.9
どちらかといえば在り来たりで王道なストーリーで軽視していたが思わず号泣。

百聞は一見にしかずとはこのことだ。

人柄やストーリー性に多少出来過ぎてるなとは感じたが、無駄に起伏の多くない物語に2時間飽きることなく観ることができた。

役者陣の演技も自然で変に感情移入することなく観ることができる。
特に吉田羊が良い奥さん演じてたなあ。あんな女性と結婚したい笑
ほのか

ほのかの感想・評価

4.2
出来すぎてるし泣かせにきてるのも分かった上で号泣。自分の経験と被ったシーンがあって、内容とか演技でじゃなくて思い出して大号泣。もちろんそのシーン以外も泣いたけど。映画とかドラマでこんなに泣いたの初めてかも。
たぶん2回目見たらまた評価変わると思う。
死ぬって思ったら何でもできる気がするけど、そうじゃなくてもやりきらなあかんなって急に思った。夜中のテンションやからかな。
Gin

Ginの感想・評価

3.2
主人公のワガママだなぁ、と思った。ただ、それが妻と子供への愛情から来るものだから、怒れない。人生、何が正解かわからないけど、泣けてきたのは確か。
ksdmsk1202

ksdmsk1202の感想・評価

3.5
最後どうなんだろう、と一瞬思った。
が、結局2人で優しい嘘を吐いたことになるけどまぁ心情的にはそれがリアルか。
ハッピーエンドで終わってよかった!
キャストの演技がうまくて感情移入させられた!
泰造の笑顔がステキ✨
「至上の愛」
とは、相手への思いやりなんだな...と。最後ははめられました...これが本当のハッピーエンドですね。
最後はほのぼのです。良い映画。
Lina

Linaの感想・評価

-
過去の映画記録
「余命僅か」の「放送作家」「織田裕二」が主演の「テレビ局主導」の映画。
余命宣告された織田裕二が自分の妻と結婚してくれる男を探して結婚させるって狂ったテーマが捻りもなく狂ったまま進む。狂った内容なのに、ところかしこに仕掛けられたテレビ局主導らしいクソみたいな感動演出。

最近見た余命宣告物の「しあわせな人生の選択」との落差がひどい。ひねりの効いた余命宣告撮りたいならリカルドダリンに作り方教わってこい。
>|