aaaaa

リップヴァンウィンクルの花嫁のaaaaaのレビュー・感想・評価

3.3
岩井俊二監督作品。

出会い系サイトで知り合った、男と衝動的に結婚した黒木華演じる七海。
結婚後すぐに旦那の浮気を知らされ、
冠婚葬祭のサクラの仲介人の綾野剛扮する安室、
旦那の母親に嵌められ、危うく旦那の浮気相手の彼氏にホテルで犯されそうになる。何とか逃げ出すも、旦那の母親から離婚を強要され、七海は途方に暮れる。
ホテルのパートなどで食いつなぐ内に、とあるサクラのバイトで知り合った、AV女優の真白と住み込みのメイドの仕事を始めるが、やがて2人は禁断の恋に落ちると言う作品。

なんか話はドロドロの昼ドラみたいで、これが本当に岩井俊二の映画?!と驚きを隠せない。映画自体は前半と後半で雰囲気が変わる。かつてスワロウテイルで一世を風靡した岩井俊二も、正直感性が落ちたのかなと言いたくなるのが、正直な感想。
物語も破綻し過ぎて、そのまま雪だるま式にどんどん大きくなって3時間の大作になった感じ。

思わぬレズビアン展開とか、物語はかなり奇想天外なんだけど、普通に結婚するより同性愛の方が、自分らしく生きられるって皮肉みたいに感じる。
それにしてもInstagramなんかでも、友人恋人役のサクラ代行の話はよく聞くし、今の日本の闇が凄すぎ。笑
ただ、黒木華や綾野剛、coccoの演技は本当に良かった。
それにしても、ラストの唐突な全裸飲みは一体なんだったんだ....。

それにしても、主人公の天然と言うか、一歩間違えると狂気にも近い、あまりのおバカっぷりでツッコミも入れられないくらい。笑
ひたすら変な物語なんだけど、とにかく目が離せない不思議な一本。