かずきゅん

リップヴァンウィンクルの花嫁のかずきゅんのネタバレレビュー・内容・結末

4.3

このレビューはネタバレを含みます

映画館に観に行かなかったことをとても後悔している。大好きな映画になった。

動く黒木華は何で静止画の何億倍もかわいいのだろうか?仕草や生活の一つ一つが輝かしい大切なもののように思えてしまう。
黒木華すごいなぁ…

前回みた「Love Letter」は結構理解に苦しんだけど、こちらは分かりやすい。「四月物語」とか「花とアリス」なども経由しながら岩井俊二っぽいなと。
家を追い出された七海が、自分の居場所を探す場面。画面は動いてるのに、写真のように決め決めのコマの連続でいい。

本当に全篇うそ、うそ、うそなんだけど、最後のアパートで始まる一人暮らしは嘘なのかな?ぼくは嘘からの解放かなととってるけど、どうなのでしょう